スポンサーリンク

【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ

一気に、HRタイトルトップに

 現地2021年6月6日(日)のカージナルス@レッズ戦はなかなかすごいゲームでしたね。序盤に7点をリードしたレッズがこのまま逃げ切るのかと思いきや、さすがにカージナルスで、6回裏に一挙に7点を上げて追いつくというすごい展開に。

 しかし、最後にゲームを決めたのはこの日、3HRを放ったジェシー・ウィンカーでした。

 ジェシー・ウィンカーはゲーム前は14HRでしたが、この日、3HRを放ったことでブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.、パドレスのフェルナンド・タティス・Jr.と並ぶトップタイの17号としました。

マイリー&ガントの先発

 レッズの先発は現地2021年5月7日にノーヒッターを達成した左腕のウェイド・マイリー。レッズは今ひとつ波に乗り切れていないため、ここまで5勝4敗。ERAはずっと2点台だったのですが、5月14日のロッキーズ戦で3回、被安打11、失点8の炎上投球が響き、ERAはこのゲーム開始前までは3.26。

 カージナルスの先発は右腕の右腕のジョン・ガント(John Gant)。ガントは今季好調で、ここまでローテーションをしっかりと守り、なおかつ5イニングは期待できる投球を続けており、このゲーム開始前まではERAは1.60。

 この4ゲームシリーズのGame3まではレッズが3連勝。ただ、いずれも僅差での勝利で、ナ・リーグ中地区のライバル同士の対戦にふさわしい戦い。

 しかし、いきなり水を差したのはERAでマイリーを上回っていたジョン・ガントでした。

ジェシー・ウィンカーが2打席連続HR (2/3)

 初回、レッズは今季期待の新星、ジョナサン・インディアがリードオフ、シングルで出塁。

 ここでバッターはジェシー・ウィンカー。ジェシー・ウィンカーは2ストライクと追い込まれながらも、3球目の4シームを叩き、右中間スタンドへの2ランHR。レッズが初回、2点を先制しました。

 また2回表、レッズは2アウトながらレッズは2つの四死球で得点圏にランナーをすすめると、ジェシー・ウィンカーが2巡目の打席。ジェシー・ウィンカーはまたしても同じようなパターンで追い込まれながらも3球目の4シームを強振。これが右中間スタンドへ入る3ランHRに!レッズは序盤2回で5点をリード。

 3回表にはユージニオ・スアレスのタイムリー2塁打で2点を追加。序盤3回で7点を奪ったのでした。

 ジョン・ガントは4イニングまで投げ、今季ワーストの7失点投球となってしまいました。

カージナルスの7得点

 レッズのウェイド・マイリーは5回を被安打4、無失点、8奪三振の好投。このままベンチでゆっくりゲームを見るくらいの余裕で降板したと思うのですが、まさか2番手、3番手が大炎上してしまいました。

マイケル・フェリスが大炎上

 6回裏のマウンドに上がったのは、マイケル・フェリス(Michael Feliz)。2020シーズンはパイレーツで投げていた右腕です。

 そのマイケル・フェリスはご覧のような状態で1アウトを取れずに降板。

  • 先頭、ノーラン・アレナドにシングル
  • タイラー・オニールに2ランHR (スコア 2-7)
  • エドムンド・ソーサに四球
  • ホセ・ロンドンにシングル
  • アンドリュー・キズナー(Andrew Knizner. この日のマスク)にシングル

 2失点でしたが、貯めたランナーが3人なので、彼らが還れば自責点3がつきます。

ブラッド・ブラックも点火

 急遽、2番手に上がったのがブラッド・ブラック。ベテラン右腕で、おそらく急造したと思われます。ブラッド・ブラックは代打で出てきたマット・カーペンターに二塁打を打たれ2失点。これでスコアは4−7。

 さらに、トミー・エドマンにもシングルを許し、ついに2点差の5-7。

 つづくディラン・カールソンに四球を与えたところで交代。ブラッド・ブラックも1アウトを取れず降板。

 3番手はティージェイ・アントーン。代わりばな、ポール・ゴールドシュミットをダブルプレーに仕留め、なんとか一息入れられる状況になったのはよかったのですが、つづくノーラン・アレナドにタイムリー・シングルを打たれついにスコアは7-7の同点に。

 ウェイド・マイリー、ちょっと気の毒でした。

 カージナルスはガント降板後、アンドリュー・ミラー、アンヘル・ロンドン、ジオバニー・ガヤゴスが無失点リレー。9回表はアレックス・レイエスにつないだのですが・・・

ジェシー・ウィンカーが決勝HR!(3/3)

 9回表、レッズは1番の打順からでしたが、ジョナサン・インディアが凡退。つづくバッターはジェシー・ウィンカー。

カーブ攻めも通じず

 さすがに配球を変えてきたカージナルス・バッテリー。しかし、この日のジェシー・ウィンカーには通用しませんでした。ジェシー・ウィンカーはまたしても先に2ストライクを奪われますが、どうやらナックル・カーブに絞っていたようで、3球目の79mphのナックル・カーブを拾い、またしても右中間にHR。ジェシー・ウィンカーのこの日3本目のHRでレッズが8-7と勝ち越し。

 もつれたゲームでしたが、最終回はルーカス・シムズが2安打されながらも無失点で切り抜け、レッズが8-7で勝利したゲームでした。

ジェシー・ウィンカー、今季2度めの1試合3HR 

 ジェシー・ウィンカーが1試合3HRを放ったのは今季2度めで、1度目は5月21日のブルワーズ戦。

 この日、ジェシー・ウィンカーは4-3で3RBIでした。

2020年のDHの恩恵をそのままに

 2020年、ナ・リーグのユニバーサルDHでもっとも恩恵を受けたと言われるのがジェシー・ウィンカー。この場合、もっとも調子を上げたと言った方がいいかともしれません。恩恵を受けたのは2冠のマーセル・オズーナでしょうね。

 2020年ジェシー・ウィンカーは50試合で12HR。出足が躓いたとは言え、8月は打率.369、OBP .459、SLG .798、HR 10、RBI 16をマーク。9月はちょっと息切れした感があったので、タイトル争いには食い込めませんでしたが、調子と出場機会に恵まれたということは言えるでしょう。

 そして今季はまさに打撃開眼という勢いとなっています。

レッズ、カージナルスをスイープ

 さて、今回の4ゲームシリーズでカージナルスをスイープしたレッズ。ブッシュ・スタジアムでカージナルスを4ゲームスイープしたのは、1990年の5月4日から7日にかけて達成して以来のこと。

 なかなかアツいNLセントラルのライバル同士の戦いでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました