スポンサーリンク

【MLB移籍2020】筒香選手、レイズに決定!2年12Mドル!

日本の大砲が知恵の溢れるレイズへ!

 速報ベースです。現地2019年12月13日、横浜ベイスターズから海外FA権を取得しポスティングでメジャーへの移籍を表明していた筒香選手のディールが決定!あのタンパベイ・レイズに決まりました!

 おめでとうございます!

レイズと2年$12M

 現地2019年12月13日時点ではレイズはコンファームを出していませんが、この段階では通常ならフィジカルチェック待ちで筒香選手には大きな怪我の履歴もないことから問題なくスムースに事は運ぶと見られます。

 おそらく3年目はクラブオプションがつくと思われます。レイズのことですから、行使するかどうかはわかりませんが、するなら年俸プラスアルファの金額になることでしょう。

均等払いなら$6M

 ベイスターズでもかなりの額をもらっていたであろう筒香選手。調べると4億円でした。今回はそれに上積みできた形となりました。

 また1,000万ドル(10億円)までのレンジなら3年目もメジャーで声がかかる可能性は高いと思われ、その意味でも良い条件での契約だったと思います。

28才。最高の年齢

 生活も含めたメジャーへの慣れの期間もあるとは言え、経験、体力ともに非常にいい年齢でのメジャー移籍ではないでしょうか。期待できそうです。

ライバルは強烈

 レイズは2019シーズン、96勝66敗でア・リーグ東地区2位。ワイルドカード・スポットを1位で獲得し、アスレチックスとのワイルドカードに圧勝。最終戦までもつれたものの、おしくもアストロズとのALDSで敗れました。

INFコーナースポット

 基本的に筒香選手は外野だと思うのですが、まず内野のコーナースポットである1Bを見てみるとこのようなメンバー。

  • 1B:
    • ジーマン・チョイ(右投げ左打ち):103試合/WAR 2.0
    • ネイト・ロウ(右投げ左打ち):21試合
    • ヤンディー・ディアス(右投げ右打ち):22試合

 レイズのSSはウィリー・アダムスで決まり。2Bと3Bをジョーイ・ウェンドルとブランドン・ラウでシェアし、1Bはチョイが中心。レイズはチョイを出すのではないかと筆者は勝手に考えていたのですが、2020年1月時点でのMLSがまだ2.076で調停にも達しておらず、サラリーは$0.85Mと安いです。よってまだキープするつもりかもしれません。1Bならチョイとの争い。筒香選手には獲ってもらいたい。

OF:コーナースポット

 ではレイズの外野を見てみます。

  • RF:
    • オースティン・メドウズ(左投げ左打ち):57試合/WAR 3.8

 2019シーズン、RFで92試合を任されたアビサイル・ガルシアはFA。レイズに戻ることはほぼないでしょう。

 レイズのCFはGG賞のケビン・キアマイアーで決定。LFは先日パドレスからトレードで移籍してきたハンター・レンフローでほぼ決定。そうなるともうRFしかありません。

 レイズはまだ選手を獲得するつもりかもしれませんが、獲るなら投手ではないでしょうか。筒香選手が争うのはほぼメドウズになるでしょう。

オースティン・メドウズとは

 メドウズは24才。2019年は138試合に出場し、そのうちスターターは129試合。かなり信頼されています。

 打率.291、OBP .364、SLG.558、HR 33、RBI 89、盗塁12、WAR 3.8。かなり手強いです。彼との違いをどう出せるか、見どころですね。

 DHスポットはメドウズかネイト・ロウが入る予定です。もちろんここに筒香選手も入るでしょう。

 筒香選手はスプリングトレーニングからアピールする必要がありますから、実質的に3月初旬から戦いは始まります。厳しい状況でもリラックスしてもらいたいです。

有名選手とのコラボ

 コラボと言っても単にゲームに出るだけですが、ブレイク・スネル、タイラー・グラスノー、ケビン・キアマイアーらレイズの中心選手と一緒にゲームに出る姿はワクワクしますね。

 期待したいと思います。メジャーで自分のスイングを貫いてもらえたらと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    筒香選手は日替わりでDH、一塁、レフトを守ることになると思いますが、メドウズはレギュラー固定じゃないですかね?

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      メドウズ優先ですかね。レンフローとの勝負の方がキツいかなと思い、ライト想定にしました。
      おっしゃるように1B、DH、外野で空きスポットになるでしょうね。しかも最初は途中出場とかバックアップロールからスタートになりそうですね。
      青木並のメンタルで是非ポジションを掴み取ってもらいたいと思います。 
      コメントありがとうございました。

  2. 筒香嘉智 より:

    僕は海外FAでの移籍じゃなく、ポスティング制度での移籍を選択しました。

    • hirotee より:

      筒香様

      ご指摘をいただき、ありがとうございました。
      確かにレイズがポスティング費用を払っていました。
      記事内訂正させていただきます。
      お手を煩わせて申し訳ありませんでした。ご指摘ありがとうございます。

  3. 匿名 より:

    守備を考えるとLFメドウズCFキアマイアーRFレンフローでしょうね。

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございました。
      はい。そう思います。筒香選手の守備は詳しくないのですが、
      メジャーのOFの守備力はえげつないですから、一旦はそのような3人になると
      私も思います。

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました