スポンサーリンク

【MLB2021】メッツ@ナショナルズの開幕戦が3戦とも延期へ(追記あり)

オープニングシリーズ3戦全てが順延に

 COVID-19 のプチ・パンデミックで現地2021年4月1日のオープニングゲームが延期となったメッツ@ナショナルズ戦ですが、MLBが現地2021年4月2日に発表したところによりますと、このオープニングシリーズは3戦全てが中止ということになりました。

 ジェイコブ・デグロムとマックス・シャーザーの投げあいが予定されていたこのシリーズのオープニングですが、両者の顔合わせはまた別の機会までおあずけということになりました。

金曜に埋め合わせも出来ず

 もともとこのカードは、1日(木)、3日(土)、4日(日)に予定されており、2日(金)は1日空いているという設定でした。天候が理由であれば、2日(金)にオープニング・デーにすることもできたのですが、状況がそれを許さず、3ゲームシリーズ全体を中止に。

陽性1人から3人へ

 テスト陽性反応が出ているのはナショナルズの選手から。現地2021年3月31日の時点ではテスト陽性がプレーヤーに1人、そのプレーヤーにかなり密接にコンタクトしていたのが5名という状況でした。5名の内訳はプレーヤーが4名、スタッフが1名。

 現地2021年4月1日時点では、テスト陽性がプレーヤー3名に出たということに。それに伴う密接なコンタクティーの人数は明らかになっていませんが、当然増えているこということに。

プロトコル

 テスト陽性が出た場合は10日間の隔離が必要。さらに濃厚接触者には7日間の強制検疫(隔離)が必要となり、クラブ内の施設に再度入いるためには5日目以降に陰性となる必要があります。

相手チームに濃厚接触者を出さないためにシリーズを延期に

 普通に考えれば、「では、ナショナルズのテスト陽性者、あるいは濃厚接触者を隔離すればゲームができるのでは?」と考えてしまいます。しかし、感染状況が完全にコントロール出来ているとは言えない状況ゆえ、対戦相手のメッツの選手にも濃厚接触者にしてしまいかねないという観点から延期ということに。 

 3ゲームシリーズ全体も延期になりましたが、その背景には被害はせめてこのシリーズ内で押しとどめるという意図があります。オープニング・デー、あるいはそのシリーズが延期となるのは残念すぎる状況にはなりますが、そこを犠牲にしてでも、とにかく最小限の延期に止めたいと。

 ここは安全衛生委員会がどう判断していくのか?テストの結果を待つしかありません。

ナッツの次の予定はATL戦、そして西海岸に

 ナショナルズですが、以下のスケジュールが予定されています。リーグ(MLB)とすれば、最悪でも西海岸への遠征までになんとか完全にコントロールできる事態に持ち込みたいということろ。

  • 4/5-7: ブレーブス3連戦 @ナショナルズ・パーク
  • 4/9-11: ドジャース3連戦 @ドジャー・スタジアム(遠征)
  • 4/12-14: カージナルス3連戦 @ブッシュ・スタジアム(遠征)
  • 4/15-18: Dバックス4連戦 @ナショナルズ・パーク
  • 4/19-21: カージナルス3連戦 @ナショナルズ・パーク

 問題は次のブレーブス3連戦。ここも順延にしてしまうと、162試合のりスケジュールがかなり厳しい状況になってきますので、なんとかオープニングシリーズ3連戦のみにで被害は止めたいというところでしょう。

メッツのデグロムはフィリーズ戦にスライド

 メッツのオープニング・ピッチャーであったジェイコブ・デグロムですが、次の3連戦であるフィリーズにスライドすることになりました。

  • 現地4/5 (月):NYM(ジェイコブ・デグロム)@ PHI (マット・ムーア)
  • 現地4/6 (火):NYM(マーカス・ストローマン)@ PHI (チェイス・アンダーソン)
  • 現地4/7 (水):NYM(デービッド・ピーターソン)@ PHI (TBD)

 デグロムとしては、何日も連続でスライドするよりは、一旦リセットして5日から開幕というふうに考えを切り替える方が調整しやすいかもしれませんね。

被害が最小限に留まれば良いなと思います。

追記: ナッツはブレーブスとのgame2から

追記です。ナショナルズは現地2021年4月6日にブレーブスと行われることになっていたゲーム2からいよいよ開幕となります。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました