スポンサーリンク

【MLB2021】リリーバー、ホアキム・ソリアが引退を表明。その逆転キャリアが興味深い

キャリア通算14年、37才で引退

 現地2021年11月10日、リリーバーのホアキム・ソリア(Joakim Soria )が引退を表明しました。

 鉄腕リリーバーはここ数年、毎年のようにFAとして需要があり、色々なクラブを渡り歩きました。キャリア14年、9クラブで必要とされた右腕は、最後はブルージェイズでフィニッシュとなりました。

タフな右腕

 ホアキム・ソリアは真のリリーバー。キャリア14シーズンで通算773試合に登板。このうち先発したのはアスレチックス時代の2019年6月5日のエンゼルス戦の1試合のみ。しかもこの日はオープナーで1イニングを投げただけ。

 772試合がリリーフでの登板という鉄腕ぶりでした。さすがに2012年にUCLを損傷し、トミー・ジョン手術を実行。このシーズンは全休となりましたが、メジャー昇格後に途切れたのは2012年のみ。それ以外はずっと投げ続け、年平均で68試合、67IPという働きぶりでした。

苦労したキャリア前半

 ホアキム・ソリアはメキシコ出身で2001年10月にアマチュアFAとしてドジャースとサイン。その3年後の2004年10月にドジャースからリリースされます。

1度目のトミー・ジョン手術

 というのも2003年にトミー・ジョン手術を行い、全休。2004年もDSLドジャースで4試合に登板したのみだったからです。この2年は苦しかったでしょうね。

 2005年はメキシカン・リーグでプレー。リリーバーとして5勝0敗、ERA 4.80。その年のオフの12月にFAとしてパドレスとサイン。

 そして2006年もメキシカン・リーグでのプレーとなりましたが、ここで転機が訪れます。ソリアはパーフェクト・ゲームを達成したのです。

 これにより、2006年8月にFAとしてパドレスとサイン。そして2016年12月にルール5ドラフトの対象者となり、ロイヤルズにピックされます。

 ルール5ドラフトで機会を得たソリアは2007年、ロイヤルズの開幕ロスターの座を手に入れ、2007年4月4日についにメジャー・デビュー。ここから運命がガランと好転します。

すごかったロイヤルズ時代(2007-2011)

 デビューとなった2007年は62試合に登板。2勝3敗でERAは2.48。ROYの7位に入る活躍ぶりでした。

 ロイヤルズ時代の2007年から2011年の5シーズンの成績は、298試合、315.1IPで13勝15敗、ERA 2.40。奪三振は341をマーク。

 とりわけすごかったのは2008年と2010年の2シーズン。2008年は63試合に登板してERAが1.60。オールスターにも選ばれました。2010年は66試合に登板。ERAは1.78。

 ロイヤルズ時代のこの活躍ぶりがあったので、その後は需要が減ることがありませんでした。

2度目のトミー・ジョン手術

 そして、上述したように2012年に2度目のトミー・ジョン手術。2012年10月にFAとなり、12月にレンジャーズとサイン。

 その後は2014年のトレードデッドラインでタイガースに移籍。この時の交換要員がコーリー・クネイブルです。また2015年のトレードデッドラインではパイレーツに移籍。

 その後も細かく動きました。

 2018年のトレードデッドラインでホワイトソックスからブルワーズに移籍。ブルワーズではコーリー・クネイブルと一緒にブルペンを盛り上げることに。

 

2021年のソリア 

 今季のホアキム・ソリアはDバックスとブルージェイズに在籍。

 双方合わせて41試合、ERA 5.56。特にブルージェイズに移籍してからがERA 7.88と悪化。ブルペン強化で入ったわけですが、結果を残せませんでした。

 キャリア通算、773試合、763 IP、ERA 3.11、BB9が2.7、SO9が9.8。若い頃に苦労し、トミー・ジョン手術を2度も行った右腕がメキシカン・リーグでのパーフェクト・ゲームで人生を切り開き、メジャーで大成功を収めた人生のストーリーはなかなか味なものがあります。

 それにしてもルール5ドラフトの威力はすすまじいですね。ソリアのキャリアを振り返って、余計に思いました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました