スポンサーリンク

【MLB2023】サイ・ヤング賞はALがゲリット・コール、NLはブレイク・スネルに決定!

2023 サイ・ヤング賞

 現地2023年11月15日、2023シーズンのサイ・ヤング賞が決まりました。ALはゲリット・コール(NYY)、NLはブレイク・スネル(SDP)です。おめでとうございます!

【YOUTUBE】Breaking down the 2023 Cy Young winners! (Yankees’ Gerrit Cole & Padres’ Blake Snell)

ファイナリストはALが15勝4敗、ERA2.63、SO 222のゲリット・コール(NYY)、12勝9敗、ERA 3.16、237 SOのケビン・ゴーズマンそして8勝8敗、ERA 2.79、SO183のソニー・グレイ(MIN)でした。

 一方、NLは17勝9敗、ERA3.47、SO 220のザック・ギャレン(AZ)、14勝9敗、ERA 2.25、SO 234のブレイク・スネル(SDP)そして11勝13敗、ERA 3.25、SO 194のローガン・ウェブ(SFG)の3人でした。

投票方法

 サイヤング賞の投票は30人の記者が行うところまではこれまでのROY、MOYと同じなのですが、それらが1位から3位までの記載だったのに対し、サイ・ヤング賞は5位まで記載します。獲得ポイントは1位が7点、2位が4点、3位が3点、4位が2点、5位が1点。

AL サイ・ヤング賞 投票結果

Name1st2nd3rd4th5thPoints
ゲリット・コール
Gerrit Cole (NYY)
30210
ソニー・グレイ
Sonny Gray(MIN)
2063104
ケビン・ゴーズマン
Kevin Gausman(TOR)
7154182
カイル・ブラデッシュ
Kyle Bradish (BAL)
68539
ルイス・カスティーヨ
Luis Castillo (SEA)
25523
ザック・エフリン
Zach Eflin(TB)
123319
パブロ・ロペス
Pablo López (MIN)
5111
ジョージ・カービー
George Kirby(SEA)
168
フランバー・バルデス
Framber Valdez(HOU)
146
クリス・バシット
Chris Bassitt (TOR)
114
フェリックス・バティスタ
Félix Bautista (BAL)
33
クリス・マーティン
Chris Martin(BOS)
11

ゲリット・コールは満票

 上記の通り、ゲリット・コールは満票となりました。シーズン209.0イニングを上回る投手はALにはおらず、150.0 IP以上を投げた投手でERA2.63はトップでした。SO 222はケビン・ゴーズマン、パブロ・ロペスに次ぐ数字でした。

過去の満票は2011年と2022年のジャスティン・バーランダー、2004年と2006年のヨハン・サンタナ、1999年と2000年のペドロ・マルティネス、1986年と1998年のロジャー・クレメンス、1978年のロン・ギドリー、1968年のデニー・マクレーンら。NLでは、14人の満票受賞者がおります。

念願のサイ・ヤング賞受賞

 意外にもゲリット・コールは今回の受賞が初めて。過去には2019年(バーランダーに次ぐ)と2021年(ロビー・レイに次ぐ)に2度、2位があったのが最高でした。

 今回のゲリット・コールの受賞はヤンキースの投手としては22年ぶり史上6度目の受賞。これまでのヤンキースの受賞者は、2001年のロジャー・クレメンス、1978年のロン・ギドリー、1977年のスパーキー・ライル、1961年のホワイティ・フォード、1958年のボブ・ターリーで。なお、満票はコールとギドリーだけです。

 成績を見ると、やはりゲリット・コールということになったと思いますが、意外にもケビン・ゴーズマンよりもソニー・グレイの方が上に来ました。ザック・エフリン(TB)も名を連ねましたね。惜しくもシーズン途中の離脱となりましたが、シェーン・マクラナハンはシーズン序盤は間違いなくサイ・ヤング賞最有力でしたね。

NL サイ・ヤング賞 投票結果

Name1st2nd3rd4th5thPoints
ブレイク・スネル
Blake Snell (SDP)
282204
ローガン・ウェブ
Logan Webb(SFG)
11712486
ザック・ギャレン
Zac Gallen(AZ)
13115668
スペンサー・ストライダー
Spencer Strider (ATL)
695364
ジャスティン・スティール
Justin Steele (CHC)
128531
ザック・ウィーラー
Zack Wheeler(PHI)
45628
千賀滉大
Kodai Senga(NYM)
33116
コービン・バーンズ
Corbin Burnes (MIL)
12513

ブレイク・スネルは両リーグでの受賞者に

 ブレイク・スネルは、2018年にレイズでALサイ・ヤング賞を受賞しており、今回で両リーグでのサイ・ヤング賞受賞者となりました。

過去の両リーグでの受賞者

 過去の両リーグでのサイ・ヤング賞受賞者はロジャー・クレメンス、ランディー・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、マックス・シャーザー、ゲイロード・ペリー、ロイ・ハラデイらがおります。

 ロジャー・クレメンスはALで6度(レッドソックスで1986年、87年、91年、ブルージェイズで1997年と98年、ヤンキースで2001年)、NLで1度(アストロズで2004年。アストロズは当時はNL)受賞

 ランディー・ジョンソンはNLで4度(1999年から2002年までDバックスで)、ALで1度(1995年マリナーズ)。

 ペドロ・マルティネスはALで2度(レッドソックスで1999年と2000年)、NLで1度(エクスポズで1997年)。

 マックス・シャーザーはNLで2度(ナショナルズで2016年と17年)、ALで1度(タイガースで2013年)受賞しております。

 ゲイロード・ペリーはALで1度(1972年インディアンス)、NLで1度(1978年パドレス)。ロイ・ハラデイはALで1度(ブルージェイズで2003年)、NLで1度(フィリーズで2010年)受賞しています。

 なお、複数のクラブでサイ・ヤング賞を獲得した投手は他に、グレッグ・マダックス(1993年から95年にかけてブレーブスで3度、1992年にカブスで1度)、ジャスティン・バーランダー(2019年と22年にアストロズで2度、2011年にタイガースで1度)らがおります。

パドレスとの投手としては5度目

 今回のブレイク・スネルの受賞はパドレスの投手としては5度目の受賞。過去にはランディー・ジョーンズ(1976年)、ゲイロード・ペリー(1978年)、マーク・デービス(1989年)、ジェイク・ピービー(2007年)らがおりました。

ザック・ギャレンは3位

 ブレイク・スネルは堅いと思われたものの、ALと同じく2位は意外な結果となり、ローガン・ウェブが入りました。上述のように11勝13敗です。数字では明らかにザック・ギャレンが評価されてしかるべきだと思いますが、評価はIPとERAの比較で割れたというところでしょうか。ローガン・ウェブは216.0イニングを投げてERA 3.25。これにより1位投票が1票、2位投票は17票に。ザック・ギャレンは210.0イニングを投げてERA 3.47。得票は1位が1票、2位が3票でもっとも多く集まったのは3位で11票でした。

 ファイナリストにも入らなくて不思議に思えてならなかったのがブレーブスのスペンサー・ストライダー。彼の絶対的な信頼感からすると1位に投票する記者が出てもおかしくないと思ったのですが、1位はおりませんでした。4位での受賞となりました。

千賀投手は7位

 千賀投手にも票が入りました。7位です。3位に投票したのはBasball AmericaのJJ Cooperさん、MLB.comのThomas Hardingさん、Orange County RegisterのBill Plunkettさんです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました