スポンサーリンク

【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに

アンドゥハー加入でロスター・ムーブ

 現地2022年9月26日、ピッツバーグ・パイレーツはこの日のレッズ戦に先立ち、ロスター・ムーブを発表。マイケル・チャビスとグレッグ・アレンの2人をDFAとしました。

 このロスター・ムーブは新加入となったミゲル・アンドゥハーを起用するために行われものです。

 ミゲル・アンドゥハーは現地2022年9月22日にヤンキースからDFAとなり、ウェーバー公示されていたところをパイレーツが現地2022年9月25日にクレーム・オフ。パイレーツは早速、この日のゲームに起用したかったらしく、アクティブロースターに入れるためにチャビスをDFAに。さらに、グレッグ・アレンの抜けた枠には捕手のホセ・グードイ(Jose Godoy)がマイナーからコールアップされ、メジャー契約となりました。

マイケル・チャビスとは?

 マイケル・チャビスは1995年8月11日生まれの27歳。2014年のレッドソックスの1巡目指名の内野手です。右投げ右打ち。

 2019年にはMLBパイプラインの選ぶトップ・プロスペクト100の79位に入るなど注目され、デビューを待ちました。現地2019年4月20日のレイズ戦でメジャー・デビュー。2戦目でメジャー初ヒットと初HRを放ち、大喜びするお母さんが注目されたりしました。

 注目されたチャビスですが、レッドソックスでの3シーズンの成績は168試合に出場し、打率.234、OBP .291、SLG .413、HR 25、RBI 83とごくごく普通の成績となってしまいます。

 2021年7月のトレードでパイレーツへ移籍。今季すでにレッドソックスをDFAとなった左腕のオースティン・デービスとのトレーでした。

 2021年移籍後のチャビスは肘の故障もあり、わずか12試合の出場にとどまりましたが、打率.357、OBP .357、SLG .500をマーク。幸先の良いスタートにはなりました。

 2021年、チャビスは129試合に出場。426PAで打率.229、OBP .265、SLG .389、HR 14、RBI 49とまたしても並以下の数字を出してしまい、ミゲル・アンドゥハーにその枠を譲ることになりました。

 今後、チャビスはアウトライト・ウェーバーか、リリース・ウェーバーにかかることが予想されており、トレードの道は厳しいとも言われています。まだ27才。アウトライトとなったとしても、もう一度奮起してもらいたいところです。

グレッグ・アレンとは

 もうひとり、DFAとなったグレッグ・アレンは、1993年3月15日生まれの29才のOFです。右投げスイッチヒッター。ドラフトはインディアンスの2014年の6巡目指名。

 2017年にメジャーデビュー。本格稼働は2018シーズンからで、91試合に出場。打率.257、OBP .310、SLG .343、HR2、盗塁21をマーク。そこそこの数字を残しましたが、2019年は89試合に出場し、それ以下の数字となりました。

 2020年のトレードデッドライン(8/31)に、パドレスへ移籍。この時に一緒に動いたのがマイク・クレビンジャーで、この時にパドレスからインディアンスに移籍した選手が今季、大活躍しました。

パドレスからインディアンスには計6名!

  1. ジョシュ・ネイラー(Josh Naylor):OF、1B/23才/左投げ左打ち
  2. オースティン・ヘッジス(Austin Hedges):C/28才/右投げ右打ち
  3. カル・クアントリル(Cal Quantrill) : RHP/25才/右投げ左打ち
  4. ガブリエル・アリアス(Gabriel Arias):SS/20才/右投げ右打ち
  5. ジョーイ・カンティーヨ(Joey Cantillo):LHP/20才/左投げ左打ち
  6. オーウェン・ミラー(Owen Miller):INF/23才/右投げ右打ち

 パドレスでは1試合のみの出場。

 2021年1月、パドレスからヤンキースへトレードとなります。相手はマイナーの選手。2021シーズンはわずか15試合の出場にとどまりました。

 2021年11月、ウェーバー公示を出されたところ、パイレーツがクレームオフ。今季に至ります。

 ただ、2022年は左ハムストリングの損傷で60Day ILとして開幕。7月22日に復帰を果たしますが、46試合で打率.186、OBP .260、SLG .271に終わり、結果が出ませんでした。

 チャビス同様、今季でMLS3年を満たし、調停ステータスになることから、今後の契約も含めて一旦はDFAに。今後数日間でウェイバーに置かれるでしょう。

 今季は出遅れもあり、数字は奮いませんでしたが、この試合数で盗塁8はかなりいい数字ですし、OFの守備には定評があります。今後、ウェーバーでクレームオフされる可能性もありますし、トレードもあり得ます。

昇格したグードイとは?

 ホセ・グードイは27才の捕手で、右投げ左打ち。ベネズエラ出身で、2011年7月にアマチュアFAとしてカージナルスとサイン。プロの世界に入ります。

 2020年9月にFAに。11月にマリナーズとマイナー契約。

 2021年となり、グードイは5月21日にメジャーへ昇格。この年は16試合に出場。バックアップ・ロールなので、あまり打席にも立っておりません。

 その後はジャイアンツ、ツインズに在籍。ツインズでは2022年に2試合に出場するも、8月1日にDFAに。そのウェーバーでクレーオフしたのがパイレーツでした。なおその後、パイレーツは8月21日に一旦DFAとしますが、マイナーへアウトライト。今回、パイレーツでのメジャー昇格となりました。

 ここまでメジャー通算で23試合、打率.128、OBP .212、SLG .149.

今季はもう残り少ないですが、来年に向けての試験出場のような形となっているので、いいアピールができれば良いなと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました