スポンサーリンク

【MLB2021FA】パドレス、ジュリクソン・プロファーと3年で合意へ!

プロファーはプレラーGMの「推し」

 今オフのストーブリーグではどこよりもアグレッシブで、もはや圧勝という言葉さえ送りたくなるサンディエゴ・パドレス。資金力が豊富になったメッツが新GMの失態により動きが止まっている中、ますます市場で暴れる見込みです。

 現地2021年1月22日、サンディエゴ・パドレスはすでにレギュラーとバックアップが揃っている内野のスポットにさらなる厚みをもたらすディールを成立させました。ジュリクソン・プロファー(Jurickson Profar)と3年で再契約です。

 こちらはまもなくオフィシャルになる見込みです。

契約内容

 合意している契約内容は以下の通りです。

  • 3年$21M(2021-2023)
  • 2021シーズン、2022シーズン終了後にそれぞれオプトアウトあり

 AAV(Annual Average Value)で$7M/年というのは非常に高い評価を受けた形のサラリー設定となりました。

双方にメリットのあるオプトアウトあり

 最初の2シーズン終了後にそれぞれオプトアウト条項が入っており、これにより前向きなシナリオとしては、プロファーが活躍をすれば翌年にはFA市場に打って出るでしょうからパドレスの負担は1年分のみになります。そして翌年以降のサラリー削減にもなるという設定。

 そのチャンスがもう1年含まれているという内容でもあります。パドレスは3年で$21M満額を支払わなくてよい可能性があります。

 またプロファーにとっても、前年のサラリーが$5.7M(2020)でしたから、ベースサラリーが123%もアップしています。

 なおかつ活躍すれば翌年にはFAでふたたび大きなチャンスを迎えます。エージェントがボラス・コーポレーションですから、強気に出るでしょうね。

 よって、双方にメリットのある合意内容となりました。

人気が高かった

 19才でセンセーショナルなデビューを果たしたジュリクソン・プロファー。

 WBC2013で、ヒットを放った後、味方に奮起を促してつつ帰塁していたところをヤディアー・モリーナにアウトされたあのシーンがどうも頭から離れないため、ちょっとおかしな位置づけの選手となっています。

 しかし、今オフはかなり需要があった模様。2Bスポットが安定していないレッドソックスなどはかなり熱心に交渉していました。しかし、パドレスに敗れました。

2020年のプロファー

 2020年、シーズン開始当初のジュリクソン・プロファーは悲惨極まりない成績でした。開幕11試合で37打数3安打。打率.081、OBP .244、SLG .162。 

 ところが8月に入り、ようやく復調。特に9月に入ってからは素晴らしいの一言で、22試合で74打数、26安打、打率.351、OBP .380、SLG .500、HR 2、RBI 11、二塁打5という内容。

 尻上がりによくなったことが高評価にもつながったと言えるでしょう。

A.J.プレラーGMの推し

 すでに内野が固まっているパドレス。3Bにマニー・マチャード、SSにフェルナンド・タティス・ジュニア、2Bにジェイク・クロネン・ワーズ、1Bにエリック・ホズマー。今オフはアジアからも内野手を一人補強。

 ジュリクソン・プロファーはあくまで2Bスポットでジェイク・クロネンワースと争うことになりそうですが、内野のバックアップロールのような起用、あるいは2020シーズンのようにLF、CFを守ることもありそうです。

 チーム事情次第では「獲得に至らずともよい」ディールだったかもしれません。しかし、今回ディールが成立し、なおかつよいオファーだった理由は、A.J.プレラーGMがジュリクソン・プロファーを信頼している点も大いに関係あります。 

 それはジュリクソン・プロファーをレンジャーズに引き入れたのは当時、レンジャーズの国際スカウト部長を務めていたA.J.プレラーだったからです。プレラーにとってはジュリクソン・プロファーの活躍は自分の仕事の出来の証明でもあったかもしれません。

 2012年、19才でデビューした後、プロファーはショルダーイシューなどもあり、2014年と2015年は欠場。ほぼフルシーズンで活躍できるようになったのはレンジャーズのファイナルイヤーの2018年からでした。

 2021年はまだ28才のシーズン。プレラーは選手としてあらゆる面で旬を迎えたプロファーをじっくり見てみたいという思いがあるのかもしれませんね。

パドレス、2M

 大攻勢をかけるパドレスの2021年のペイロールは現時点でざっと$172M。これはプロファーの$7Mも入った金額です。

 2021年の贅沢税の基準額は$210M。まだ37.7Mほどのスペースがあります。あとは資金力次第となりますが、まだまだ暴れそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました