【MLB2021FA】ツインズ、J.A. ハップと1年で合意

良いなと思ったらシェアお願いします

ツインズ、なかなかのローテが完成

 現地2021年1月20日、今ストーブリーグはホワイトソックスに大きく水を空けられているミネソタ・ツインズがFAのスターター左腕を獲得。

 ヤンキースからFAのJ.A. ハップ(J.A. Happ)と1年で合意しました。

契約内容

 ツインズとJ.A. ハップの契約は以下の通りです。

  • 1年/$8M(2021)

 オプション、ボーナスなどの設定が決まりましたら、追記させていただきます。

大幅ダウン

現地2018年7月26日はトレードデッドラインもカウントダウンに入ってきたということで、ビッグネームに動きが出ました。 まずはまたして...

 2018年のトレードデッドラインでヤンキースに移籍したJ.A.ハップは、その年のオフは2年/$34M (2019-20)でヤンキースと再契約。これには以下のべスティング・オプションが設定されていました。

  • 2020年に165 IP か 27 スタートで2021年に$17M。

 ヤンキースはこのオプションを拒否。

2018ウィンター・ミーティング3日目 現地2018年12月12日、ウィンター・ミーティング3日目はかなり動きが出ました...

38才のシーズンを迎えるハップ

 サラリーが大幅減となった要因は2021年で38才になるという年齢の要素があったと思われます。

とは言え、J.A.ハップはヤンキースに移籍してからは良い成績を残しています。

 2018年のトレードデッドライン以降は、11試合に先発して7勝0敗、ERA 2.69。2019年は31試合中、30スタートを任され、12勝8敗、ERA 4.91。60試合の短縮シーズンとなった2020年においても、9スタートで2勝2敗、ERA 3.47。

ツインズのローテーション 

 J.A.ハップの加入により、ツインズのローテーションはなかなか素晴らしい布陣となりました。

  • ホセ・ベリオス
  • 前田健太投手
  • マイケル・ピネダ
  • ランディー・ドブナク
  • J.A. ハップ(L)

 左腕がいなかったので、貴重な存在に。

 通算、123勝92敗のベテラン左腕がロコ・バルデッリ監督の下、いい働きを見せてくれそうです。

 2020シーズンのボールはまだまだ輝きを失っていなかったです。ベテラン左腕の活躍に期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!