スポンサーリンク

【MLB2021】リリーバー、ホアキム・ソリアが引退を表明。その逆転キャリアが興味深い

キャリア通算14年、37才で引退

 現地2021年11月10日、リリーバーのホアキム・ソリア(Joakim Soria )が引退を表明しました。

 鉄腕リリーバーはここ数年、毎年のようにFAとして需要があり、色々なクラブを渡り歩きました。キャリア14年、9クラブで必要とされた右腕は、最後はブルージェイズでフィニッシュとなりました。

タフな右腕

 ホアキム・ソリアは真のリリーバー。キャリア14シーズンで通算773試合に登板。このうち先発したのはアスレチックス時代の2019年6月5日のエンゼルス戦の1試合のみ。しかもこの日はオープナーで1イニングを投げただけ。

 772試合がリリーフでの登板という鉄腕ぶりでした。さすがに2012年にUCLを損傷し、トミー・ジョン手術を実行。このシーズンは全休となりましたが、メジャー昇格後に途切れたのは2012年のみ。それ以外はずっと投げ続け、年平均で68試合、67IPという働きぶりでした。

苦労したキャリア前半

 ホアキム・ソリアはメキシコ出身で2001年10月にアマチュアFAとしてドジャースとサイン。その3年後の2004年10月にドジャースからリリースされます。

1度目のトミー・ジョン手術

 というのも2003年にトミー・ジョン手術を行い、全休。2004年もDSLドジャースで4試合に登板したのみだったからです。この2年は苦しかったでしょうね。

 2005年はメキシカン・リーグでプレー。リリーバーとして5勝0敗、ERA 4.80。その年のオフの12月にFAとしてパドレスとサイン。

 そして2006年もメキシカン・リーグでのプレーとなりましたが、ここで転機が訪れます。ソリアはパーフェクト・ゲームを達成したのです。

 これにより、2006年8月にFAとしてパドレスとサイン。そして2016年12月にルール5ドラフトの対象者となり、ロイヤルズにピックされます。

 ルール5ドラフトで機会を得たソリアは2007年、ロイヤルズの開幕ロスターの座を手に入れ、2007年4月4日についにメジャー・デビュー。ここから運命がガランと好転します。

すごかったロイヤルズ時代(2007-2011)

 デビューとなった2007年は62試合に登板。2勝3敗でERAは2.48。ROYの7位に入る活躍ぶりでした。

 ロイヤルズ時代の2007年から2011年の5シーズンの成績は、298試合、315.1IPで13勝15敗、ERA 2.40。奪三振は341をマーク。

 とりわけすごかったのは2008年と2010年の2シーズン。2008年は63試合に登板してERAが1.60。オールスターにも選ばれました。2010年は66試合に登板。ERAは1.78。

 ロイヤルズ時代のこの活躍ぶりがあったので、その後は需要が減ることがありませんでした。

2度目のトミー・ジョン手術

 そして、上述したように2012年に2度目のトミー・ジョン手術。2012年10月にFAとなり、12月にレンジャーズとサイン。

 その後は2014年のトレードデッドラインでタイガースに移籍。この時の交換要員がコーリー・クネイブルです。また2015年のトレードデッドラインではパイレーツに移籍。

 その後も細かく動きました。

 2018年のトレードデッドラインでホワイトソックスからブルワーズに移籍。ブルワーズではコーリー・クネイブルと一緒にブルペンを盛り上げることに。

 

2021年のソリア 

 今季のホアキム・ソリアはDバックスとブルージェイズに在籍。

 双方合わせて41試合、ERA 5.56。特にブルージェイズに移籍してからがERA 7.88と悪化。ブルペン強化で入ったわけですが、結果を残せませんでした。

 キャリア通算、773試合、763 IP、ERA 3.11、BB9が2.7、SO9が9.8。若い頃に苦労し、トミー・ジョン手術を2度も行った右腕がメキシカン・リーグでのパーフェクト・ゲームで人生を切り開き、メジャーで大成功を収めた人生のストーリーはなかなか味なものがあります。

 それにしてもルール5ドラフトの威力はすすまじいですね。ソリアのキャリアを振り返って、余計に思いました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました