スポンサーリンク

【MLB2022】レッズ、ハンター・グリーンがヒート・アップ!投球の5割が100mph超え

怪物のデビュー2戦目

 現地2022年4月16日、レッズのトッププロスペクト右腕のハンター・グリーンが登板。またしても卓越したパフォーマンスを披露しました。

Hunter Greene Stats | Baseball-Reference.com
2022: 1-0 (8th), 5.4 ERA, 7 SO,Career: 1-0, 5.4 ERA, 7 SO, P, Reds 2022, t:R, 1x W-L% Leader, born in CA 1999

ハンター・グリーンとは

 ハンター・グリーンは、1999年8月6日生まれの22才(現地2022年4月16日時点)。カリフォルニアのロサンゼルス・ネイティブ。ノートルダム高校(カリフォルニア州シャーマンオークス)の出身で、2017年のレッズの1巡目指名(全体2位)の右腕。

 ドラフト翌年の2018年にはフューチャー・ゲームにも登板。102mpをマークし、大きな注目を集めました。

 しかし、フューチャー・ゲーム登板後の2018年7月26日のマイナーのゲームで肘痛を発症。しばらくは様子を見ていたのですが、翌年の現地2019年4月1日にトミージョン手術を実施することを決定。2019年は全休することとなりました。

 翌2020シーズンはマイナー・リーグがキャンセルに。復帰までゆっくり見積もって、1年半かかることから復帰時期が2020シーズン終了のタイミングになることも相まって、2020年も全休。

 復帰を遂げたのは2021シーズンからでした。ダブルAからスタートし、7試合、41.0イニングを投げて、敵なしの5勝0敗、ERA 1.98をマーク。SO9は13.2、BB9は3.1。

 2021年6月17日からシーズン終盤の9月17日まではトリプルAで登板。14スタート、65.1イニングで5勝8敗、ERA 4.13、SO9が10.9、BB9が3.4でした。肘の調子を見ながらもフルシーズンを過ごしたことは大きな一歩に。

 2022年のスプリングトレーニングでは、4試合中、3試合に先発。9イニングを投げて、被安打13、自責点7、奪三振11、与四球3、ERA 7.00ながらも、レッズのローテーション・スポットの5番目をゲット。今季、メジャー・デビューを果たしました。

デビュー戦ではブレーブスを相手に勝利 

 そして、現地2022年4月10日についにメジャー・デビュー。対戦相手は前年のワールドシリーズ・チャンプのブレーブスで、しかも相手投手はポストシーズンでも大活躍したイアン・アンダーソン。

 非常にハードルの高いデビュー戦となったものの、3回に味方打線が5得点を奪い、援護。ハンター・グリーン自身も厳しいイニングがあったものの、5イニングを被安打4、失点3、与四球2、奪三振1でまとめ、ゲームメイク。

 ゲームも6-3で勝利し、見事にデビュー戦で初勝利を上げたのでした。

100mph超えを連発

 このデビュー戦でハンター・グリーンは100mph超えを連発。5回まで92球を投げたうち、なんと100mph超えは20球を数えたのでした。ベロシティーで言えば、デグロムの背中も見えた状態です。

【 4/10 ATL戦のイニング別100mh投球数】

  1. 3球/ 13球中
  2. 1/ 17
  3. 4/ 15
  4. 6 / 25
  5. 6 / 22

ドジャース戦ではさらにヒートアップ 

 そして迎えた現地2022年4月16日のデビュー2戦目となるドジャース戦では、前回の投球内容をベロシティーの上では上回ることに。2戦続けて、非常に強いクラブとの対戦になりましたが、良いものを残しました。

1試合での100mph超えの投球数はデグロム超え

 この日のハンター・グリーンは前回のデビュー戦をさらに超える投球を披露。6回途中まで、全78球中、なんとその半分の39球が100mph超え!

【4/16、LAD戦でのイニング別100mph超えの投球数】

  1. 7球 / 10球中
  2. 7/ 13
  3. 6/ 15
  4. 7/ 10
  5. 11/ 16
  6. 1/ 14

 これは1試合で投げた100mph超えの投球数でジェイコブ・デグロムを超えました。

 若い頃のネイサン・イオバルディも入っていますね

1試合のアベレージmphではやはりデグロム

 ただし、1試合の平均mphで行けば、まだデグロムが出したマイルストーンには追いつけていません。ハンター・グリーンは6番目。これはStatcastで計測し始めてからのランクで、リリーバーが入らないように、最低でも50球以上投球したゲームでのランクです。

投手ゲーム日ファストボール数MPH
ジェイコブ・デグロムJune 5, 202144100.4
ジェイコブ・デグロムMay 31, 202147100.1
ジェイコブ・デグロムJune 26, 20213799.8
ノア・シンダーガードJune 15, 20163499.7
ネイサン・イオバルディAug. 19, 20155899.7
ハンター・グリーンApril 10, 20225699.7
現地2022.Apr.16 時点

トレイ・ターナーが3-2!

 ただし、このゲームはハンター・グリーンが5回までドジャース打線を無失点に凌いでいたものの、6回裏にトレイ・ターナーに2ランHRを浴びて、2アウトまで奪ったところで降板。その後は、バック・ファーマーが追加で2失点を許し、このイニングは計4失点。

 レッズは9回表に2点を返すも、ドジャースが5-2のスコアで勝利しました。

 さすがにすごいなと唸ってしまったのがドジャースのリードオフを務めるトレイ・ターナー(SS)です。

 1回裏の第1打席では、初球の100.1mphを無理なくCF方向へシングルヒット。これはシフトを敷いていたので、2Bのブランドン・ドゥルーリーが追いつき、1塁へ送球して内野安打のような形になりましたが、CF前のヒットの打球コースでしたね。

 3回裏の第2打席では、ファストボールは厳し目のコースに、80mph後半のスライダーをゾーンにという戦略で三振。これは致し方ありませんね。

 しかし、6回裏に先制点となった2ランHRは、98.9mphのファストボールをしっかり捉えました。先制点が欲しい場面で、ノーアウトから出たランナーを生かして2打点を上げたその勝負強さにうなりました。強いボールを投げるハンター・グリーンから3打数2安打!

 このゲームでは敗れましたが、ますます楽しみな投球を見せてくれそうです。

 コントロールもよく、球数も少ない投球が期待出来るので、ますます進化しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました