スポンサーリンク

【MLB移籍2020】レイズ&カージナルスでホセ・マルチネスら4人が動くトレードが成立!

レイズが外野の右打者2人を獲得!

 現地2020年1月9日、大きなトレードが成立しました。レイズとカージナルス間で4人の選手の移籍とドラフトピック権のディール成立です。

 しかもレイズは2人とも外野の右打者を獲得し、筒香選手が加入する中、非常に激しい外野のポジション争いが繰り広げられることになります。

トレード詳細

 今回のトレードで動くのは以下の選手達です。

レイズGet

  • ホセ・マルチネス(José Martínez): 1B/OF/DH/右打者
  • ランディ・アロザレナ(Randy Arozarena ): OF/右打者
  • ドラフト Competitive Balance Round A (全体38位)

カージナルスGet

  • マシュー・リベラトーレ(Matthew Liberatore)LHP
  • エドガルド・ロドリゲス(Edgardo Rodriguez) C/右打者
  • ドラフト Competitive Balance Round B (全体66位)

概要

 レイズのGMエリック・ニーアンダーはこのオフ、パワーのある右打者獲得を狙っていた模様。トレードでパドレスから獲得したハンター・レンフローもその一環。一方で、筒香選手も獲得しましたが、これは本人の希望もあり獲得に至ったという経緯がありました。パーフェクトフィットではなかったものの、NPBの実績とメジャーでのポテンシャルがそのラインを超えていたがゆえの獲得だと思われます。

 待望の右打者ということで非常によい2人を選んだと言えそうです。2人の詳細は後述。その一方でカージナルスに差し出したのは2人のプロスペクト。とくにマシュー・リベラトーレはいい投手です。

選手プロフィール

【TBR Get】ホセ・マルチネス 

 ホセ・マルチネスは31才の外野手。1Bも守ります。デビューは遅く、28才の時(2016年)でした。

 カージナルスで4シーズンを経験。通算で398試合、打率.298、OBP .363、SLG .458、HR 41、RBI 172、OPS+ 119。2018シーズンは152試合に出場し、163安打を放ち、打率.305、OBP .364、SLG .457、HR 17、RBI 83という好成績をマーク。穴の多いイメージがあったのですが、そうでもなく三振はシーズン平均で101程度。むしろ、常に高いOBPを記録しているところに価値がある選手です。

【TBR Get】ランディ・アロザレナ

 ランディ・アロザレナはキューバ出身の24才の外野手。2020シーズンは25才のシーズンを迎えます。この人も右打者です。2019年にすでにデビュー済みで、19試合、20打数6安打、HR1、RBI2。

 2017年から2019年までのマイナーでの3年間の成績は、トリプルA、ダブルA、シングルAの全てのレベルを合わせて1129打数330安打、打率.292、OBP .377、SLG .477、HR 38、RBI 151、盗塁 61、四球111、三振 242。OBPの高さが素晴らしく、HRは10本ほどの見込みながらキューバのリードオフという野球通が惚れ惚れするタイプの選手と言えます。レイズはこの選手をかなり使いたいのではないかと思います。

【STL Get】マシュー・リベラトーレ

 カージナルスがゲットした左腕のマシュー・リベラトーレは2018 アマチュアドラフトのレイズの1巡目指名の左腕。しかも20才になったばかり。この投手はいいです。角度のあるファストボールにいいブレーキングボールを投じ、さらにチェンジアップもよくオフスピードになっています。MLB.comのプレ2019のランキングでは55位。

 2019シーズンはシングルAで16試合、15スタートで6勝2敗。早ければ2020シーズンにデビューするかもしれません。

【STL Get】エドガルド・ロドリゲス

カージナルスがGetしたもう一人も捕手のプロスペクト。エドガルド・ロドリゲスはベネズエラ出身で19才になったばかり。2019年はまだルーキーリーグでしたが、将来かなり期待できそうな捕手です。

レイズのOF

 レイズが2人の外野手を獲得したということで筒香選手はかなり厳しい競争にさらされることとなりました。もっともご本人は望むところでしょう。

  • CF: ケビン・キアマイアー(L) / ランディ・アロザレナ(R)
  • LF: ハンター・レンフロー(R)/ 筒香選手(L)/ ブランドン・ラウ(L)
  • RF:オースティン・メドウズ(L) /ホセ・マルチネス 

 それにしてもかなり激しい闘いになるのは必至。外野のコーナースポットと1Bを兼任することになりそうです。1Bにはジーマン・チョイ、ヤンディー・ディアスもおります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

  1. かなすけ より:

    更新お疲れ様です。
    J-Martを出すとはかなり驚きでした(不調の19年でもxwOBAはチーム3位ですし)がリベラトーレを獲得できたのはいい動きですね。アレナドのトレードの対価になるみたいな噂も流れてますが、個人的にはキープして欲しい選手です(プロスペクトのGormanと親友らしいですし)
    筒香選手にとっては逆風ですが、私も彼なら逆に燃えそうな気がします。

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました