【MLBレコード2017】クリス・セールが史上最速で1,500Kを達成!

左腕でインステップ気味、腕がクロスファイアーの角度で出て、4シームは96、97マイルを常時計測し、大きなスライダーをウィニングショットにもつ。

三振を取れる色んな要素をもっているレッドソックスのクリス・セールが、現地2017年8月29日のブルージェイズ戦に登板。

キャリア通算1,500奪三振に到達しました!

 

1500個目がそうでしたが、クリス・セールの強いところは右バッターの外のボールゾーンからストライクゾーンに入れてくるスライダーを使えるところですね。

あれでカウントもとれますし、ウィニングショットにも出来るというところがカッコいいですね。

クリス・セールの1500奪三振は1,290イニングの達成で、これは史上最速です。

それまでの1,500奪三振はどうだったかというと、

  • ケリー・ウッド(カブス)1,303イニング
  • ペドロ・マルチネス(レッドソックス) 1,337イニング
  • ランディー・ジョンソン(Dバックス、マリナーズ) 1,365 2/3イニング
  • ノーラン・ライアン(エンゼルス、アストロズほか)1,394イニング
  • マックス・シャーザー(ナショナルズ) 1,394イニング

ケリー・ウッドがホルダーでしたが、彼を抜きました。

クリス・セールはこの日、ブルージェイズ打線を7回、被安打3、失点0、11奪三振に抑え、ハーラー・トップ・タイの15勝目。

前半戦はあまり勝利に繋がらなかった分、6敗を喫していますが、首位レッドソックスはこれからさらにチーム力が上がると思われ、そうなるとクリス・セールの勝利数も上がり、念願のサイ・ヤング賞も見えてきます。

クリス・セール、最後まで怪我なく過ごして、ぜひともサイ・ヤング賞を獲ってもらいたいですね。

【動画】Recap: BOS 3, TOR 0

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク