【MLB7月トレード2017】ヤンキース、ホワイトソックスからトッド・フレージャーらを獲得

NYYとCWSでブロックバスター成立

こんにちは。

7月末のトレード・デッドラインに向けて動きが出てきましたね!

現地2017年7月18日、ヤンキースとホワイトソックス間でブロックバスター・トレードが行なわれることになりました。

【ヤンキースへ】

・トッド・フレージャー(Todd Frazier)INF

・デービッド・ロバートソン(David Robertson)RHP

・トミー・ケインリー(Tommy Kahnle)RHP

【ホワイトソックスへ】

・タイラー・クリッパード(Tyler Clippard)RHP

・ブレイク・ラザフォード(Blake Rutherford)OF プロスペクト

・イアン・クラーキン(Ian Clarkin)LHP プロスペクト

・ティト・ポロ(Tito Polo)OF プロスペクト

トッド・フレイジャーとは

トッド・フレージャーは31才。レッズの長距離砲として活躍し、2016シーズンからホワイトソックスでプレーしていました。

ヤンキースは3Bあるいは1Bでトッド・フレージャーを起用する見込みです。チェイス・ヘッドリーとどう併用するか、ちょっと贅沢な感じがします。

デービッド・ロバートソンとは

デービッド・ロバートソンは出戻りですね。マリアーノ・リベラが引退した後のヤンキースのクローザーとして起用された投手で通算セーブ131です。

トミー・ケインリーとは

トミー・ケインリーは27才。ブルペン(ゲーム後半)充実を目的とした獲得です。ERAが2点台の投手ですね。

ホワイトソックスへ移籍するのはプロスペクト中心ですね。タイラー・クリッパードは唯一のベテラン。

プロスペクトが非常に充実しているホワイトソックスですが、現地2017年7月19日、注目の内野手、ヨアン・モンカダをメジャーに昇格させました。

これは注目ですね!

スポンサーリンク