スポンサーリンク

【MLB Pre-2021】レッズのプロスペクト、ジョナサン・インディアが猛アピール!スアレスをSSへ動かす勢い

レッズ、内野をシフトさせるプランが浮上

 現地2021年3月15日、開幕まであと2週間と迫ったMLBですが、カクタス・リーグではレッズ@エンゼルス戦が行われ、2番DHで起用されたエンゼルスの大谷翔平選手が逆方向に2本のHRを放ち、打撃の順調な仕上がりぶりを披露。やはり大谷選手のパワーは桁違いですね。対戦投手が同じ二刀流のマイケル・ローレンツェンだったこともなかなか興味深い顔合わせだったと思います。

 エンゼルスに注目が集まったこのカードですが、レッズに面白い動きが出ていますので、ご紹介したいと思います。

(その前に)秋山選手は開幕IL

 なお、その前にハムストリングスを傷めて13日のアスレチックス戦以来、カクタス・リーグを欠場している秋山翔吾選手ですが、現地2021年3月15日、IL(Injured List)で2021シーズンの開幕を迎えることが決まりました。残念ですが、しっかり治してから復帰してもらいたいですね。レッズも秋山選手の復帰を計算に入れてメンバーを考えています。

超ホットなプロスペクト、ジョナサン・インディア

 さて、そのレッズですが、今スプリングトレーニングで猛アピールしている選手がいます。それがレッズのトップ・プロスペクト、ジョナサン・インディア(Jonathan India)。

 現地2021年3月15日のエンゼルス戦においても初回、2アウトランナー1、2塁という先取点が欲しい場面で、CF前にしぶいヒットを放ち、先制点を叩き出しました。

 15日時点でのスプリングトレーニングの成績は12試合に出場し、21打数7安打、打率.333、OBP .481、SLG .571、二塁打2本、HR1本、RBI 3。

ジョナサン・インディアとは

 ジョナサン・インディアは1996年12月15日生まれの24才。ドラフトは2018年のレッズ1巡目指名で全体順位は5位。なお、高卒時の2015年にはブルワーズから26巡目指名を受けています。

2019年プロスペクトランク53位

 そのジョナサン・インディアですが、2019年のトッププロスペクト・ランクでは53位にランクイン。

 しかし、Pre-2020、Pre-2021のトップ100ランクには登場せず。別の評価媒体であるBaseball America、Baseball Prospectusにおいてもランクインしているのは2019年だけ。Americaでは51位、Prospectusでは35位でした。特徴的な名前と早いヘッドスピードのスイングをする右打者ということで、2018-2019年くらいまでは筆者もマークしていたのですが、ここ2年ほどランキングに登場していなかったので、その存在を忘れるところでした。

 そのジョナサン・インディアの今スプリングトレーニングでのホットな活躍がレッズのプランを動かしつつあります。

3Bのエウへニオ・スアレスをSSに

 驚くべきは2019シーズンに49HRを放ったレッズの中心選手であるエウへニオ・スアレスを3BからSSへ動かすプランが浮上していることです。

 これには2つ理由があり、まず大前提としてレッズは今オフ、フレディー・ガルビスに代わる有望なSSの獲得に失敗しました。おそらくコロナ禍による収益減で大枚を使えず、もし使ったとしても、トレバー・バウアーが抜けた先発ローテーションの補強を優先させたと思われます。

 そして2つ目がジョナサン・インディアの期待以上の活躍。

ブランドン・フィリップスとのコンビを組んでいたスアレス

 エウへニオ・スアレスのMLBでのキャリアのスタートはSS。2014年にタイガースでデビューしたエウへニオ・スアレスは2015年からレッズに所属。2015年は97試合の出場でしたが、96試合をSSで過ごしました。そして当時、2Bにいたブランドン・フィリップスと二遊間を組んでいました。

 2016シーズンからは3Bにシフト。実はそれ以降も2018年はSSでの出場機会はあったもののいずれも年間1試合から3試合という状況でした。

 3Bにシフトしたからこそ、2018年以降、HRが増えたとも言えなくもないですが、スアレスのSSが打撃に負担を強いるのかどうかはちょっと注目ポイントかと思います。

 また、スアレスが退いた3Bスポットには、マイク・ムスターカスが就くことになりそうです。そしてムスターカスがいた2Bにジョナサン・インディアというプラン。

 以上はまだ決定事項ではありませんが、レッズの開幕オーダーは以下のプランになりそうな空気になってきました。

  1. ジェシー・ウィンカー(LF)
  2. ニック・カステヤーノス(RF)
  3. ジョーイ・ボット(1B)
  4. エウへニオ・スアレス(SS)
  5. マイク・ムスターカス(3B)
  6. ニック・センゼル(CF)
  7. ジョナサン・インディア(2B)
  8. タッカー・バーンハート(C)
  9. ルイス・カスティーヨ(P)

 スプリングトレーニング前半はディー=ストレンジ・ゴードン、あるいはスーパー・ユーティリティーのカイル・ファーマーがSSを務めていましたが、オフェンス面から行くとこうなるのではないかと思います。

 ジョナサン・インディアに注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました