スポンサーリンク

【MLB移籍2019】Dバックスがグレッグ・ホランドを獲得!M・レイノルズほか複数のマイナー・ディールも

G・ホランド、M・レイノルズのディール

現地2019年1月30日、有名選手のディールが決まっております。

まずはロイヤルズの2015年WS戦士のグレッグ・ホランドのディールです。

Dバックスがグレッグ・ホランドを獲得

元ロイヤルズのクローザーで、トミー・ジョン手術後ロッキーズ、ナショナルズと移籍したグレッグ・ホランド(Greg Holland )がアリゾナ・ダイヤモンドバックスと1年で合意しました。

ヘイマンさんの情報によりますと、1年325万ドルに加えてゲーム・フィニッシュの試合数次第で350万ドルのインセンティブ(出来高)があるようです。

フィジカルチェック待ちです。

グレッグ・ホランドとは

グレッグ・ホランドはオールスター出場3度、通算セーブ189のベテランクローザー。2019年は33才のシーズンを迎えます。

ロイヤルズ時代の2013年に47セーブ、2014年には46セーブを計上。

2015年にも結果的には32セーブを上げる活躍を見せますが、この年は春先から胸の筋肉を傷めてDL入りを余儀なくされたり、ホランド本人はなんども怪我に見舞われます。

2015年にトミー・ジョン手術

過去2年とは明らかに違った2015年でしたが、ロイヤルズ自体は絶好調。この好調を支えていた一人がクローザーのグレッグ・ホランドでもあったのですが、ついに2015年9月18日のタイガース戦をもってシーズンエンド。

度重なるDL入りは肘の影響もあったと思われます。

トミー・ジョン手術を受けることとなりました。

2015年、ロイヤルズは1985年以来のワールドシリーズ制覇を達成。このとき、グレッグ・ホランドに代わってウェイド・デービスがクローザーの役割を果たしたのでした。

1年で再びクローザーに

グレッグ・ホランドは2015年秋にトミー・ジョン手術を実施したのですが、復帰がえらく早かった印象があります。

ゲームログを見ると2016年は1年間リハビリに費やしておりましたが、2017シーズンは開幕からクローザーの役割を全うしたのでした。

確かに術後1年6ヶ月ほどは経過していたのですが、まさか2017年の開幕から投げるなんて思っても見ませんでした。しかも、疲労の激しいクローザーでの起用でしたから余計に驚きました。

ちなみにロッキーズと契約したのは2017年1月後半でした。

ロッキーズでの2017年はトミー・ジョン手術空けにもかかわらず58試合に登板。41セーブを上げております。

2018年はSTLからWSHへ

2017年オフにロッキーズをFAに。

2018年は3月31日にカージナルスと契約。8月1日にリリースとなってしまいました。8月7日にナショナルズがホランドを拾う形で契約。

このオフ、再びFAで契約先を探しておりました。

2018年はほぼリリーバーとしての登板。

Dバックスのクローザーは前年実績では平野投手

Dバックスで活躍の場を得たホランドですが、今のところはセットアップとして起用されそうです。

アーチー・ブラッドリーが完全にリリーバーとなりましたので、アーチーとダブルでのセットアップになりそうです。

2018年シーズン後半からライアン・ボックスバーガーに代わってクローザーを務めた平野投手。2019年もクローザーとしての役割が期待されております。

マイナー・ディール

その他、複数のマイナーディールが発生しております。結構有名な選手のマイナーディールです。

マーク・レイノルズ

2009シーズン、Dバックスで44HRを放ったマーク・レイノルズは2016年、2017年に在籍していたロッキーズと再び契約。

今回はマイナー・ディールでした。サラリーは100万ドルの見込みです。

44HRを放ったシーズンは223三振を喫しており、三振が多いことでも有名な選手。2018年は206打数で64三振。

パイレーツが複数選手とマイナー契約

現地2019年1月30日、ピッツバーグ・パイレーツは3人の選手とマイナー契約を結んでおります。

J.B.シャック

J.B.シャック(JB Shuck )は31才の左投げ左打ちの外野手。2008年アストロズ6巡目指名。2018年はマイアミで70試合に出場。打率.192、HR0、打点4。

ブランドン・マウラー

ブランドン・マウラー(Brandon Maurer)は28才の右腕。2018年はロイヤルズで37試合に登板。2016年のパドレス時代には71試合に登板したことがあります。

詳細は明らかになっていませんが、マイナー・ディール。

ビセンテ・カンポス

ビセンテ・カンポス(Vicente Campos )は26才。2016年にMLBのマウンドに立ったことがあるものの、2017年と2018年は主にトリプルAで登板。

その他、パイレーツは現マリナーズのキャメロン・メイビン(Cameron Maybin)かインディアンスのブランドン・ガイヤー(Brandon Guyer)もマイナーディールで狙っているようです。

これはまだ実現しておりません。

まもなく2月ですね。

早くFA選手の行き先が決まればなと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBトレード2024噂】打撃不振が続くマリナーズ、オリオールズのライアン・マウントキャッスルに手を出すか?!
【MLB2024】ドジャース、ジェームス・パクストンをDFA!25才の右腕を招集
【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?(追記あり)
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
タイトルとURLをコピーしました