スポンサーリンク

【MLB2020FA】ナショナルズ、ダニエル・ハドソンと再契約

ナッツ、ゲーム後半盤石のリレーに

 現地2020年1月14日、ワシントン・ナショナルズは同クラブをFAとなっていたダニエル・ハドソン(Daniel Hudson)と再契約。ゲーム後半のブルペンをさらに強化しました。

契約内容

 ナショナルズとダニエル・ハドソンは2年/$11M (2020-21)で合意。支払いは2020年が$5M、2021年が$6M。さらにインセンティブもついていて、こちらはGame Finishedが30試合、40試合、45試合、50試合、55試合ごとにそれぞれ$0.2Mずつという設定。仮に55試合をGame Finishedしたとして、$1Mとなります。Game Finishedはセーブ数という意味ではなく、ダニエル・ハドソンでゲームを締めた場合という意味です。

ダニエル・ハドソンの2019

 ダニエル・ハドソンは2019シーズンのトレードデッドラインでブルージェイズからナショナルズへ移籍。ブルージェイズ、ナショナルズ双方を併せて、69試合、9勝3敗、8セーブ、ERA 2.47の好成績をマーク。ナショナルズでは24試合で3勝0敗、6セーブ、ERA 1.44をマークしました。

ポストシーズンで不動のクローザーに

 2019年のポストシーズンではワイルド・カードで1セーブ、NLDSでは3試合に登板し、2試合でGame Finished、1セーブを記録。NLCSでは2試合、2Game Finished、2セーブ。ワールドシリーズでは3試合、1Game Finished。ワイルド・カード、NLDS、NLCSを通じ、ERAは0.00。ワールドシリーズでは1HRを打たれ、計4イニングで失点4、ERA9.00という成績がつきましたが、ゲーム後半にダニエル・ハドソンがいたということでかなりの安心感をもたらしました。

 クラブとしてブルペンにマックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、パトリック・コービンの力を借り、彼らがブルペン投手陣にリズムを与えたことも事実ですが、ダニエル・ハドソンが大きな存在感があったからこそ、その効果が表れたことも事実です。

ナッツ、すごいブルペンに

 ナショナルズは現地2020年1月3日にアストロズからFAのリリーバー、ウィル・ハリス(Will Harris)と3年$24Mでサイン。現時点でのナショナルズのブルペンはご覧の陣容となりました。

  • ショーン・ドゥーリトル(L) クローザー
  • ウィル・ハリス
  • ダニエル・ハドソン
  • タナー・レイニー
  • ワンダー・スエロ
  • ロエニス・エリアス(L)
  • ハンター・ストリックランド
  • カイル・フィネガン
  • ジョー・ロス

 トップ4の力たるや相当なものですね。仮に誰かが離脱してもカバーして余るような陣容でもあります。これは強い。

ナッツ、$192.3M

 ダニエル・ハドソンとのディールが完結し、ナッツの2020シーズンの贅沢税はおおよそ$192.3Mとなり、まだ基準額の$208Mには届いておりません。なお贅沢税上(支払額とは違う)、マックス・シャーザーが$28.7M、スティーブン・ストラスバーグが$35M、パトリック・コービンが$23.4Mです。

 ナショナルズ、もう一声あるかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました