スポンサーリンク

【MLB契約2020】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチと総額9年215Mドルのエクステンションへ

ブルワーズ史上最高額でのディール

 現地2020年3月3日の情報ですが、ミルウォーキー・ブルワーズがクリスチャン・イェリッチ(Christian Yelich )に超大型エクステンション(契約延長)をオファー。双方合意間近となっています。

9年5Mのエクステンション内容

 現地2020年3月3日時点でまだ確定にはなっていないものの、判明している内容は9年(2020-2028)$215M。その中身を整理したいと思います。

新契約分は7年$188.5M

 今回合意になりそうなのは、まず期間として2020年から2028年までの9年。これに加えて2029年に双方合意で行使されるミューチュアルオプションが設定されており、最大で10シーズン!もっともミューチュアル・オプションは確実に保証されている訳ではないので、期間としては9年という言い方が妥当かと思います。

 もう少し中身を見ていくとこのような内容です。

【クリスチャン・イェリッチ 2020サインの新契約】

  • 2020: $12.5M ←2015年時に結んだ契約のまま
  • 2021: $14M ←2015年時に結んだ契約のまま
  • (2022: $1.25Mバイアウト) ←2015年時に結んだ契約の設定  
  • 2022-2028 (7年): $26M x 7 ($182M) 
  • 2029: $20Mミューチュアルオプション or バイアウト$6.5M

 旧契約からの引き継ぎ分 $26.5M+新契約分 $182M+$6.5Mで合計$215Mという数字になります。

2015年のマイアミ時代のエクステンションがベース

 今回のエクステンションは9年のうち、2020-2021年の2年間は前の契約がそのまま生きる形です。よって、言い方としてはブルワーズと新たに契約延長とした分としては7年$188.5Mになります。

 旧契約を一応、見てみますと2015年3月にマーリンズと合意した2015年から2021年までの7年$49.57Mがそれ。2022年はクラブオプションで$1.25Mバイアウトがついているという内容でした。

 サラリーの配分は2015年が$0.5M、 2016年が$1M、 2017年は$3.5M、 2018年は$7M、 2019年は$9.75M、 2020年は$12.5M、 2021年は$14M、 2022年が$15Mのクラブオプションで$1.25M バイアウトという明細。

 ややさかのぼりますが、イェリッチのドラフトイヤーは2010年。マイアミの1巡目指名、全体23位でのプロ入りでした。MLBデビューは2013年。21才の時です。

 2014年からほぼフル出場の状態が続いていて、2020年1月時点でMLSは6.069。2015年3月にマイアミと契約延長した時点ではデビューしてまだ1.5シーズンほどしか経過していない期間でしたから、MLSはまだ2に満たない状況でした。よって、旧契約は$1M以下のメジャー最低年俸ほどの金額からスタートしています。

AAV は約$23.89M 

 新しい契約を9年$215Mだとして、年平均(Annual Average)で表すと、$23.89M per Yearになります。 クリスチャン・イェリッチは2020年のMLB TOP 100プレーヤーの中でマイク・トラウトに次いで2位に入っている選手。

 ブルワーズはそんなすごいレベルの選手を$30M以下でコントロール出来る形をつくりました。同じ年割りで算出する贅沢税上のサラリーではトラウトは$35M以上、マチャードは$30M、レンドンも$35M以上、ハーパーは$27M。

クリスチャン・イェリッチのアウォード

 もう誰もが知っている選手ですが、一応サマリーとしてアウォードとスタッツをまとめておこうと思います。

  • オールスター出場:2度 (2018 & 2019)
  • 2018 NL MVP !
  • NL Gold Glove  (2014/LF)
  • NL Silver Slugger Award : 3度(2016, 2018 & 2019)
  • NL Batting Average Leader: 2度 (2018 & 2019)
  • NL OBP Leader:1度 (2019)
  • NL SLG Leader:2度 (2018 & 2019)
  • NL OPS Leader:2度 (2018 & 2019)
  • NL Total Bases Leader :1度(2018)
  • 20 HR以上: 3シーズン (2016, 2018 & 2019)
  • 30HR以上: 2シーズン (2018 & 2019)
  • 40HR以上: 1シーズン (2019)
  • 100 RBI: 1 シーズン(2018)
  • 100 Runs Scored : 3シーズン (2017-2019)

新契約は36才のシーズンまで

 2020年で28才のシーズンを迎えるイェリッチですが、新契約の最終イヤーの2018年は36才でのシーズンです。足のスピードが落ちた時にどういうプレースタイルになっているか、ちょっと興味が湧いてきますね。

新契約の背景にR・ブラウン最終イヤー

 残り2年の契約を残し、ブルワーズが契約延長に踏み切った理由には、ライアン・ブラウンが2020年で契約最終イヤーになるという背景もありそうです。ライアン・ブラウンとブルワーズは5年/$105M (2016-20)、2021年は$15Mミューチュアルオプション、$4Mバイアウト。おそらく2021年はMIL側が行使しないでしょう。

 そうなるとサラリー的には2020年は$16Mのライアン・ブラウンが抜けたとして、その分で不足はありますが、イェリッチへの支払いに回せます。

 それにライアン・ブラウンに変わってクラブの顔として人気を維持したいということも背景にあるように思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました