スポンサーリンク

【MLB2019】ロイヤルズ、ネド・ヨースト監督の勇退を発表。パドレスが監督のアンディー・グリーンを解雇

2020へ動き出しているMLB

現地2019年9月23日、シーズン終了の9月29日へ向けてほとんどのクラブが残り5試合から6試合を残すのみとなりました。

ここに来て監督人事の話が出てきております。

ロイヤルズ、ネド・ヨースト監督の引退を発表

現地2019年9月23日、カンザスシティ・ロイヤルズは現監督のネド・ヨーストが今季限り勇退することを発表しました。

ネド・ヨースト監督は65才。2014年と2015年に2年連続でア・リーグペナントを制覇。2015年にはワールドシリーズ制覇に貢献。

この時のロイヤルズは本当に強かったです。2013年から3年連続でゴールドグラブ賞に3人が選出されるほど守りが充実。リリーバー陣もウェイド・デービス、ケルビン・ヘレーラ、グレッグ・ホランドと素晴らしかったですね。

ロイヤルズのゴールドグラブ賞
201320142015
・C:S・ペレス
・1B:E・ホズマー
・OF: A・ゴードン
・C:S・ペレス
・1B:E・ホズマー
・OF: A・ゴードン
・C:S・ペレス
・1B:E・ホズマー
・SS: A・エスコバー

監督としてのキャリア

ネド・ヨースト監督はロイヤルズで10年間監督を務めました(2010年から2019年まで)。成績は744勝836敗(あと5試合残っています)で、勝率.471。

その前は2003年から2008年までブルワーズで監督を務め、6年で457勝502敗、勝率.477。最高順位は2007年と2008年の地区2位。

双方合わせると、16年で1,201勝1,338敗で勝率.473。いずれもクラブの暗黒時代から着手し始め、いい優勝争いできるところまで仕上げてきた実績があります。

現役時代はキャリア5年

ネド・ヨーストはブルワーズでは有名な選手でしたが、現役時代のキャリアを見て驚きました。なんと1980年から1985年までたった6年だけのキャリアだったんですね。キャリアのWARが-3.7。印象が強いのは1982年のワールドシリーズでマスクをかぶっていたからだったようです。

Ned Yost Stats | Baseball-Reference.com
Career: 16 HR, .212 BA, 64 RBI, C, Brewers/Rangers/... 1980-1985, b:R/t:R, born in CA 1954

捕手出身で苦労した選手はやはり監督してのキャリアは伸びますね。

次期監督はマイク・マシーニ

そして次期監督候補もすでに決まっており、まだ正式発表ではありませんが、元カージナルスのマイク・マシーニが2020年から引き継ぐことになっています。

マイク・マシーニは2012年から2018年の途中までカージナルスの監督を務め、通算7年で591勝46敗、勝率.555。2013年にはナ・リーグのペナントを獲っています。

2018年に辞めたのはクラブ内でのパワハラ問題。これは詳細は明らかとなっていませんが、マシーニが放置したというマネジメントの問題でもありました。

今の若い世代への接し方、教育の仕方に関しては痛い目を見ているので改善してくると思われます。

なお、マイク・マシーニも現役時代はキャッチャー。キャリア13年でゴールドグラブ賞4回受賞のこちらはエリート捕手でした。

Mike Matheny Stats | Baseball-Reference.com
Career: 67 HR, .239 BA, 443 RBI, C, 4xGG, Cardinals/Brewers/... 1994-2006, b:R/t:R, born in OH 1970

ロイヤルズ、2020年は大きく変化

すでに記事でしたためたことがありますが、ロイヤルズはオーナーが変わります。今、ストーブリーグの選手獲得に向け、資金繰りや運用など色々と準備しているところだと思います。

面白いことになりそうなので注目しています。

また、ヨーストが「引退」と報道されたのに対して、こちらは「解雇」です。

パドレス、グリーン監督を解雇

こちらはひっそりと行っていて、気づくのが遅れたのですが、現地2019年9月21日、サンディエゴ・パドレスは監督のアンディー・グリーンを解雇しました。

残り6試合、チームの指揮は暫定でロッド・バラハス(Rod Barajas)が執っています。

Error | MLB.com

2019年は開幕は好スタート。4月は首位争いをする状況でした。5月には2位争い。6月にずるずると行きそうでしたが、下旬にフェルナンド・タティス・ジュニア(Fernando Tatis Jr.)のILからの復帰してからチーム状態はよくなりました。

しかし、トレードデッドラインでフランミル・レイエスを放出。そして9月に入りタティス・ジュニアが再びIL入りとなったことで急速にしぼんでしまったという流れでした。

4年間指揮

アンディー・グリーンはパドレスを4年間指揮。通算274勝366敗、勝率.428。

現役時代は内野手で、Dバックスで3シーズン、メッツで1シーズン。2007年には日本ハムに所属したことがありました。18試合で61−12、0HR、打率.197。

パドレスはまだ次期監督が決まっていません。

どう立て直すのか、オフの動きに注目しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました