スポンサーリンク

【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ

一気に、HRタイトルトップに

 現地2021年6月6日(日)のカージナルス@レッズ戦はなかなかすごいゲームでしたね。序盤に7点をリードしたレッズがこのまま逃げ切るのかと思いきや、さすがにカージナルスで、6回裏に一挙に7点を上げて追いつくというすごい展開に。

 しかし、最後にゲームを決めたのはこの日、3HRを放ったジェシー・ウィンカーでした。

 ジェシー・ウィンカーはゲーム前は14HRでしたが、この日、3HRを放ったことでブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.、パドレスのフェルナンド・タティス・Jr.と並ぶトップタイの17号としました。

マイリー&ガントの先発

 レッズの先発は現地2021年5月7日にノーヒッターを達成した左腕のウェイド・マイリー。レッズは今ひとつ波に乗り切れていないため、ここまで5勝4敗。ERAはずっと2点台だったのですが、5月14日のロッキーズ戦で3回、被安打11、失点8の炎上投球が響き、ERAはこのゲーム開始前までは3.26。

 カージナルスの先発は右腕の右腕のジョン・ガント(John Gant)。ガントは今季好調で、ここまでローテーションをしっかりと守り、なおかつ5イニングは期待できる投球を続けており、このゲーム開始前まではERAは1.60。

 この4ゲームシリーズのGame3まではレッズが3連勝。ただ、いずれも僅差での勝利で、ナ・リーグ中地区のライバル同士の対戦にふさわしい戦い。

 しかし、いきなり水を差したのはERAでマイリーを上回っていたジョン・ガントでした。

ジェシー・ウィンカーが2打席連続HR (2/3)

 初回、レッズは今季期待の新星、ジョナサン・インディアがリードオフ、シングルで出塁。

 ここでバッターはジェシー・ウィンカー。ジェシー・ウィンカーは2ストライクと追い込まれながらも、3球目の4シームを叩き、右中間スタンドへの2ランHR。レッズが初回、2点を先制しました。

 また2回表、レッズは2アウトながらレッズは2つの四死球で得点圏にランナーをすすめると、ジェシー・ウィンカーが2巡目の打席。ジェシー・ウィンカーはまたしても同じようなパターンで追い込まれながらも3球目の4シームを強振。これが右中間スタンドへ入る3ランHRに!レッズは序盤2回で5点をリード。

 3回表にはユージニオ・スアレスのタイムリー2塁打で2点を追加。序盤3回で7点を奪ったのでした。

 ジョン・ガントは4イニングまで投げ、今季ワーストの7失点投球となってしまいました。

カージナルスの7得点

 レッズのウェイド・マイリーは5回を被安打4、無失点、8奪三振の好投。このままベンチでゆっくりゲームを見るくらいの余裕で降板したと思うのですが、まさか2番手、3番手が大炎上してしまいました。

マイケル・フェリスが大炎上

 6回裏のマウンドに上がったのは、マイケル・フェリス(Michael Feliz)。2020シーズンはパイレーツで投げていた右腕です。

 そのマイケル・フェリスはご覧のような状態で1アウトを取れずに降板。

  • 先頭、ノーラン・アレナドにシングル
  • タイラー・オニールに2ランHR (スコア 2-7)
  • エドムンド・ソーサに四球
  • ホセ・ロンドンにシングル
  • アンドリュー・キズナー(Andrew Knizner. この日のマスク)にシングル

 2失点でしたが、貯めたランナーが3人なので、彼らが還れば自責点3がつきます。

ブラッド・ブラックも点火

 急遽、2番手に上がったのがブラッド・ブラック。ベテラン右腕で、おそらく急造したと思われます。ブラッド・ブラックは代打で出てきたマット・カーペンターに二塁打を打たれ2失点。これでスコアは4−7。

 さらに、トミー・エドマンにもシングルを許し、ついに2点差の5-7。

 つづくディラン・カールソンに四球を与えたところで交代。ブラッド・ブラックも1アウトを取れず降板。

 3番手はティージェイ・アントーン。代わりばな、ポール・ゴールドシュミットをダブルプレーに仕留め、なんとか一息入れられる状況になったのはよかったのですが、つづくノーラン・アレナドにタイムリー・シングルを打たれついにスコアは7-7の同点に。

 ウェイド・マイリー、ちょっと気の毒でした。

 カージナルスはガント降板後、アンドリュー・ミラー、アンヘル・ロンドン、ジオバニー・ガヤゴスが無失点リレー。9回表はアレックス・レイエスにつないだのですが・・・

ジェシー・ウィンカーが決勝HR!(3/3)

 9回表、レッズは1番の打順からでしたが、ジョナサン・インディアが凡退。つづくバッターはジェシー・ウィンカー。

カーブ攻めも通じず

 さすがに配球を変えてきたカージナルス・バッテリー。しかし、この日のジェシー・ウィンカーには通用しませんでした。ジェシー・ウィンカーはまたしても先に2ストライクを奪われますが、どうやらナックル・カーブに絞っていたようで、3球目の79mphのナックル・カーブを拾い、またしても右中間にHR。ジェシー・ウィンカーのこの日3本目のHRでレッズが8-7と勝ち越し。

 もつれたゲームでしたが、最終回はルーカス・シムズが2安打されながらも無失点で切り抜け、レッズが8-7で勝利したゲームでした。

ジェシー・ウィンカー、今季2度めの1試合3HR 

 ジェシー・ウィンカーが1試合3HRを放ったのは今季2度めで、1度目は5月21日のブルワーズ戦。

 この日、ジェシー・ウィンカーは4-3で3RBIでした。

2020年のDHの恩恵をそのままに

 2020年、ナ・リーグのユニバーサルDHでもっとも恩恵を受けたと言われるのがジェシー・ウィンカー。この場合、もっとも調子を上げたと言った方がいいかともしれません。恩恵を受けたのは2冠のマーセル・オズーナでしょうね。

 2020年ジェシー・ウィンカーは50試合で12HR。出足が躓いたとは言え、8月は打率.369、OBP .459、SLG .798、HR 10、RBI 16をマーク。9月はちょっと息切れした感があったので、タイトル争いには食い込めませんでしたが、調子と出場機会に恵まれたということは言えるでしょう。

 そして今季はまさに打撃開眼という勢いとなっています。

レッズ、カージナルスをスイープ

 さて、今回の4ゲームシリーズでカージナルスをスイープしたレッズ。ブッシュ・スタジアムでカージナルスを4ゲームスイープしたのは、1990年の5月4日から7日にかけて達成して以来のこと。

 なかなかアツいNLセントラルのライバル同士の戦いでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました