スポンサーリンク

【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン

メッツ、バットを補強

 現地2021年11月26日、メッツがFA市場で大攻勢をかけてきましたね。

 このオフはGM不在の間に、ノア・シンダーガード、アーロン・ループがともにエンゼルスに流出。さらに、元メッツのスティーブン・マッツの獲得にも失敗(オーナーがカージナルスにクレームをつけてはいました)したりと、重要な選手の流出が続いていました。

ビリー・エプラーがGMに就任

 しかし、現地2021年11月19日にビリー・エプラーがGMに就任。これで落ち着きを見せてきました。ビリー・エプラーはさきのエンゼルスのGMですね。メッツと4年(2022-25)でサインしています。

エドゥアルド・エスコバーを獲得

 そんな中、メッツはブルワーズからFAとなっていたエドゥアルド・エスコバーを獲得。

その契約内容はこちら。

  • 2年(2022-23)/$20M 保証
    • 2024年のクラブオプションが金額が判明したら更新します。現時点でバイアウトの情報はありませんが、おそらく付くと思われます。 

意外に安かった

 エドゥアルド・エスコバーのネームバリューからすると、意外なくらい安いなと思いました。ただ、直近の契約が、3年/$21M(2019-20)で、2021年が$7.5Mのサラリーだったのでまあよくよく考えると妥当なところでした。

エドゥアルド・エスコバーとは

 エドゥアルド・エスコバーはベネズエラ出身の32才の内野手。誕生日が1989年1月5日ですので、2022年開幕時で33才です。

 2006年1月に、アマチュアFAとしてホワイトソックスとサイン。17才の時です。

メジャー・デビューは2011年9月2日。セプテンバー・コールアップでデビュー。デビュー翌年の2012年のトレードデッドラインでツインズへ移籍。ホワイトソックスがフランシスコ・リリアーノを獲得したトレードの交換要員でした。

 本格的にエブリデーSS、あるいは3Bとして出場し始めたのは2014年から。この年に133試合に出場。打率.275、OBP .315、SLG .406、OPS .721をマーク。HRは6本ながら、二塁打が35本。ツインズには2018年のトレードデッドラインまで在籍。2018年のトレードデッドラインでは、マイナーの3選手とのトレードでDバックスへ移籍。

 2018年は151試合、2019年は158試合に出場。ずっとHR少なめで二塁打の多い選手かと思っていたのですが、2017年にR20本以上をマーク(21本)したのをきっかけに徐々に量産。2019年は35本を打つまでになりました。ちなみにこの年は三塁打10本でリーグ1位。RBIも118をマーク。

2020年も60試合中、54試合に出場。

2021年のトレードデッドラインでブルワーズに移籍。7月末までに22HRを放ち、オールスターにも出場しました。

そして、今季オフにFAとなり、メッツとサインしたという流れになります。

メッツでは3B/2B

 メッツは、SSにフランシスコ・リンドーア、1Bにピート・アロンソがいて、この2つのポジションは確定。

 エドゥアルド・エスコバーは3Bに配置されると思われますが、現状のメッツの2Bと3Bは、ジェフ・マクニールかJ.D.デービス。どちらかというと、J.D. デービスが3B。エドゥアルド・エスコバーが入れば、J.D.デービスをOFにという配置になりそうです。別記事に記載しますが、メッツは同日、アスレチックスからFAのマーク・カナとスターリン・マルテを獲得しており、ポジション争いが激しくなりそうです。層が厚くなったとも言えますね。 

 なお、2Bには2021シーズンにPeds(禁止薬物)でサスペンション処分となっていたロビンソン・カノーも復帰予定。カノーはバックアップ的な位置づけになると思われます。

貧打解消

 2021年前半はまるで打てず、ジェイコブ・デグロムにかなり負担をかけていたメッツ打線。今回のディールはその貧打解消を狙ったものでもあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました