スポンサーリンク

【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成

単独のノーヒッターは今季初

 現地2022年5月10日、レイズ@エンゼルスで、左腕のリード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成。

Reid Detmers Stats | Baseball-Reference.com
2022: 2-1, 3.77 ERA, 20 SO,Career: 3-4, 5.23 ERA, 39 SO, P, Angels 2021-2022, t:L, 1x CG Leader, born in IL 1999

 今季はすでにメッツがコンバインド・ノーヒット・ノーランを達成しており、2度目となりますが、単独でのノーヒット・ノーランはデトマーズが今季初!22才のルーキーが素晴らしい記録を達成しました。

奪三振2の特別なノーヒッター!

 このリード・デトマーズのノーヒット・ノーランは非常にまれ。というのも、リード・デトマーズが達成したノーヒットノーランは奪三振がたったの2だったのです。

 相手を圧倒したノーヒットノーランではなく、うまく打たせたノーヒットノーラン。

 1969年に地区体勢が始まって以来、奪三振2以下でノーヒットノーランを達成したのは、4人だけ。

  • ケン・ホルツマン(CHI) : 1969/Aug/19 (vs ATL)
  • クライド・ライト(CAL) : 1970/Jul/ 3 (vs OAK)
  • ジェリー・ロイス(Jerry Reuss/ LAD): 1980/Jun/27 (vs SFG)
  • フランシスコ・リリアーノ(MIN): 2011/5/3 (vs CWS)

 エンゼルスOBのクライド・ライトが達成した時、クラブ名はカリフォルニア・エンゼルスだったため、CALのスリーコードを使用しています。

エンゼルスのノーヒッターは11度目

 エンゼルスとしての初のノーヒットノーランは上記のクライド・ライト。そしてカリフォルニア・エンゼルスではノーラン・ライアンが4度もノーヒットノーランを達成しています。

 カリフォルニア・エンゼルスではコンバインドも含めて7度、ロサンゼルス・エンゼルスとなってからはこのノーヒットノーランで4度目の達成です。ちなみに直近は、2019年7月12日のマリナーズ戦で、テイラー・コールとフェリックス・ペーニャが達成したコンバインドでした。

 単独では2012年のジャレッド・ウィーバーまでさかのぼります。

92-93mphで抑える

 左腕のリード・デトマーズはこの日、92-93mphのファストボールでレイズ打線を翻弄。72.6mphのカーブも効きましたし、83-84mphのチェンジアップ、82-83mphほどのスライダーも効きました。打者としては速度帯を3つ、しかもチェンジアップとスライダーが左右に落ちますから、非常に厄介ではありました。

 コントロールが良いと、このような素晴らしい投球ができるということでもあります。

リード・デトマーズとは

 リード・デトマーズは1999年7月8日生まれの22才(現地2022年5月10日時点)。2017年、高校卒の際にブレーブスから32巡目で指名されるも拒否。ルイビル大学に進学。2020年のエンゼルス1巡目指名(全体順位10位)でプロ入りしました。

 この投手はルーキー・リーグなどを経ず、2021年にいきなりダブルAからスタート。2ヶ月後の7月下旬にはトリプルAに昇格し、2021年8月1日にメジャー・デビュー。エンゼルス、期待の星でもあります。

 Pre-2022年のトップ・プロスペクト・ランクでは21位にランクインしていました。

 それにしてもエンゼルスはまた好循環となりますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました