スポンサーリンク

【MLB2021】強いロイヤルズの代名詞的存在だったケルビン・ヘレイラが31才で引退

超ハードスロー・ライティーが引退

 現地2021年2月28日からついにスプリングトレーニングのゲームが始まりましたね。もう楽しみでワクワクしています。

 そんな中、現地2021年2月26日、かつてカンザスシティ・ロイヤルズの2度のワールドシリーズ進出を支えたハードスロー・ライティーのケルビン・ヘレイラ(Kelvin Herrera )が引退を表明しました。

 ケルビン・ヘレイラは31才。メジャー10シーズンでベースボール・プレーヤーとしてのキャリアの終幕を決意。第二の人生を歩むことを選択しました。

感謝のメッセージ

 自身のツイッターで感謝の言葉を述べています。

I want to thank everyone who has been a part of my career, starting with the Kansas City Royals organization who believed in this kid from Tenares, Dominican Republic and gave him a chance to do something meaningful with his life. From ownership, to the Front Office, the staff, my teammates and last but not least, the fans. I owe you guys everything.

ドミニカ共和国のテナレス出身のこの子供を信じ、何か意味のあることをする機会を与えてくれたカンザスシティロイヤルズを始め、キャリアの中で関わってくださったすべての人たちに感謝します。オーナー、フロントオフィス、スタッフ、そしてチームメイト、全ての人に対してです。

 またケルビン・ヘレイラはロイヤルズだけでなく、所属したナショナルズ、そしてホワイトソックスにも最大限の感謝の意を表明しています。

市場に動きが出るところだったが

 ケルビン・ヘレイラは2020年8月にカブスからリリースされ、FAとなっていました。スプリング・トレーニングのゲームが始まれば、チーム全体のチューンナップが始まり、内部での問題解決よりも外部の人材を活用したいと思うところも出てくるので、未決定のFA選手が動く可能性はありました。よって、3月半ばくらいには決まるのではないか?などと楽観視していたのですが、本人が引退を決断しました。

 引退の理由に特別に触れてはいないところを見ると、やはりパフォーマンスが思ったように上がらないというところになるのではないかと想像します。

WSに2度出場、ASGにも2度

 2006年12月にアマチュアFAとしてロイヤルズとサインしたケルビン・ヘレイラは、当時17才。

 メジャー・デビューは2011年、21才の時でした。2試合、2イニングでの登板でした。

2012年はトラウト、ダルビッシュ投手

 本格稼働は2012年から。ルーキーながら、フルシーズンで76試合で、84.1イニングに登板。4勝3敗、3セーブ。

 この活躍は十分にROYに参戦できると思っていたのですが、この年のア・リーグは、マイク・トラウト(ROY受賞)、ヨエニス・セスペデス、ダルビッシュ投手、チェン・ウェイン(元中日、現阪神)らのルーキーイヤーだったこともあり、残念ながらROYには投票されませんでした。

 2013年、ALのゴールドグラブ賞にロイヤルズから、サルバドール・ペレス(C)、エリック・ホズマー(1B)、アレックス・ゴードン(OF)の3人が選出。この頃から「ロイヤルズ、強いぞ!」という雰囲気が出ていました。

 それを下支えしたのがケルビン・ヘレイラだったと言っても過言ではないでしょう。

特に輝いた2014年 

 ロイヤルズがワールドシリーズに出場したのが2014年と2015年。チャンプとなったのが2015年でしたね。

 この2年間のケルビン・ヘレイラの活躍は素晴らしかったです。私はワールドシリーズ制覇を成し遂げた2015年よりも、2014年のピッチングの方が印象深かったです。

  • 2014: 70試合/ 70.0 IP/ 4勝3敗/0 SV/ 59 SO/ 1.41 ERA
  • 2015: 72試合/ 72.0 IP/ 4勝3敗/0 SV/ 64 SO/ 2.71 ERA

HDH

 ヘレイラ→デービス→ホランドの頭文字をとってHDH。2014年と2015年のロイヤルズは、後ろを担ったこの3人が秀逸でした。特にケルビン・ヘレイラが出てきた時の無双感は素晴らしかったです。

2014−18 100mph投球リスト

 キャリアのピークとも言っていい2014年から2018年の4年間で100マイル以上のファストボールを誰がもっとも多く投げたかのリストがこれです。

  1. アロルディス・チャップマン(NYY) 2,047球
  2. ジョーダン・ヒックス(STL)659
  3. マウリシオ・カブレラ(ATL)342
  4. ケルビン・ヘレイラ(WSH)311
  5. アルキメデス・カミネーロ(SEA)253

ケルビン・ヘレイラのシーズン別100mph投球数

 剛球度合いは数字にも表れていましたね。ケルビン・ヘレイラの場合、トリプル・ディジッツが当たり前になっていました。

  • 2018: 0 球
  • 2017: 10
  • 2016: 9
  • 2015: 158
  • 2014: 134

ナショナルズ、ホワイトソックス時代

 2018年6月にロイヤルズからナショナルズへトレードで移籍。これによりロイヤルズは完全にリビルドに入ったと宣言したようなものになりました。

 ナショナルズではハーフ・シーズンで21試合、18.2 IPでERAは4.34。本人のキャリアとしても苦戦が顕現化したシーズンでもありました。

 この時期は肩肘よりも、右足のリスフラン関節という部分を傷めて苦しんでいました。リスフラン関節とは、フィギュア・スケートの羽生選手が傷めたところであり、プロサッカー選手もこれで苦しむ人が多いようです。

 2019年、FAとしてホワイトソックスに移籍し、57試合に登板するも、ERAは6.14と厳しい数字に。

98mph平均が94mph平均に

 2014年、シンカー、4シームともに平均で98mphを超え、チェンジアップでさえ90mph平均を叩き出していた豪腕も、2020年には4シーム、シンカーで94mph台までドロップダウン。

 素人目に見ると、これでも十分に速いのですが、ヘレイラのスタイルを貫くには不十分だったようです。

KCRでの442登板 

 キャリア10シーズンで、522試合にリリーフ登板。このうちロイヤルズでは442試合に登板。これはロイヤルズのフランチャイズ史上、ジェフ・モンゴメリー(1987-99)、ダン・クイゼンベリー(1979-90)に次いで、リリーフ登板としては3番め。

 今後はどのようなキャリアを築くのか、楽しみです。ロイヤルズでの貢献が素晴らしかったので、なんらかの形で、ロイヤルズに関連した仕事に就くかもしれませんね。

 お疲れ様でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました