スポンサーリンク

まるでフリスビー!J・ロペス、あと3人でパーフェクトを逃す!

ロイヤルズにやっと朗報

シーズンも終盤に差し掛かかった現地2018年9月8日(土)、惜しい出来事がありました!

ロイヤルズの右腕、ホルヘ・ロペスJorge Lopez)があと3人というところでパーフェクトを逃しました!惜しい!

ロイヤルズと言えば、2015年のWSチャンプですが、以降は選手の年俸高騰もあり、資金の問題から主力が次々と移籍。そうせざるを得ませんでした。今季は完全なチーム解体状態で、まもなく借金が50を数えようかというような状態。

すでに100敗を超えているオリオールズとともにかなり悲惨な状態で、熱心なカンザスシティのお客さんには気の毒なくらいなのですが、シーズン終盤にきていいニュースがもたらされてMLBウォッチャーとしてもホッとしています。ただし、ロードゲームではあったのですが・・・。

流れを呼び込むコントロール

ツインズ戦に先発したホルヘ・ロペスは初回からとにかくコントロールが安定。しっかりとロケーションを決めておりました。なお、ツインズ先発はホセ・ベリオスでツインズとしては勝ちを計算に入れているゲームです。

ゲーム展開は投手戦でした。均衡をやぶったのはロイヤルズで6回表、ヒットと盗塁でつくったチャンスにハンター・ドージャーがシングルで応え、1-0と先制。

さらに7回表、2番手のタイラー・ダフィーから4本の長短打で3点を追加、4-0として好投を続けるホルヘ・ロペスを援護しました。

ホルヘ・ロペスはツインズ打線から凡打の山を築きます。8回を終わってグラウンド・アウト(ゴロ)が8個、フライアウトが11個、奪三振が4個。打たせて取る完璧な内容でした。

まるでフリスビーのような動き

ゴロとフライがほぼ同じ割合というのがいかにボールが動いているかということかと思います。

ホルヘ・ロペスの持ち球は4シーム(カット気味)、シンカー、チェンジアップ、スライダー、カーブ。速度帯は4シームとシンカーの90マイル中盤でほぼ同じ。チェンジアップとスライダーも80マイル後半で同じ速度です。カーブだけが80マイル前半。

ファストボールの大半がシンカー。ファストボールのほぼ8割がそうです。

ホルヘ・ロペスがメジャーに上がったのはマイナー時代に学んだカーブのおかげ。ブレーキング・ボールを学んだことで投手としての幅が広がりました。さらにシンカーを覚えたことでスターターとしての機会も作りました。

この日はとにかくボールがよく動いておりました。VTRで見ても打者の手元で本当にフリスビーのように曲がっていたのがよくわかります。特にシンカーの威力は強烈で、それを意識するあまり余計にカーブ、スライダーが効果的でした。

ホルヘ・ロペスは9回表、先頭のケプラーに投じたシンカーが外れ、四球となり、ここでパーフェクトが途絶えました。

まだNO-NOの期待があったのですが、次打者のロビー・グロスマンにチェンジアップを合わせられ、これがCF前に。これでNO-NOの夢も砕け、ここでマウンドを降りました。

8回、110球、被安打1、与四球1。2番手のウィリー・ペラルタがヒットをタイムリーを打たれたことにより、四球で出したランナーが生還したので、失点も1ついております。

あと3人というところでパーフェクトとNO-NOという大記録を逃したのでした。

ホルヘ・ロペスとは

ホルヘ・ロペスはプエルトリコ出身の25才。もともとは2011年のアマチュア・ドラフトでブルワーズから2巡目(全体順位70位)で指名を受け、入団。この時、18才。

ブルワーズ時代の2015年(22才)にメジャー・デビュー。このシーズンは2試合に先発し、1勝1敗。2016年は1年間マイナーで、2017年は1試合に登板。勝ち星はありませんでした。今季はリリーバーとして主に2番手か3番手で登板。

そして7月27日に、マイク・ムスターカスとのトレードでブレット・フィリップスと一緒にロイヤルズに移籍しておました。

ロイヤルズの投手陣が手薄ということもあり、スターターとしてのチャンスにも恵まれ、今季5度目の先発で素晴らしい投球を披露したという流れでした。

この日の登板で名前も売ったので、ますます動くボールで相手打者を幻惑させて、来季につなげて行ってもらいたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました