スポンサーリンク

【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!

久しぶりの復帰登板で完成度の高い投球

 現地2022年9月17日、レッズのハンター・グリーン(Hunter Greene)が恐ろしい形で復帰登板を果たしました。

 この日、レッズはカージナルスとのダブルヘッダー。ハンター・グリーンはローカルタイムで6:15PMからスタートしたGame2に登板。なお、12:17分からスタートしたGame1では5-1のスコアでカージナルスが勝利しています(Score)。

100mph が計47球

 ハンター・グリーンがこの日投じた投球数は6イニングで81球。

 このうちなんと58%の47球が100mph以上というすごい結果が出ました。もっとも、100mph超えが投球の50%を超えているのはこの日が初めてではありません。今季、すでに出しております。

 17日の登板ですが、1イニング目は12球が100mph超え。2イニング目はさらに多くて15球。さすがにイニングを経るとその数は少なくなりますが、ファイナルイニングとなった6回裏においても100mph超えは5球を数え、しかも101mph台を2球も計測しているという化け物ぶり。

Inning100〜101〜102〜# of 100+
117412
249215
30628
44105
52002
63205
Total1425847
現地2022年9月17日 STL戦のハンター・グリーンの100mph投球

 そして102mph台の投球は8球を数えました。MAXはなんと102.6mph。これは1イニング目にトミー・エドマンに対したときに計測しています。kmh換算で165.12 kmhです。とんでもないですね。

 ちなみに、この102.6mphをトミー・エドマンはラインドライブでCF前に弾き返しています。エドマンがすごいですね。

 この日は、6イニングを投げきり、被安打4、スコアレス、0BB、そしてキャリアハイとなる11Kをマークしました。

 なお、ゲームの方はカージナルス先発のホセ・キンタナも8回2ヒッターと素晴らしい投球を披露。

 ともにスコアレスのまま延長に突入し、延長11回裏にカージナルスがフィルダース・チョイスで1点を奪い、サヨナラ勝ち。1-0という緊迫した投手戦でした。

右肩痛からの復帰

 ハンター・グリーンのこの日のマウンドは現地2022年8月1日のマイアミ戦以来のこと。そのゲームでは6回、1ヒッター、スコアレスで8Kをマークし、今季4勝目をマーク(4勝12敗)。その後、右肩痛を発症して15Day ILに入り、それを繰り返して9月17日の登板に至っております。

 ハンター・グリーンは2019年4月にトミー・ジョン手術を行っていますので、その影響かと心配したのですが、剛球をもって復帰を遂げたので、ファンとしても安堵した次第です。

IL中に投球を見直したか?!

 現地2022年4月10日のブレーブス戦でメジャー・デビューを果たしたハンター・グリーンですが、ここまで21スタートで108.2IP、4勝12敗、ERA 4.97、BB41、SO 138。被本塁打が23もあり、これはハンター・グリーンの球質、特に回転数の多さが災いしているように思います。

 ただ、それだけでなく、速いのは速いのですが、あまり速さを感じさせない投球であったのも事実。それも被本塁打数の多さに起因していると思われます。

 この日はチェンジアップとスライダーをうまく使い、より速く見せる工夫が活きた結果となりました。11Kというのはやはりカージナルス打線が速いと感じたからそうなったわけで、今後もこの投球がつづくかどうか見ていきたいと思います。

 素材をフルに活かした投球に期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました