スポンサーリンク

【MLB2020】前例のないレギュラー・シーズンが終了!NLのポストシーズンにはブルワーズが滑り込み!

60試合シーズンが終了

 現地2020年9月27日、60試合の特別なシーズンが終了しました。今季は本当に想定外のことがたくさん起こりましたから、ポストシーズンが終了するまでまた一波乱、二波乱があるかもしれません。

 筆者はレッドソックスが早めのOFFになったことから、かなり冷静にゲームを楽しめそうです。

ポストシーズンのシードが決定

 最終的に以下のクラブがポストシーズンに進出することになりました。

【ア・リーグ】

 カッコ内の数字は勝敗です。

  • 地区優勝: TBR(40-20)/ OAK(36-24)/ MIN(36-24)
  • 地区2位 : CLE (35-25)/ NYY(33-27)/ HOU(29-31)
  • AL Wild Card: CWS(35-25)/ TOR(32-28)
  1. TBR (40-20)
  2. OAK(36-24)
  3. MIN (36-24)
  4. CLE (35-25)
  5. NYY(33-27)
  6. HOU(29-31)
  7. CWS(35-25)
  8. TOR(32-28)
【ALワイルドカードシリーズ組み合わせ】
  • (A) 1 (TBR/E-1) vs 8 (TOR/WC-2)
  • (B) 4 (CLE/C-2) vs 5 (NYY/E-2)
  • (C) 3 (MIN/C-1) vs 6 (HOU/W-2)
  • (D) 2 (OAK/W-1) vs 7 (CWS/WC-1)

【ナ・リーグ】

 カッコ内の数字は勝敗。前日の記事の通り、カージナルスは58試合でフィニッシュです。

  • 地区優勝: LAD (43-17)/ ATL(35-25)/ CHC(34-26)
  • 地区2位: SDP (37-23)/ STL(30-28)/ MIA(31-29)
  • NL Wild Cards: CIN(31-29)/ MIL(29-31) 
  1. LAD (43-17)
  2. ATL (35-25)
  3. CHC(34-26)
  4. SDP (37-23)
  5. STL(30-28)
  6. MIA(31-29)
  7. CIN(31-29)
  8. MIL(29-31)
【NL組み合わせワイルドカードシリーズ】
  • (A) 1 (LAD/W-1) vs 8 (MIL/WC-2)
  • (B) 4 (SDP/W-2) vs 5 (STL/C-2)
  • (C) 3 (CHC/C-1) vs 6 (MIA/E-2)
  • (D) 2 (ATL/E-1) vs 7 (CIN/WC-1)

キーカードの最終戦

 最終戦がどのような結果になったかのか、順位に影響のあるカードのスコアを記載しておきます。

【中地区】

  • ブルワーズ: 2 @ カージナルス: 5
  • カブス: 10 @ホワイトソックス: 2
  • レッズ: 5 @ ツインズ: 3
  • パイレーツ: 6 @ インディアンス:8

【西地区】

  • マリナーズ:2 @ アスレチックス: 6
  • パドレス:5 @ ジャイアンツ: 4

【東地区】

  • フィリーズ: 0 @ レイズ: 5
  • マーリンズ: 5 @ ヤンキース: 0 

STL先発のオースティン・ゴンバーが好投

 ブルワーズ@カージナルス戦は、カージナルス先発のオースティン・ゴンバーが4回を被安打1、失点1、与四球2、奪三振3と見事なゲームメイクを披露。ブルワーズのジョシュ・ヘイダーがマウンドに上がる機会を与えず、カージナルスが5-2で手堅く勝利しました。

AL:アスレチックスがNO.2に

 ホワイトソックスがカブスに敗れ、ツインズもレッズに敗れたため、地区優勝の中でアスレチックスとツインズの争いになりましたが、アスレチックスは地区内で26勝14敗、ツインズは23勝17敗となったので、勝率の高いアスレチックスがNO.2スポットにおさまりました。

AL: インディアンスがNO.4に

 またホワイトソックスの敗戦により、インディアンスとホワイトソックスが35勝25敗で並びましたが、直接対決の勝利数インディアンスが8勝2敗で圧勝したのでインディアンスがNO.4に、ホワイトソックスはNO.7におさまりました。

NL:NO.8にブルワーズが滑り込み

 注目されていた最後のスポット争いですが、ジャイアンツがパドレスに連敗。さらにフィリーズもレイズに敗れました。また、肝心のブルワーズもカージナルスに敗れるというまさかの展開に。

  • MIL ● (29-31)
  • SFG ● (29-31)
  • PHI ● (28-32)

 ブルワーズとジャイアンツが29勝31敗で並びましたが、同地区内のイントラリーグの成績が、以下の通りで、1勝の差が0.05の勝率の違いを生み出し、ブルワーズが滑り込みでNO.8スポットにおさまりました。

【同地区のイントラ・リーグの成績】

  • ブルワーズ:19−21 (0.48)
  • ジャイアンツ: 18-22 (0.45)

また来年!の選手たち

 これでレギュラー・シーズンが終了。まだポストシーズンで見られるチームも半分以上ありますが、ロイヤルズのブレイディー・シンガー、タイガースのケイシー・マイズ、レッドソックスのタナー・ハウク、ボビー・ダルベック、エンゼルスの大谷選手、メッツのジェイコブ・デグロム、ナショナルズのマックス・シャーザー、フアン・ソト、パイレーツのケブライアン・ヘイズ、ジャイアンツのマウリシオ・デュポン、ロッキーズのトレバー・ストーリー、Dバックスのザック・ギャレンらの勇姿が来年までお預けというのはやはり寂しいですね。

アレックス・ゴードン、ブレイディー・シンガー

 こちらはアレックス・ゴードンの最終戦の模様です。ブレイディー・シンガー、ジョーダン・ジマーマン、タリク・スクーバルも登場!

あと1ヶ月の楽しみ

 ポストシーズン、楽しみましょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました