スポンサーリンク

【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて

CIN:デビューしそうなOFと再契約

 久々にディールの話題です。と言ってもロックアウト中ゆえ、マイナーディールのお話です。

 現地2022年1月7日、シンシナティ・レッズがOFのロレンゾ・セドロラ(Lorenzo Cedrola)とマイナーディールを成立させました。このロレンゾ・セドロラはプレーヤーとしてもなかなか面白そうな素材であるという点と、過去にレッドソックスからレッズへ移籍した経緯にインターナショナル・サイニング・プールが絡んでいてちょっとおもしろかったので取り上げてみました。

 ロレンゾ・セドロラはメジャーのスプリング・トレーニングに参加します。NRI(ノン・ロスター・インバイティー)です。

小柄ながらパンチ力あり!

 このロレンゾ・セドロラは、ベネズエラ出身の24才(2022年開幕時点)。誕生日は1998年1月12日です。右投げ右打ちで、身長は5-8で173cmしかありません。細身で体重もBaseball Referenceのページでは68Kg。いずれにせよ、70Kg前後しかありません。

 2021年、レッズのダブルAで開幕を迎え437-130で、打率.320、OBP .356、SLG .461をマーク。HRは9本。RBI は61で二塁打16、三塁打7、盗塁は8(盗塁死も8)。

 体型やスタッツなどからスピード及び安打量産型の打者ではありますが、それにしてもダブルAでHR8は相手投手からすると、HRの可能性を消せない数字であり、そういう配球を考える必要が出て来て、なかなか厄介です。トリプルAでは9試合で35-9でHRはゼロではありましたが、9月23日に上がって10日ほどの在籍でしたので、これは致し方ないというところでしょう。

 下記は2021年トリプルAでの打席。いい選手なんです。

レッズのOF争いとトレード

 レッズはニック・カステヤーノスがFAになり、1ポジション空きました。捕手のタッカーバーンハートも出しましたので、完全にリビルドですから、カステヤーノスとの再契約はもうないでしょう。

 レッズのOFと言えば、秋山翔吾選手がCFにおります。秋山選手も本日はネット上ではトレードの可能性も示唆されていますが、これはロックアウトが終わってからでないとわかりません。そのほかに、アリスティデス・アキーノ、ジェシー・ウィンカー、ニック・センゼル、タイラー・ネイキンなどの逸材もおりますが、このロレンゾ・セドロラも食い込んでくる可能性があり、非常に競争が激しいです。

 秋山選手がトレード候補として名前が上がるのはサラリーの点でしょう。3年/$21M (2020-22)という契約で、2022年のサラリーは$8Mと高額です。アキーノ、センゼルともまだMLSが2.000前後でサラリーもMLBのミニマムの$0.58M近辺ゆえ、彼らと比較するとそのような噂も出るのでしょう。ここはレッズのフロントオフィスがどう考えるかですね。

 このロレンゾ・セドロラも昇格となると、確かにトレードの信憑性は出てきます。ただ、レッズの場合は、まずソニー・グレイや、ルイス・カスティーヨらのローテーション投手をどうするか先に着手すると思われます。

 もっとも、その間にOFのトレード話がマッチすれば彼らより早く決まるとは思いますが、優先順位としてはまずは投手かと思います。

R・セドロラとインターナショナル・サイニング・プール

 さて、ロレンゾ・セドロラですが、実は元々はレッドソックスの選手でした。2015年、17才のときに、レッドソックスとサイン。

 2015、2016とドミニカのルーキーリーグと本土のルーキーリーグに在籍。2017年からクラスAに昇格。2018年もクラスAで開幕を迎え、シーズン途中にレッズへトレードされました。

 レッドソックスとしてはまあまあの逸材を手放したことになります。

2018年にレッズへISPと交換でトレード

 レッズへのトレードの経緯ですが、選手とのトレードではなく、インターナショナル・サイニング・プールの金額枠とのトレードでした。

 下記は2018年の打撃。レッズへ移籍後のクラスA、Dayton Dragons (デイトン・ドラゴンズ)で放ったグランドスラム。

 インターナショナル・サイニング・プールというのは、海外FA選手を獲得する時に、金持ちクラブが高すぎる契約金で釣って買い漁らないように予め契約金(サイニング・ボーナス)の上限を設けた金額枠のことです。

2018年のレッドソックスのISP

 ロレンゾ・セドロラを出してレッドソックスはレッズからいくらの金額枠を増やしたのかというと、$1.5 Mも増やしました。

 レッズは金額枠をレッドソックスに上げただけで実際の支払いなどはありません。

 しかし、実際はセドロラにはそれくらいの価値がついていたということも言えます。

 インターナショナル・サイニングは夏から翌夏の間、約1年間オープンとなります。2018年の場合は7月2日から翌2019年6月15日まで。

 レッドソックスは開始当初、約$4.98Mの枠がありました。しかし、ブレイク・スワイハートをDバックスへトレードに出した時、$0.5Mの枠も一緒に送ったのです。ということは、$4.48Mほどの枠に減った訳ですね。

 それでは枠を突破してしまうということで。レッズから$1.5M枠をトレードで獲得して増やし、約$5.98Mにしました。

 結果ですが、レッドソックスは1年間に44名の選手を獲得。使った契約枠は$5.8Mとギリギリに抑えたのでした。おそらく、枠が足りなくなったので、トレードでレッズからもらったということでしょう。

 なお、2018-19の間にレッドソックスがサインした海外のアマチュアFA選手は、$1.15Mでサインしたドミニカ共和国のエドゥアルド・ロペス(OF)、$0.55Mでサインしたパナマのエドゥアルド・ボーン(OF)などが高額選手。最低額でサインしたのは、ドミニカ共和国のRHPのYorberto Mejicanoで、$5,000でした。

 海外アマチュアFAで中米の選手はほぼ17-19才の間でサインするので、2021年1月時点でもまだ20-21才というところ。現地2022年1月7日時点では、レッドソックスのトッププロスペクト30には誰も名を連ねておりません。

 ちなみに、澤村投手もインターナショナル・サイニングでの獲得になりますが、金額枠は削られない資格でした。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました