スポンサーリンク

【MLB2020】ポストシーズン開幕!ゲリット・コールが13奪三振!シェーン・ビーバー、立ち上がりに襲われる

ワイルドカードシリーズ(B) Game1

 いよいよ2020年のポストシーズンが始まりましたね。現地2020年9月29日は、ア・リーグのワイルドカード・シリーズの4試合が行われ、ゲリット・コールとシェーン・ビーバーの顔合わせとなったヤンキース@インディアンス戦は予想外の展開になりました。

シェーン・ビーバー、4球で2失点

 レギュラー・シーズンでは投手部門トリプル・クラウンとなったインディアンスのエース、シェーン・ビーバーでしたが、この日は立ち上がりに急襲される展開に。

 ヤンキースの1番はDJ・ルメイヒュー。ア・リーグのバッティング・タイトル(打率)を獲りましたね。そのルメイヒューはシェーン・ビーバーの立ち上がり、2−0のボール先行カウントから3球目にストライクを取りに来た4シームをライトにクリーンヒット。

 この時点で捕手のロベルト・ペレスも何か感じ取ったようですが、修正する暇もなく、つづく2番のアーロン・ジャッジの初球、またしても4シームを狙われ、これが右中間スタンドに飛び込む2ランHRに。

 シェーン・ビーバーは4球で2点を奪われるという非常に厳しい立ち上がりとなりました。

初回の4シーム押し

 ロベルト・ペレスとしては、投手の調子の見極めと、腕のスイングをするどくさせる意味でも、4シームで押したのでしょうが、コースも高さも甘かったですね。プランとしては2巡目から天下のナックル・カーブを多めにということだったのかもしれません。

NYYのPSへの執念は尋常ではない

 ロベルト・ペレスがそういうプランを抱いていたかどうかは定かではありませんが、とにかく、ヤンキースは甘いボールを逃しませんでした。ヤンキース打線は、もう中盤かのようなゲームの入り方で初回からテンションが高かったです。実に鮮やか過ぎる電光石火の1・2番の攻撃でシェーン・ビーバーから2得点。正直、お見事というしかありませんでした。

2回はカットが有効に

 シェーン・ビーバーは2回は落ち着きました。カット・ボールが非常に有効で、まるで生き物のようにバットをするりするりと避ける具合にカウントを取り、ナックル・カーブで仕留めるという得意のパターンに。2回はチェンジアップを使いませんでした。

ビーバー、5回途中で7失点

 落ち着いたかのように見えたシェーン・ビーバーでしたが、この日は打ち取った投手ゴロを弾いて内野安打にするなどハードラックな面もあり、やることなすことがことごとく裏目という展開に。

 結局、シェーン・ビーバーは5回途中で降板。105球を費やし、被安打9、失点7、自責点7、与四球2、奪三振7、被本塁打2とシーズンワーストの投球をポストシーズン初戦でやってしまいました。

 シーズン中は11登板中、10試合が6イニング以上、3失点以内のクオリティー・スタートだっただけに意外でしたね。これがポストシーズンの怖いところでもあります。

ゲリット・コールは調整バッチリ 

 ヤンキース先発のゲリット・コールはシーズン中、8月14日勝って以来、9月11日まで4登板にわたって勝てない時期がありましたが、シーズンのラスト3登板でいずれも勝利。調子は上向きでした。

 9月11日のオリオールズ戦で7回(ダブルヘッダーの1試合目)を2ヒッター、無失点というベストな登板がありましたが、それに匹敵するほどの素晴らしい投球内容でした。7回を被安打6、失点2、与四球0、奪三振が13!球数はシェーン・ビーバーと同じ105球。

 スコアは12-3でヤンキースの勝利(BOX SCORE)

10月に野球をやるのが仕事

 かつて、ヤンキースの選手で、10月に野球をやるために、スプリング・トレーニングで準備し、レギュラーシーズンを戦っているという趣旨のことを言っていたのを思い出しました。ジーターだったでしょうか。

 とにかく、ポストシーズンの執念は異常なくらい高いのがヤンキースですね。

 打撃陣もアーロン・ジャッジ、ジャンカルロ・スタントンの主砲がそろってHRを放ち、この日に照準をあわせてきたのがよくわかりました。怖い集団ですね(褒め言葉)。

ジョシュ・ネイラーが4安打

 ゲリット・コールに封じられたインディアンス打線でしたが、一人、7番LFのジョシュ・ネイラーだけは4打数4安打と大当たり。これはGame2にいい影響を与えそうです。

WCは2勝で勝ち抜き

 今シリーズは3ゲームシリーズで、2戦先勝でDS(Division Series)に進出が決定します。よって、インディアンスはもう後がなくなりました。

 Game2はカルロス・カラスコが登板。右腕のスライダー投手で、ヤンキースが得意としていそうです。とにかく低めに投げてもらいたいですね。

「インディアンス」最後のゲームにならないように

 インディアンスという名称が変更になるのは決定事項。ただ、それがいつ変わるのかはまだアナウンスはないのですが、昨今のややきなくさい、政治的にきれいな言葉を使うムーブメントの影響をMLBはもろに受けているので、早急に変わるものと思われます。

 よって、下手をすると今季で「インディアンス」は最後かもしれません。念の為、これは決定事項ではありません。最短を想定したお話です。

 そうならないように少しでも生き残ってほしいですね。筆者はカリンチャックが三振の山を築くところをみたいです。

 Game2、どうなるでしょうか!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました