【MLB2019】ゴールドグラブ賞ファイナリストの発表

良いなと思ったらシェアお願いします

2019 GG賞 ファイナリスト

 現地2019年10月24日、ワールドシリーズの移動日でもありましたが、MLBは2019年のゴールドグラブ賞(ローリングス社)のファイナリストを発表しました。

 では早速、リストを見ていきたいと思います。

ア・リーグ

投手

  • ホセ・ベリオス(MIN)
  • マイク・リーク(SEA)
  • ルーカス・ジオリト(CWS)

 マイク・リークは現在ARIですが、シーズン中のSEA在籍の方が長かったためSEAで入っています。

捕手

  • ダニー・ジャンセン(TOR)
  • クリスチャン・バスケス(BOS)
  • ロベルト・ペレス(CLE)

 両リーグ通じでDefensive WAR NO.1はロベルト・ペレスの2.6。実はダイヤモンドバックスのSS、ニック・アーメッド、ナショナルズのCF、ビクター・ロブレスも2.6です。捕手に関してはロベルト・ペレスで決まりかなとは思っています。

1B

  • ユリ・グリエル(HOU)
  • マット・オルソン(OAK)
  • ジャスティン・スモーク(TOR)

 ア・リーグの1Bでなら安定性で行くとNYYのD.J.ルメイヒューと思いましたがルメイヒューは2Bでの登録。ユリ・グリエルが堅いかななどと考えています。

2B

  • ホセ・アルトゥーベ(HOU)
  • D. J. ルメイヒュー(NYY)
  • ヨルマー・サンチェス(CWS)

 ヨルマー・サンチェスは非常にクリエイティブ。ルメイヒューとなると2年連続です。

3B

  • アレックス・ブレグマン(HOU)
  • デービッド・フレッチャー(LAA)
  • マット・チャップマン(OAK)

 エンゼルスのフレッチャーが入ったのは良いですね。非常にクリエイティブな守備だったと思います。アレックス・ブレグマンの線が強いかななどと考えています。

SS

  • マーカス・セミエン(OAK)
  • アンドレルトン・シモンズ(LAA)
  • フランシスコ・リンドール(CLE)

 レッドソックスのザンダー・ボガーツが入っていなかったのは残念です。エラーの数を調べるとボガーツは13。これはナ・リーグのニック・アーメッドと同じ数なんですが、漏れました。

 セミエンのエラーは12。ホワイトソックスのティム・アンダーソンはエラーが26でSSの中ではトップ。ツインズのホルヘ・ポランコはSSで2位の22個のエラーを記録してため漏れたと思います。

LF

  • ロビー・グロスマン(OAK)
  • アレックス・ゴードン(KCR)
  • アンドリュー・ベニンテンディ(BOS)

 これはベニーに獲ってもらいたいですが、エラー数を見るとグロスマンが0!ゴードンが1、ベニンテンディが2です。

CF

  • ケビン・キアマイアー(TBR)
  • マイク・トラウト(LAA)
  • ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア(BOS)

 ラモン・ロレアーノは今季123試合にとどまったのと、エラーが7でCFで最多だったのがノミネートを外れた原因かもしれません。

現地2019年4月21日、ラモン・ロレアーノがまた豪快なプレーを見せてくれました。HR強奪は序章に過ぎなかった!

 久々にキアマイアーが入りました。ここは好守連発のJBJに獲ってもらいたいと思っていますが・・・。

レッドソックスのジャッキー・ブラッドリー・ジュニアが歴史に残るリーピング・キャッチを披露しています!

RF

  • コール・カルフーン(LAA)
  • ムーキー・ベッツ(BOS)
  • ジョシュ・レディック(HOU)
ゴールドグラブ賞決定 現地2018年11月4日、ローリングス ゴールド・グラブ賞の受賞者が発表されました。この賞、公式などでは今年か...

ナ・リーグ

投手

  • ジャック・フラハーティ(STL)
  • ザック・グレインキ(ARI)
  • アーロン・ノラ(PHI)

 ザックはマイク・リーク同様、トレードデッドライン前のARI在籍の方がながかったのでHOUではなくARIで入っています。ザックはベースカバーや投手前のゴロの処理など本当に素晴らしいです。

捕手

  • オースティン・ヘッジス(SDP)
  • ヤディアー・モリーナ(STL)
  • J.T.リアルミュート(PHI)

 パスボールはヘッジスが2、モリーナが4、リアルミュートが8。CS%はヘッジスが33%、モリーナが27%、リアルミュートが47%。リアルミュートは133試合とこの3人の中では最多出場です。

1B

  • クリスチャン・ウォーカー(ARI)
  • ポール・ゴールドシュミット(STL)
  • アンソニー・リッゾ(CHC)

 ゴールディも安定していますね。前年はフリーマンとリッゾの二人の受賞でした。

2B

  • オジー・アルビーズ(ATL)
  • コルテン・ウォン(STL)
  • アダム・フレイジャー(PIT)

3B

  • ノーラン・アレナド(COL)
  • アンソニー・レンドン(WSH)
  • ジョシュ・ドナルドソン(ATL)

 ここは難しいですね。アレナドなら7年連続となります。レンドンに獲ってもらいたいですね。

SS

  • ポール・デヨング(STL)
  • トレバー・ストーリー(COL)
  • ニック・アーメッド(ARI)

 今季は146試合に出場したレッズのホセ・イグレシアスは入れてもらいたかったです。残念。

LF

  • フアン・ソト(WSH)
  • デービッド・ペラルタ(ARI)
  • ハンター・レンフロー(SDP)

CF

  • ビクター・ロブレス(WSH)
  • ロレンゾ・ケイン(MIL)
  • ハリソン・ベイダー(STL)

 ロブレスの俊足は素晴らしいですが、美技連発のロレンゾ・ケインで決まりだと思います。

RF

  • ブライス・ハーパー(PHI)
  • ジェイソン・ヘイワード(CHC)
  • コディー・ベリンジャー(LAD)

 1BもCFもこなすベリンジャーには賞を獲ってもらいたいと思います。

 ユーティリティ・プレーヤーにも与えたいところです。彼らは複数のグラブも使いこなしますし、まさしくローリングスにはうってつけかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!

コメント

  1. 匿名 より:

    ア・リーグ1Bは明らかにオルソンが濃厚なのでは?

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      そうかもしれませんね。ローリングスのGGは数字で割り切ろうとするウィルソンのDefinsive Award とよりも主観印象の要素があるので優勝チームということでグリエルかも?と思い記しました。おっしゃるとおり、ア・リーグでは数字はオルソンだと思います。そういう評価のもと投票されれば良いと思います。
      コメントありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    守備表彰には特色や傾向があるのですね。
    勉強してみて予想を楽しみたいと思います!