スポンサーリンク

【MLB2019】ゴールドグラブ賞ファイナリストの発表

2019 GG賞 ファイナリスト

 現地2019年10月24日、ワールドシリーズの移動日でもありましたが、MLBは2019年のゴールドグラブ賞(ローリングス社)のファイナリストを発表しました。

 では早速、リストを見ていきたいと思います。

ア・リーグ

投手

  • ホセ・ベリオス(MIN)
  • マイク・リーク(SEA)
  • ルーカス・ジオリト(CWS)

 マイク・リークは現在ARIですが、シーズン中のSEA在籍の方が長かったためSEAで入っています。

捕手

  • ダニー・ジャンセン(TOR)
  • クリスチャン・バスケス(BOS)
  • ロベルト・ペレス(CLE)

 両リーグ通じでDefensive WAR NO.1はロベルト・ペレスの2.6。実はダイヤモンドバックスのSS、ニック・アーメッド、ナショナルズのCF、ビクター・ロブレスも2.6です。捕手に関してはロベルト・ペレスで決まりかなとは思っています。

1B

  • ユリ・グリエル(HOU)
  • マット・オルソン(OAK)
  • ジャスティン・スモーク(TOR)

 ア・リーグの1Bでなら安定性で行くとNYYのD.J.ルメイヒューと思いましたがルメイヒューは2Bでの登録。ユリ・グリエルが堅いかななどと考えています。

2B

  • ホセ・アルトゥーベ(HOU)
  • D. J. ルメイヒュー(NYY)
  • ヨルマー・サンチェス(CWS)

 ヨルマー・サンチェスは非常にクリエイティブ。ルメイヒューとなると2年連続です。

3B

  • アレックス・ブレグマン(HOU)
  • デービッド・フレッチャー(LAA)
  • マット・チャップマン(OAK)

 エンゼルスのフレッチャーが入ったのは良いですね。非常にクリエイティブな守備だったと思います。アレックス・ブレグマンの線が強いかななどと考えています。

SS

  • マーカス・セミエン(OAK)
  • アンドレルトン・シモンズ(LAA)
  • フランシスコ・リンドーア(CLE)

 レッドソックスのザンダー・ボガーツが入っていなかったのは残念です。エラーの数を調べるとボガーツは13。これはナ・リーグのニック・アーメッドと同じ数なんですが、漏れました。

 セミエンのエラーは12。ホワイトソックスのティム・アンダーソンはエラーが26でSSの中ではトップ。ツインズのホルヘ・ポランコはSSで2位の22個のエラーを記録してため漏れたと思います。

LF

  • ロビー・グロスマン(OAK)
  • アレックス・ゴードン(KCR)
  • アンドリュー・ベニンテンディ(BOS)

 これはベニーに獲ってもらいたいですが、エラー数を見るとグロスマンが0!ゴードンが1、ベニンテンディが2です。

CF

  • ケビン・キアマイアー(TBR)
  • マイク・トラウト(LAA)
  • ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア(BOS)

 ラモン・ロレアーノは今季123試合にとどまったのと、エラーが7でCFで最多だったのがノミネートを外れた原因かもしれません。

 久々にキアマイアーが入りました。ここは好守連発のJBJに獲ってもらいたいと思っていますが・・・。

RF

  • コール・カルフーン(LAA)
  • ムーキー・ベッツ(BOS)
  • ジョシュ・レディック(HOU)

ナ・リーグ

投手

  • ジャック・フラハーティ(STL)
  • ザック・グレインキ(ARI)
  • アーロン・ノラ(PHI)

 ザックはマイク・リーク同様、トレードデッドライン前のARI在籍の方がながかったのでHOUではなくARIで入っています。ザックはベースカバーや投手前のゴロの処理など本当に素晴らしいです。

捕手

  • オースティン・ヘッジス(SDP)
  • ヤディアー・モリーナ(STL)
  • J.T.リアルミュート(PHI)

 パスボールはヘッジスが2、モリーナが4、リアルミュートが8。CS%はヘッジスが33%、モリーナが27%、リアルミュートが47%。リアルミュートは133試合とこの3人の中では最多出場です。

1B

  • クリスチャン・ウォーカー(ARI)
  • ポール・ゴールドシュミット(STL)
  • アンソニー・リッゾ(CHC)

 ゴールディも安定していますね。前年はフリーマンとリッゾの二人の受賞でした。

2B

  • オジー・アルビーズ(ATL)
  • コルテン・ウォン(STL)
  • アダム・フレイジャー(PIT)

3B

  • ノーラン・アレナド(COL)
  • アンソニー・レンドン(WSH)
  • ジョシュ・ドナルドソン(ATL)

 ここは難しいですね。アレナドなら7年連続となります。レンドンに獲ってもらいたいですね。

SS

  • ポール・デヨング(STL)
  • トレバー・ストーリー(COL)
  • ニック・アーメッド(ARI)

 今季は146試合に出場したレッズのホセ・イグレシアスは入れてもらいたかったです。残念。

LF

  • フアン・ソト(WSH)
  • デービッド・ペラルタ(ARI)
  • ハンター・レンフロー(SDP)

CF

  • ビクター・ロブレス(WSH)
  • ロレンゾ・ケイン(MIL)
  • ハリソン・ベイダー(STL)

 ロブレスの俊足は素晴らしいですが、美技連発のロレンゾ・ケインで決まりだと思います。

RF

  • ブライス・ハーパー(PHI)
  • ジェイソン・ヘイワード(CHC)
  • コディー・ベリンジャー(LAD)

 1BもCFもこなすベリンジャーには賞を獲ってもらいたいと思います。

 ユーティリティ・プレーヤーにも与えたいところです。彼らは複数のグラブも使いこなしますし、まさしくローリングスにはうってつけかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    ア・リーグ1Bは明らかにオルソンが濃厚なのでは?

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      そうかもしれませんね。ローリングスのGGは数字で割り切ろうとするウィルソンのDefinsive Award とよりも主観印象の要素があるので優勝チームということでグリエルかも?と思い記しました。おっしゃるとおり、ア・リーグでは数字はオルソンだと思います。そういう評価のもと投票されれば良いと思います。
      コメントありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    守備表彰には特色や傾向があるのですね。
    勉強してみて予想を楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました