スポンサーリンク

【MLB契約2021】ロイヤルズ、29才のハンター・ドージャーと4年25Mドルで契約延長

MLB移籍/FA情報

ちょうど微妙な年齢で双方にメリット

 現地2021年3月1日、カンザスシティ・ロイヤルズが、2019年に素晴らしい活躍を見せた3Bのハンター・ドージャー(Hunter Dozier /29)と4年の延長契約を結んだことを発表しました。

 2日続けてロイヤルズの話題となりますが(ケルビン・ヘレイラの引退」)、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。新オーナーは地元愛に溢れた名士なので(記事)、つい応援したくなりますね。

延長内容

 契約延長の中身は下記の通りです。

  • 4年/$25M (2021-24)+ $10M (2025) クラブオプション($1Mバイアウト)
    • サイニング・ボーナス:$1M
    • 支払い:
      1. $2.25M(2021)
      2. $4.5M (2022)
      3. $7.25M(2023)
      4. $9M(2024)
    • 4年めの2024年のサラリーは2021-23の3年間で$1,575PA以上でプラス$1.5Mアップ(=$10.5M)
    • 2025年のクラブオプションは2021-24の4年間で、2,100 PA以上となれば、プラス$1.5Mアップ(=$11.5M)
    • アウォード・ボーナスあり

 まず、ハンター・ドージャーとロイヤルズは2020年12月2日に、2021年のサラリーとして調停を避けて、$2.72M(2021)でサインしていました。今回の延長契約はそれを上書きした内容となっています。

 よって、2021年のサラリーは当初の設定どおりの金額になっています。ただ、支払い時期がいつかは明かされていませんが、サイニング・ボーナスが入りましたので、通例であれば2021年に支払われると思われ、この延長契約によって2021年は実質、プラス$1Mに。

 普段、メジャーリーグのサラリーの情報に接していると$1Mの金額が平気で飛び交いますが、普通に考えれば日本円で1億円強ですから個人生活に与えるそのインパクトたるや、大きいですね。

実は遅咲きだったドージャー

 ハンター・ドージャーの名前がMLB内を駆け巡ったのは、2019シーズンのことでした。

 139試合に出場し、586PA、523ABで146安打。打率.279、OBP .348、SLG .522、OPS .870、OPS+は123。HR 26、三塁打が10でア・リーグトップ。RBIは84をマークしました。

 この年はオールスター出場はならなかったものの、ALの3Bでファン投票で2位に。

 本当に素晴らしい活躍だった2019年でしたが、ハンター・ドージャーは実はかなり遅咲き。

 2021シーズンで29才になります。

もともとは2013年全体8位

 もともとは2013年アマチュアドラフトでロイヤルズから1巡目指名で、全体順位は8位。ちなみに全体1位はアストロズのマーク・アペルで、カブスのクリス・ブライアントが2位。その他、コール・スチュアート、クリント・フレイジャー、ドミニク・スミス、ハンター・レンフローらが1巡目指名です。

2016年メジャーデビュー

 メジャー・デビューはプロ入り3年後の2016シーズン。24才でのデビューです。大学卒の野手はこのくらいのデビューになることが多いと思います。

 デビューイヤーは8試合のみで、初ヒットも記録したものの、その後は伸び悩みました。

 2017年は1年間、マイナーで過ごすことに。

 ようやくメジャーに定着し始めたのが2018年から。この年で102試合に出場、HR 11を放ったものの、打率が.229と上がりませんでした。しかし、2019年は上述の通り、見事に才能を開花させ、素晴らしい活躍を見せたのでした。

2020年はCOVID 19 の影響

 このまま勢いに乗りたかった2020シーズンでしたが、COVID 19 に罹患。これで調子が今ひとつ上がらず、打率はまた.228と低迷。仕切り直しとなる2021年に意欲を燃やしているというところです。

今回の延長で32才までの契約

 2021年1月でMLSが3.060 となっていたハンター・ドジャーは、今オフが調停資格1年目。よって、通常であればあと3シーズン(2023年終了後に)でFAとなるところでした。その場合、31才でのFA。

 今回は4年で縛られますので、FAが1年延びる形となりますから、クラブオプションなしだった場合、2024シーズン終了後で32才でのFAに。

 非常に微妙な年齢でのFAになります。4年後、FA市場がどうなっているかにもよりますが、30才以上の野手は厳しい状況かもしれません。オプションが行使されればさらに1年延びるので、頑張ってもらいたいと思います。

 ハンター・ドージャーにとっても、すくなくともFAが1年延びるのは悪くないことだと思います。

ロイヤルズは、向こう3年は有望

 ハンター・ドージャーがヘルシーであれば、ロイヤルズは2021年から3年間は非常に有望です。

 SSのアダルベルト・モンデシーはハンター・ドージャーとMLSが同じで、2023年終了後にFA。

 OFのアンドリュー・ベニンテンディーは、2022年終了後にFAとなり、モンデシーより1年早いですが、あと2年は良い戦力として期待できます。ウィット・メリフィールドもベニーと同じMLS。

 これから、ボビー・ウィット・ジュニアがメジャーに上がってきて、他の野手によい刺激も与えるでしょうし、22才のOF、セウリー・マティアス(Seuly Matias)も期待大ですね。

 2021年に限って言えば、オリオールズで実績を残したハンサー・アルバートもおります。マイナー契約ですが、メジャーに上がってくると思われます。

 ロイヤルズ、なかなかおもしろい要素が揃っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
【MLB2021】ジャレン・デュランがメジャー初HR!
【MLB契約延長】ランス・リンがホワイトソックスとラグジュアリー・エクステンション
【MLB2021】大谷選手がローボールを34号!ブランドン・マーシュがデビューするもエンゼルスはシリーズを負け越し
【MLB Injury2021】ジェイコブ・デグロム、前腕部ハリで離脱!NLイーストに影響も
【MLB 2021】パドレス@ナショナルズ戦が球場外の銃声で大騒動となりサスペンデッドに
【MLB2021】ジェイク・クロネンワースがサイクル安打を達成!パドレスは24得点
タイトルとURLをコピーしました