スポンサーリンク

【MLB2019】マイク・トラウト、史上最速で200HR&200SBを達成!

MLB 記録と賞

トラウト、またしても金字塔

現地2019年8月31日、レッドソックス@エンゼルス戦でマイク・トラウト(Mike Trout)が今季11個の盗塁を決めてこれが通算200盗塁目となり、すでに到達済みの200HRとともに通称、200-200 clubに入ったことになりました。

Congratulations!

200個目の盗塁は完全にチームプレー

2番CFで出場したマイク・トラウトは2回裏、2アウトランナー1・2塁の場面で迎えた第2打席でRF前にシングルを放ち、2塁からレンジフォを還して1打点。1塁ランナーは3塁へ進塁。

さらに2アウトランナー1・3塁で打席に入ったブライアン・グッドウィンの4球目に盗塁を敢行して成功。これが今季11個目となり、通算200盗塁目となりました。

この時の盗塁はグッドウィンのヒット1本で還り、点差を2点に広げることしか考えていなかったと思います。まさにチームプレーであり、チームリーダーだと思います(ブライアン・グッドウィンは凡退)。

なお、このゲームは10−4でエンゼルスが勝利。

BOX SCORE

通算HR数は283(2019-08-31時点)

マイク・トラウトのこの日の成績は3打数1安打でHRは出ませんでした。

しかし、すでに現地2019年8月27日のレンジャーズ戦で両リーグ通じてトップとなる43号を放っいるマイク・トラウト。通算HR数は283です(現地2019-08-31時点)。

トラウトのマイルストーンですが、現地2019年5月18日に250号HR。

さかのぼって200号HRは今から約2年前の2017年9月29日に達成しています。

史上最速での200HR&200SB

今回の200&200の達成は盗塁待ちだった訳ですが、この日の200盗塁目は28才と24日での達成で、これまでのバリー・ボンズの28才349日を抜いて史上最速となりました。

【最年少での200-200 Club達成 】

  • マイク・トラウト:28才24日 (2019年8月31日)
  • バリー・ボンズ:28才349日 (1993年7月8日)

なおボンズはMLB史でただ一人400-400を成し遂げている選手です。また、ボンズの場合、200盗塁の方が200HRより2年早く達成しています。

250 HR & 200 SB達成者は現役ではあと2人

また別のマイルストーンですが、トラウトの250HR & 200 SBは史上40人目。

現役ではトラウトのほかにライアン・ブラウンとイアン・キンスラーしか達成しておりません。

Mike Trout Stats | Baseball-Reference.com
2020: 17 HR (3rd), .281 BA, 46 RBI (3rd),Career: 302 HR, .304 BA, 798 RBI, CF, 3xMVP, 2012 AL RoY, 8xAllStar, Angels 2011-2020, b:R/t:R, 4x R Leader
Ryan Braun Stats | Baseball-Reference.com
2020: 8 HR, .233 BA, 26 RBI,Career: 352 HR (93rd), .296 BA, 1154 RBI, LF/3B, 2011 NL MVP, 2007 NL RoY, 6xAllStar, Brewers 2007-2020, b:R/t:R
Ian Kinsler Stats | Baseball-Reference.com
Career: 257 HR, .269 BA, 909 RBI, 2B, 4xAllStar, 2xGG, Rangers/Tigers/... 2006-2019, b:R/t:R, born in AZ 1982, Bootsie

イアン・キンスラーの偉大さを忘れるところでした。

今回の記録達成でマイク・トラウトの規格外ぶりに改めて驚いた次第です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】ゲームオーバー一転! 大谷選手が土壇場で逆転2 ランHR!
【MLB 移籍 2021】ドジャース、プホルズと筒香選手を獲得
【MLB 2021】大谷選手&イグレシアスが躍動も、ダルベックの逆転HRでレッドソックスが勝利
【MLB2021】”0 Walk & 58 K!” コービン・バーンズ、無四球期間中の奪三振記録を樹立
【MLB 2021】マリナーズのローガン・ギルバートとジャレッド・ケル二ックがデビューへ(追記あり)
【MLB 2021】投手&打者→RF!大谷選手、今季最高の投球
【MLB2021】レイズ、筒香選手をDFAに
【MLB】2021シーズン、開幕時の贅沢税上のサラリーの状況
【MLB契約2021】ブレーブス、シェーン・グリーンとサイン
【MLB 2021】”ドニー・スティーブンソン”と”ラット or ラクーン”騒動を経て、メッツが上昇機運の予感
【MLB 2021】レッズ、ウェイド・マイリーがノーヒットノーランを達成
【MLB 2021】エンゼルス、プホルズをDFAに(追記あり)
【死球明け】大谷選手、投手オンリーで6イニング1ヒッター
 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター
【MLB契約2021】ホワイトソックス、OFにブライアン・グッドウィンを補強。マイナー契約でサイン。
【MLB2021】「痛すぎる」!ドジャース、ダスティン・メイのトミー・ジョン手術で投手陣再構築へ
【MLB 2021】CWS、ルイス・ロバート、右股関節屈筋断裂で12-16週離脱へ
【MLB2021】好調、リース・ホスキンスにとって「勉強の日」
【MLB 2021】今度はカブス@レッズ戦でポストシーズン・ゲーム
【MLB2021】レッズのアミール・ギャレット、危うくまたベンチ直行(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました