スポンサーリンク

【MLB2019】カブスがクルーをスイープ!ダルビッシュ投手4勝目、J・ヘイが3RBI!

カブス、60勝に到達

現地2019年8月2日からリグレーで始まったブルワーズ@カブスの首位争いのシリーズの3連戦。ここまでカブスが連勝。ブルワーズ戦スイープを目論み、カブスのマウンドに上がったのはダルビッシュ投手でした!

イェリッチに37号

先制点を奪ったのはブルワーズで、初回に3番のクリスチャン・イェリッチがアウトコース気味のカットボールを左中間まで飛ばすソロHRを放ってブルワーズが1−0。ブルワーズが幸先のよい先制点を上げました。

ブルワーズ・ハウザーは序盤に4失点

ブルワーズ先発はエイドリアン・ハウザー(Adrian Houser )。MLB3年めの26才で、開幕時は先発をしていましたが、途中からリリーフに。しかしここにきてブルワーズが先発不足となったことから再び先発のマウンドに上がる機会が増えています。

キラリと光るボールもありましたが、この日は5回を投げ被安打9、失点4、奪三振5。被本塁打2というのが響きました。

しかし、これからさらに期待できる投手かと思います。

ダルビッシュ投手、1失点8K

ダルビッシュ投手はこの日もナイスピッチング。ファストボールのMAXは97.4mph(156.75kmh)を計測。イェリッチ、ムスターカスなど左の好打者対策か、一番多く投じたのがスライダーでなんと55球もありました。

5回を投げて被安打5、失点1、奪三振8、与四球0、被本塁打1。初回にイェリッチに打たれた37号HRの1点のみでした。

8Kも奪ったので、球数が93に届いたので5回で降板となりました。

ダルビッシュ投手の後はレンジャーズ時代のチームメイト、デレク・ホランドが6回表の1イニングを無失点。

またこの日は3番手のタイラー・チャットウッドが7回表から最後まで投げきり、3回を1失点に抑え、カブスが7−2で勝利。

ダルビッシュに4勝目がつきました!!

BOX SCORE

J・ヘイワードが3安打

なかでもカブス打線を活発にしているのはリードオフを打つことが多いジェイソン・ヘイワード(Heyward, J)。

この日は5打数3安打、トリプル1、HR 1、RBI 3。

シーズン通算の打率は.276なのですが、ここのところやたら目立つなと思ったので調べてみますと、このゲームも含めた直近7試合の成績が25打数8安打、打率.320、OBP .370、SLG .680、HR2、RBI 4。

これはレギュラー陣の打率だとハビアー・バイエスの.333に次ぐ2位の成績。

1日のゲームからニコラス・カステヤーノスも入りましたし、いい刺激になっているのかもしれませんね。

トレント・グリシャム(MIL)

この日ブルワーズ打線のリードオフを打ったのは8月1日にメジャー・デビューしたばかりのプロスペクト、トレント・グリシャム(Trent Grisham)でした。

22才で2015年アマチュアドラフトのブルワーズの1巡目の選手。左投げ左打ちの外野手。

そのグリシャムはこの日4打数3安打、1打点と活躍。ダルビッシュ投手から先頭打者シングルを放っています。これがメジャー初ヒット。

2打席目は三振、3打席目に再びシングル。

さらに8回にはタイラー・チャットウッドからメジャー初HRまで放ちました。

またいいのが出てきましたね。

マルドナード放出後、コントレラスがILに

カブスですが、前日のGame2で正捕手のウィルソン・コントレラスが右ハムストリングスを傷め10Day IL入りとなりました。

コントレラスは7月半ばに右足のアーチを傷め、正捕手のケガということでカブスは急遽、マルドナードを獲得しました。

しかし、ウィルソン・コントレラスはILには入らず、マルドナードを飼い殺したような形に。

半月後、カブスはマルドナードをアストロズへトレード。

そのトレードが決まった3日後、ウィルソン・コントレラスが右ハムストリングスを傷めたのでした。

トレードに出した後で後悔するというパターンですね。

カブスのメイン・マスクはビクター・カラティニ(Victor Caratini )がかぶっています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました