スポンサーリンク

【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!

レッドソックス

レッドソックス、ライバル対決でようやく勝利

 現地2021年6月4日(金)から今季初のライバル対決、レッドソックス@ヤンキース戦がスタート。過去2年間はライバルと呼べる対戦成績ではなかったこの対決ですが、嫌な流れを断ち切ったのは、この日先発マウンドに上がったネイサン・イオバルディと先制3ランを放ったラファエル・デバースでした。

過去2年の対戦の振り返り

 では両軍の過去2年の対戦成績を振り返ってみましょう。ご覧のような対戦成績でした。

2020シーズン

 2020シーズンは変則スケジュールで、両軍の対戦は全てヤンキー・スタジアムでの開催でした。2020年はご覧の通り、ヤンキースの7戦7勝。

DateTmOppW/LRRA
Monday, Aug 17BOS@NYYL36
Sunday, Aug 16BOS@NYYL24
Saturday, Aug 15BOS@NYYL511
Friday, Aug 14BOS@NYYL310
Sunday, Aug 2BOS@NYYL79
Saturday, Aug 1BOS@NYYL25
Friday, Jul 31BOS@NYYL15

2019シーズン

 2019年は前年のワールドシリーズ制覇から一転、シーズンスタートで先発ローテーションが崩れたレッドソックス。もう頼りはエドゥアルド・ロドリゲスのみという状況であったため、ご覧の成績でした。派手に打ち勝つしかなかったという成績。

DateTmOppW/LRRA
Tuesday, Apr 16BOS@NYYL08
Wednesday, Apr 17BOS@NYYL35
Friday, May 31BOS@NYYL14
Saturday, Jun 1BOS@NYYL35
Sunday, Jun 2BOS@NYYW85
Saturday, Jun 29BOSNYYL1317
Sunday, Jun 30BOSNYYL812
Thursday, Jul 25BOSNYYW193
Friday, Jul 26BOSNYYW105
Saturday, Jul 27BOSNYYW95
Sunday, Jul 28BOSNYYL69
Friday, Aug 2BOS@NYYL24
Saturday, Aug 3 (1)BOS@NYYL29
Saturday, Aug 3 (2)BOS@NYYL46
Sunday, Aug 4BOS@NYYL47
Friday, Sep 6BOSNYYW61
Saturday, Sep 7BOSNYYL15
Sunday, Sep 8BOSNYYL510
Monday, Sep 9BOSNYYL05

直近16戦では1勝15敗

 いかにレッドソックスが負けていたかというデータになってしまうのですが、ご覧のようなまとめに。

  • 2020年はレッドソックスの勝ち星なし
  • 直近16戦でレッドソックスは1勝15敗(2019年7月28日から2020年終了まで)
  • ヤンキースタジアムでは2年越しで11連敗(2019年8月2日から2020年終了まで)
  • 2シーズンで26試合でレッドソックスの5勝21敗

デバースが技ありのHR

 2021シーズン、初戦のゲームですが、先発はレッドソックスがネイサン・イオバルディ、ヤンキースがマイケル・キングでした。

NYY先発のマイケル・キングとは

 非常にオーソドックスなお名前のマイケル・キングですが、1995年5月25日生まれの26才の右腕。ドラフトは2016年のマーリンズ12巡目指名。地元はボストンでボストン・カレッジの出身でもあります。

 ドラフト・イヤーの2017年11月にトレードでヤンキースへ。1Bのギャレット・クーパーと左腕のカレブ・スミスとのトレードで、インターナショナル・ボーナス・スロットとともにヤンキースへ移籍したのでした。ギャレット・クーバーは今もマーリンズです。カレブ・スミスは現在はDバックス。

 2019年、ヤンキースでデビュー。この年は2イニングだけ。

 2020シーズンは9試合中、4試合に先発し、1勝2敗、ERA7.76。

 2021シーズンはここまで8試合に登板し、うち1試合が先発。直近のデトロイト戦がそうです。ヤンキースがデトロイトにスイープされたシリーズです。0勝2敗で、ERA 2.86。

 ファストボールはLow-90mphというところですが、カット・ボール、スライダー、シンカーなど横に動くボールで勝負する投手で、きれいなフォームで投げます。

 レッドソックスは初回、マイケル・キングの立ち上がりを攻め、アレックス・ベルドゥーゴとザンダー・ボガーツがシングルで出塁。2アウト1、2塁でラファエル・デバースが打席に。

 デバースは2球で追い込まれてしまいますが、3球目、インハイに来た4シームをうまく腕を抜いてちょうど腕が伸びるところでボールを捉え、これがRFへのHRに。420フィート、130.76mを計測する豪快な一発でした。このHRでレッドソックスが初回に3点を先制。いい滑り出しでした。

レッドソックス、6回にも追加点

 レッドソックスは6回表に、ボガーツとレンフローを塁に置いて、マーウィン・ゴンザレスがLF線に二塁打を放ち、さらに2点を追加。中盤で5−0とリード。

イオバルディ、6回2失点

 レッドソックス先発のネイサン・イオバルディですが、この日はナスティー・ネイト。今季は100mphを計測はしないものの、決めに行くボールは98mphほどを計測し、むしろ100mphを投げていた時よりも速く見える投球です。

 この日は、ジャイアンツのジョニー・クエトのように足を上げずにすり足でタイミングをずらしたりと、いろいろと工夫をしていました。

 6回にアーロン・ジャッジに独特のRF打ちのHRを打たれたのと、ランナーが溜まった状況でこの日、1Bに入っていた名手のマーウィン・ゴンザレスが1、2塁間の当たりをファンブルし、1Bへスローイングエラーをするなどして2失点を計上しましたが、危なげない投球でした。

澤村、3者連続を含む5奪三振

 イオバルディ降板後、二番手で7回のマウンドに上がったのは澤村投手。澤村投手は、ゲイリー・サンチェス、ブレッド・ガードナー、D.J. ルメイヒューを三者連続三振に打ち取る好投。

 また8回にもマウンドに上がり、アーロン・ジャッジ、ジオ・アーシェラを三振に打ち取り、この日は5奪三振。4シームは97.3mphをマークしています。ナイス・ピッチングでした。

 9回はマット・バーンズが3者連続三振に仕留め、相変わらずのナスティーぶりを披露。レッドソックスがようやく敵地ヤンキー・スタジアムで勝利したというゲームでした。

 現地5日のGame2はE・ロッドとジェイムソン・タイヨンの投げあいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました