スポンサーリンク

【MLB2022FA噂】レッドソックス、エドゥアルド・ロドリゲスにマルチイヤー・オファー

MLB移籍/FA情報

QOオファーに加えて

 現地2021年11月10日のFAの状況です。

2021シーズンのレッドソックス

 2021シーズンは、ア・リーグ東地区2位に終わったレッドソックス。前半戦のほとんどを首位で通過。大いに沸かせてくれました。しかし、オールスター以降、なにやら雲行きが怪しくなり、ついに7月30日にレイズに首位の座を明け渡すこととなりました。そこから復帰することなく、シーズン終盤にはブルペンも打線もガクンと落ちてしまい、ヤンキースの追い上げもあり、一時は3位にまで陥落。

 しかし、なんとかワイルドカードに進出し、それを突破。また、高いハードルと思われていたレイズとのALDSを勝ち抜き、ALCSまで進出しました。

オフの補強ポイントはブルペンではあるが・・・

 後半に急落したのは、一つは打線の不調もあったのですが、最大の原因はブルペン。今オフの補強のポイントは当然そこにあります。

 ただ、シーズンを通してずっといいラインを保っていたのは、スターター陣。終盤には特にニック・ピベッタとネイサン・イオバルディが踏ん張りました。強さの源はスターター陣にあったと言っても過言ではありません。

 つまり、補強ポイントはあくまでブルペンや、ヒッター陣にあるとは言え、スターター陣が崩れてしまっては元も子もありません。

 その基礎の一つがゆらぎつつあるのが、このオフにFAとなった左腕のエドゥアルド・ロドリゲス(Eduardo Rodriguez)、通称E・ロッドですね。

E・ロッドはQOを拒否の見込み

 レッドソックスはそのE・ロッドに1年/$18.4Mのクオリファイング・オファーを出したのはすでにご承知の通りです。

 E・ロッドの2021年のサラリーは1年/$8.3M (2021)。今回のQOの提示はかなりいい条件ではあるのですが、当然のことながらQOは1年のディールゆえ、FA市場で高い評価が見込まれるE・ロッド本人にとっては、決め手になるオファーではありません。

 よって、E・ロッドはこのQOを拒否する見込みです。ちなみにE・ロッドのエージェントは、ISE Baseball。かなりの大手ですね。

BOSはQO+マルチイヤー・ディールをオファー

 今回、レッドソックスはE・ロッドに対して、マルチ・イヤー・ディールをオファーした見込み。

ホセ・アブレイユのパターンか? 

 QOの単年では拒否する見込みのE・ロッドではありますが、マルチ・イヤー・ディールのオファーとなると、かなりの有効打となりそう。

 レッドソックスはQOとともにそれをオファーすることでE・ロッド流出を防ぐ構えになると見込まれています。

 2019年11月に、ホワイトソックスはホセ・アブレイユにQOを提示。ホセ・アブレイユも一旦はQOを受けました。しかし、その後、ホワイトソックスとホセ・アブレイユは延長契約にサイン。ホセ・アブレイユの流出を防ぎ、今季も大活躍でしたね。大谷への厳しいスライディングはありましたが。

 複数年の条件はまだ明らかになっていませんが、E・ロッドの結論はそれほど長引かないのではないかと思われます。

マリナーズ、タイガース、ブルージェイズが関心

 なお、E・ロッドにはすでに複数のクラブが関心を寄せており、なかでもマリナーズ、タイガース、ブルージェイズが非常に強い関心を抱いているようです。

 2019年に19勝6敗。2021年は31スタートで13勝8敗、ERA 4.74。2020年はCOVID-19の後遺症でオプトアウトし、健康問題が懸念されましたが、シーズン終盤には、2019年のE・ロッドに戻ったような投球を披露。

 ここは流出を防いでおきたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました