スポンサーリンク

【MLB移籍2022】レッズがウェイド・マイリーをカブスに渡してしまった事情

カブスがウェイド・マイリーをウェーバーで獲得

 現地2021年11月6日、ちょっと首をかしげてしまうディールがありました。シンシナティ・レッズの左腕、ウェイド・マイリーがウェーバーにかけられ、カブスがクレームオフしてしまったというディールです。

ノーヒッターも成し遂げたウェイド・マイリー

 ウェイド・マイリーは2021年、ノーヒッターも成し遂げた左腕なのはご承知の通りです。

 今季はコンバインド(複数人のリレー)も含め9度のノーヒット・ノーランが誕生しましたが、ウェイド・マイリーのノーヒット・ノーランは4度目の達成でした。

 2022シーズンで35才のシーズンとなるウェイド・マイリーは、2021シーズン後半に10Day ILの延長を繰り返し、出場機会が減りましたが、それでも28スタート、163.0イニングを投げ、12勝7敗、ERA 3.37をマーク。Baseball referenceのWARでは6.0というすごい数字を上げました。なお、FanGraphsのWARは2.9とかなり開きがあります。

ウェイド・マイリーの契約

 そのウェイド・マイリーの契約ですが、このような内容です。

  • 2 年/$15M (2020-21)+2022 $10MクラブOpt($1Mバイアウト)

 2022年が$10Mのクラブオプションで、もし行使されれば残留となり2022年のサラリーは$10M。そしてレッズがオプションを行使しなければ、$1Mのバイアウトでウェイド・マイリーに$1Mが入り、FAとなるという契約。

マイリーをウェーバーにかけたレッズ

 ところが、レッズはウェイド・マイリーをウェーバーにかけ、あろうことか、地区ライバルのカブスにクレームオフ(獲得)されてしまったのです。

レッズがマイリーをウェーバーにかけた理由

 通常、上記の契約で来季のオプションを行使しないのであれば、バイアウトとなってレッズが$1Mを支払い、FAになるというのがその流れ。

 しかし、そうとならずにウェーバーでクレームオフされたことでマイリーにバイアウトの$1Mが支払われないことに選手会からクレームがくるのではないか?と思われました。その点に関してはどうやらセーフらしく、レッズはややテクニカルな手法でレッズがそれを回避しました。

 レッズが採用したウェーバーの種類としては、Irrevocable Outright Waiversという種類かと思います(これは、公式にそのような発表ではないので、事実関係からそのように推測するしかありません)。

 というのも、2022年1月でMLSが10.025となる予定のウェイド・マイリーなら、すでにアウト・オブ・オプションでマイナー・オプションを使い切っていると考えるのが通常。よって、このウェーバーで打診したと思われます。

GMニック・クラルの見解

 なぜ、ウェイド・マイリーをウェーバーにかけたかという点ですが、レッズのニック・クラルGMの見解として、どうやらウェイド・マイリーに関して数週間前からトレードの打診をしていたとのこと。

 ところが、そのオファーに対してまるで引きがなかったようです。一応、クラルGMとしては、12勝左腕を出す代わりに、プロスペクトをゲットしようという試みだけはしていたことは伺えます。

最大の理由は、バイアウトのMの削減

 2022シーズンのオプションの行使のデッドラインが迫る中、サラリー削減のミッションを帯びているクラルGMとしては、なんとかオプション拒否とする前にトレードを成立させたかった。バイアウトとなれば、何もせずに$1Mを支出するだけになりますから。

 よって、トレードの打診という意味を込めてウェーバーにかけたということのようです。

 最大の理由はサラリー削減ではあるのですが、ことこのディールに関してはバイアウトの$1Mを削減したかった。そういうことのようです。

カブスがオプションを行使する予定

 レッズのメリットしては、$1Mのバイアウトを削減出来たこと。ただ、それにより地区ライバルにローテーション左腕を供給してしまったということになりました。

 ウェーバーでクレームオフしたカブスはマイリーの2022年の$10Mのオプションを行使することになります。

 カブス・ファンとしては、有能な左腕が入り、万々歳ということに。

皮算用もあり

 なお、トレードが不発に終わりプロスペクトが入ることもなくなり、ライバルにほぼいい価格でローテーション投手を手渡したこのディールですが、クラルGMとしては見込みがあったためそのように踏み切ったディールだったようです。

 その見込とは、トップ・プロスペクト3名の台頭。

  • リーバー・サンマルティン(Reiver Sanmartin)
  • ハンター・グリーン(Hunter Greene)
  • ニック・ロードロ(Nick Lodolo)

 リーバー・サンマルティンは2021年にデビュー済みの25才の左腕。2試合に先発し、11.2イニングで2勝0敗、ERA 1.54をマーク。

 ハンター・グリーンはご存じの通り、100mph右腕ですね。

 そしてニック・ロードロは2019年のアマチュア・ドラフト、レッズ1巡目指名の左腕。

 どうやらこの3名が控えているので、割と大風呂敷なディールをやってしまったようです。

リビルドのレッズ

 今オフ、レッズはすでに主要プレーヤー3名を失いました。ウェイド・マイリー、タッカー・バーンハート、そしてオプトアウトとなったニック・カステヤーノスです。

 レッズ・ファンは泣くに泣けない状況となっていますが、サラリー削減は引き続き、行われるようです。厳しいオフですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました