スポンサーリンク

【MLB2020FA】アレックス・ゴードンがロイヤルズと合意間近!最後の契約の可能性(追記あり)

KCRのアイコニック・プレーヤー

 ロイヤルズがアイコニック・プレーヤーと合意することになりました。

 現地2020年1月19日、MLB.comのジェフリー・フラナガンによりますと、カンザスシティ・ロイヤルズは外野手のアレックス・ゴードンと1年で合意に至った模様です。契約詳細はまだ出ておりませんが、フィジカル・チェックの結果を待って、現地21日か22日に公式発表となる見込みです。

一旦はクラブOPT行使拒否

 ロイヤルズとアレックス・ゴードンは2016年1月に4年$72Mの契約を結んでおりました(均等割で$18M/年)。2020年が$23Mのクラブオプションでしたが、現地2019年10月31日に行使せず。FAとなっていました。

2020年は36才のシーズン

 アレックス・ゴードンは2005年アマチュア・ドラフトでロイヤルズ1巡目指名の選手。全体順位は2位でした。以降、ロイヤルズ一筋。ご覧のような輝かしいキャリアを持っています。

  • オールスター出場: 3度(2013-15)
  • ワールドシリーズ・チャンプ: 2015
  • ゴールド・グラブ賞: 7度(2011-14/2017-19)
  • プラチナ・グラブ賞:1度(2014)
  • LFのフィールディング% 現役1位: .994
  • 通算: 1,703試合、 打率.258、OBP .339、SLG .413、安打数 1,609、HR186、RBI 738、BB 666、OPS+ 103(2019終了時点)

 そのゴードンも2020シーズンは36才のシーズンを迎えます。直近の2019年にゴールドグラブ賞を受賞。また、2019シーズンの打撃成績は 633打席で打率.266、OBP .345、SLG .396、13 HR、76RBI、OPS+ 96を記録。

 高い守備力は言うに及ばず、打撃成績もこれだけ上げていれば十分過ぎる数字ではあります。

M前後のサラリーか?

 しかし、前契約の$23Mサラリーにはやはり物足りないと思われる数字でもあります。まだまだやれる選手ではありますが、年齢を考慮した場合、そろそろキャリアの終焉も見えてきたと言ってもいいかもしれません。オーナーが代わったとは言え、ローカルビジネスのオーナーで予算の上限が決まっていますから、双方合意のラインは$5M前後となる可能性大です。

追記: ディール成立

 現地2020年1月22日、ロイヤルズがアレックス・ゴードンとの契約を正式発表。サラリーは$4M(2020)に決まったようです。厳しい!!

ロイヤルズのOF

 ゴードンがこのまま決まれば、LFゴードン、CFがウィット・メリフィールド、RFがハンター・ドージャーの3人に落ち着きそうです。ハンター・ドージャーはマイケル・フランコが加入したことでRFでの起用となる見込みです。

 アレックス・ゴードンの2020シーズンの活躍に期待したいと思います。

前オーナーのデービッド・グラスが亡くなる

 オーナーが入れ替わり、新体制となったカンザスシティ・ロイヤルズ。

 そのオーナーの交代を待つかのように前オーナーのデービッド・グラスが1月9日にお亡くなりにました。享年84才。2015年のワールドシリーズ・チャンプは機動力と守備力を駆使した素晴らしい戦いぶりでした。ご冥福をお祈りします。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました