スポンサーリンク

【MLB2022】レイズ、タイラー・グラスノーと2024年まで、2年/30.35Mドルの延長契約 

今後2年間、左右のエースを確立

 現地2022年8月26日、タンパベイ・レイズは現在、トミー・ジョン手術のリハビリの過程にあるタイラー・グラスノー(Tyler Glasnow)と2年の延長契約を結んだと発表しました。

 今季のレイズは左腕のシェーン・マクラナハンが、サイ・ヤング賞候補にも上がる活躍を見せており、現地2022年8月26日時点で、11勝5敗、ERA 2.20、奪三振182をマーク。タイラー・グラスノー抜きのローテーションで69勝59敗でア・リーグ東地区2位で、首位ヤンキースとは7.5ゲーム差。

 1ヶ月と2週間というシーズンの残りから考えて、地区優勝はかなり厳しいですが、ワイルドカード・スポットでア・リーグ1位に入っており、ポストシーズン進出はほぼ手中にしています。

 タイラー・グラスノーが復帰すれば、レイズは2023年と2024年は、シェーン・マクラナハンとともに左右のダブルエース体制ということに。これは地区ライバルにとってはかなりの脅威となります。

契約内容

 エクステンション契約の内容は以下の通り。

  • 2年/ $30.35M(2023-2024)
    • 2023: $5.35M  / 2024: $25M 

 タイラー・グラスノーの2022年のサラリーは$5.1M。これはロックアウト明けの2022年3月22日にサインした内容になっています。ちなみに2021年は$4Mでした。

トミー・ジョン手術は2021年8月

 タイラー・グラスノーは上述の通り、現時点はトミー・ジョン手術のリハビリの過程にあります。

 2021シーズンは4月の開幕から6月14日まで計14試合に登板し、88.0イニングを投げ、5勝2敗、ERA 2.66、奪三振123。

 最後の登板の後にUCLの部分断裂が発覚。手術なしの可能性も考えていましたが、結局、8月4日にトミー・ジョン手術を実施することになり、現在に至ります。

 シーズンを棒に振ることから、手術まで約2ヶ月弱を要して熟考を重ねました。完全に断裂していたなら即決断したと思いますが、難しいところでしたが、復帰時期を計算して踏み切る決断をしたのでしょう。

 やや横道に逸れましたが、2022シーズンの$5.1M はリハビリであることをわかっていながらサインした内容。レイズの合理性はこういうところにあり、力が必要であると判断した場合は思い切って資金を投入します。ワンダー・フランコも然りですね。

2024年にジャンプアップする内容

 そしてエクステンションの内容に戻りますが、2023シーズンは$5.35M 。これは2021年分も含めて期待値かと思います。ただ、金額に反映させたのが2024年で一気に$25Mにジャンプアップします。

 タイラー・グラスノーのMLSは2022年1月時点で4.158。2023年が調停のファイナル・イヤーで、2023シーズン終了後にFAになる予定でした。トミー・ジョン・リハビリ期間の今も60Day ILなのでMLSにカウントされています。

 レイズとしては、復帰して1年でFAで出て行かれるより、2年の延長にしてもう1年囲い込んだ方が、FAで複数年、$100M以上の契約を結ぶよりはいいという非常に合理的に判断したと思われます。

やはり合理的!

 調停資格の時期にかなりの金額を稼ぐ選手もいますが、グラスノーの場合は2022年と2023年の2年間は怪我で金額が飛び上がることはありません。むしろ下がる要素があったくらいです。レイズ側とすればその間は金額を抑えることが出来たので、2024年のジャンプアップはその穴埋めとして考えてもそれほど苦にならない金額になります。

 2022年から2024年までの3年の総額は$35.45M。これを1年の単価にした場合、$11.8Mです。グラスノーがヘルシーなら2022年と2023年はこれに近い額になっていたはずです。それに2023年終了後のFA資格取得時にはクオリファイング・オファーを出すでしょうから、それよりも安い金額にもなります。

  • $5.1M (2022)+$5.35M (2023) + $25M(2024) = $35.45 →AAVで$11.8M

 レイズがそのようなコンセプトでもってサインしたかどうかはわかりませんが、合理的なサインであることは間違いありません。

LIVE BPの段階へ!

 そのタイラー・グラスノーですが、現地2022年8月23日にLIVE BPに登板しました。これはシム・ゲームよりはもう少しゲーム感覚のない登板です。日本ではなんて言うのでしょうね?シート打撃と言っていいかもしれませんが、シム・ゲームとの違いがちょっとわかりにくい面があるのですが、要はブルペン・セッションを終え、打者相手に投げたという段階です。

 そろそろマイナーでのリハビリ登板ということになりそうです。コロナ前はマイナーは8月で終了しましたが、コロナ後、フルシーズンになってからはたとえばトリプルAなどは9月いっぱいまでスケジュールがあります。ダブルAは9月18日の日曜で終わるところが多いようです。

 よって、グラスノーもこれからマイナーでの登板ということになりそうですが、トミー・ジョン手術をしてからまだ1年が経過したばかりなので、1度登板するとしばらくは間隔を空けないといけません。

 そのうちに、ロー・マイナーでの登板機会は1、2回でシーズンが終了し、仮にトリプルAでも投げるなら、さらにあと1回か2回あるかどうか?ということになり、果たして計4度から5度の登板でどうなるか?というところです。

 延長契約を結んだことで、むしろ無理はさせないのではないか?と思います。よほど調子が良ければ、ポストシーズンの登板もあるかもしれませんが、あと2年のことを考えた時に、無理に突っ込む必要はないと思いますし、ブレント・ハネーウェル・Jr.のケースを経験しているレイズとしては2次災害は絶対に防ぐと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました