【MLB】2013年全体1位のマーク・アペルが静かに引退

ちょっと残念なニュースです。

先日のプロスペクト100発表の記事でも少し触れさせていただいていたマーク・アペルが引退することになりました。

実はマーク・アペルは2017年11月にフィリーズをDFA(Designated for assignment ほぼ解雇と同義)となっていました。

たぶんマイナー契約にはなるだろうと思っていたので、移籍先に注目はしていたのですが、残念ながら本人の意思でベースボールから離れることになりました。

マーク・アペルは26才。

2013アマチュア・ドラフト全体1位でアストロズからピックされプロ入り。

ちなみにこの年の全体2位は現カブスのクリス・ブライアントで、全体32位(ヤンキース1巡目)がアーロン・ジャッジ。この頃はアストロズが最弱の時期で、ウェーバー制により全体1位の選手をピックできる権利を持っていました。

ちょうど前年の2012年にアストロズは未来を信じて思い切った指名を行いました。まるで少年かと思われるような細さのカルロス・コレアを指名し、注目を集めました。スカウトにはその将来が明確に見えていたのかもしれませんね。

そして、その翌年の1位がアペルでしたから、コレア同様に将来を嘱望されてのプロ入りでした。しかも彼はスタンフォード出身でしたので、割りと早くメジャーに上がると見込まれていました。

チーム事情で2015年、マイナーのままフィリーズへ移籍。当時、フィリーズの抑えを務め、2017ワールドシリーズでもクローザーとして登板した(打たれはしましたが)ケン・ジャイルズとのトレードでした。

フィリーズへ移籍後、肩を故障していたようですね。結局、フィリーズでも活躍できずに2017年11月にDFAとなっていました。

マイナーでは2015年にトリプルAまで上がっていました。アストロズ時代の2014年にはダブルAまで行っていたので、その時点で上げてもよかったと思いますが、どうやら色々な事情で上がりそこねたようですね。

マイナーでは81試合に登板し、通算24勝18敗、ERA 5.06。

本人はまだ26才と若いし、新たなことにもチャレンジしたいと述べています。野球はまだ大好きだと言っていることがいいです。スタンフォードの学士も持っているようですから、困りはしないでしょうね。

ファンとしては残念ですが、本人は良い決断をしたのではないでしょうか。

しかし、欲を言えば、上で投げているところを見てみたかったなと思います。とにかく豪快な投手でしたから(^o^)

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク