スポンサーリンク

【MLB2023】レッドソックス、接戦をものにし、ヤンキースを今季2度めのスウィープ!

実はヒヤヒヤだった3戦目

 現地2023年8月21日、レッドソックスはブロンクスでヤンキースとのシリーズ・ファイナルを行いました。

 このゲームでレッドソックスはオープナーを使用。ブルペンのジョシュ・ウィンコウスキーが先発し、ロングリリーフに安定しているニック・ピベッタが後を継ぐというプランでしたが、果たしてライバル相手にどうなるのか?というのがポイントでした。

6回まで2人でゲームメイク

 レッドソックスは1回表にラファエル・デバースの今季29号で先制。ヤンキースは3回裏にカイル・ヒガシオカが右中間スタンドにソロHRを放ち、1-1の同点。

 このオープナーは結果的には成功。ウィンコウスキーは1イニングを1BBのみの出塁に抑え、ニック・ピベッタは、2回から5回までは1失点で乗り切りました。

 互いに動いのは6回。レッドソックスはデバースのシングルをきっかけにジャスティン・ターナーが四球で出塁。ここで打席には吉田選手が入ります。

 吉田選手が放った打球は2Bゴロ。お誂えむきのダブルプレーになりかけたのですが、2Bのグレイバー・トーレスの送球がSSのアンソニー・ボルピーの体勢が崩れるようなコースとなり、これでバランスを失ったボルピーが1塁へ悪送球。

 これをラファエル・デバースが2塁から激走し、レッドソックスが2-1と勝ち越します。その後、デュランもシングルでつなぎますが、ストーリーが見逃し三振に倒れて1得点のみ。なお、ストライク判定に不満だったストーリーをかばうため、アレックス・コーラ監督が退場処分となりました。

 そして6回裏、2連続三振を奪っていたビベッタでしたが、グレイバー・トーレスに左中間スタンドにソロHRを許し、2-2のタイスコアに。

7回にともに3得点

 7回表、レッドソックスは2アウト2塁でラファエル・デバースが敬遠四球。

 しかし、レッドソックスにはジャスティン・ターナーがおりました。ターナーは、マイケル・キングの初球のスウィーパーを捉え、左中間に3ランHR!レッドソックスが5-2と勝ち越します。

 7回裏、レッドソックスのマウンドにはジョン・シュライバー。セットアップでゲーム終盤に向けてしっかりと締めたいところでしたが、この日のシュライバーは、コマンドが悪く、ノーアウトランナー1、2塁のピンチを迎えます。ここでバッターはアンソニー・ボルピー。その初球、ど真ん中に投じられた4シームをボルピーが右中間スタンドに弾き返して、これが3ランHRとなり、ヤンキースが一気に5-5の同点に持ち込みます。

 その後、四球で出たカイル・ヒガシオカを1塁に置いて、アーロン・ジャッジに打席が回りましたが、ここはシュライバーが踏ん張ってジャッジを三振に。このイニングは3失点のみで乗り切りました。

8回裏を守り抜く 

 非常に危なかったのは8回裏のこと。投手はクリス・マーティンにスイッチ。マーティンは先頭のアイザイア・カイナー=ファレファにシングルを打たれ、勝ち越しのランナーを許します。

 ベイダー、マッキニーと打ち取ったマーティンは2アウト1塁でアンソニー・ボルピーを迎えます。2球目、スプリッターを投じるタイミングでヤンキースはスチールを敢行。これをボルピーがLF前に弾き返し、ヒットエンドランの形に。LFのレフスナイダーがスリップしたのを見て、IKFは一気に本塁へ突入。これをストーリーがカットに入りホームに返球。タイミングはアウトでしたが、判定はセーフに。

 レッドソックスはこれにチャレンジをかけ、一旦はアウトに。ところがこの後、ヤンキースがコナー・ウォンがホームベースを塞いだとしてチャレンジをかけます。ちょうど送球が走路を塞ぐところに来たため難しい判定となりましたが、VTRの結果、ウォンが走路を塞いだことにはならず、判定はアウトに。

 ここは危ないところでした。ここで勝ち越されていれば、この日は難しかったかもしれません。

JTが勝ち越し打 

 9回表、ヤンキースはクレイ・ホームズを投入。レッドソックスはイニング先頭のパブロ・レイエスが初球を叩いてCF前シングルで出塁。 

 レイエスは2盗も決めてチャンス拡大。つづくベルドゥーゴも四球で出て、ノーアウト1、2塁でデバースに打席が回ります。絶好の場面でしたが、デバースは3Bゴロで危うくダブルプレーに、しかしアウトは1つのみ。

 そして1アウト1、3塁でジャスティン・ターナーが打席に。ターナーも勝負が早かったです。2球目、アウトローへの変化球に対応したターナーはこれをRF線に弾き返し、パブロ・レイエスが生還。6-5と勝ち越しに成功します。

ジャンセン、ヒヤヒヤのクロージング

 9回裏、マウンドにケンリー・ジャンセンが上がりました。ジャンセンは先頭のグレッグ・アレンにRFへ二塁打を打たれて、いきなりの同点のランナーを出してしまいます。

 つづくDJ・ルメイヒューにはデッドボールでサヨナラのランナーも。ノーアウト1、2塁でアーロン・ジャッジという最悪の場面を迎えましたが、ここをジャンセンが踏ん張ってジャッジを三振に取り、まずは1アウト。

 ジャンセンはつづくグレイバー・トーレスからも三振を奪いあとアウト1つ。

 打席には捕手で途中出場のベン・ロートベットが入ります。4球目、シンカーをうまく叩いたロートベットの打球は、右中間のブルペン方向へ。サヨナラHRを打たれたと思いましたが、CFのアダム・デュバルの足がウォーニング・トラックで止まり、CFフライに。

 最後は粘られてヒヤヒヤでしたが、レッドソックスが接戦をものにし、6-5で勝ちました。これでレッドソックスは今季2度めのヤンキース・スウィープです。

MLB Gameday: Red Sox 6, Yankees 5 Final Score (08/20/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ALWC レース

 この勝利で65勝58敗としたレッドソックス。WCレースはご覧の状況となりました。

WCTeamWLW%
1TB7551.595
2HOU7055.560
3SEA6955.556
現地2023年8月20日終了時点のALワイルドカード3枠

WCTeamWLW%GB vs SEA
4TOR6956.5520.5
5BOS6658.5323.0
6LAA6164,4888.5
7NYY6064.4849.0
現地2023年8月20日終了時点のALワイルドカード3枠を狙うクラブの成績

まずは勝率でブルージェイズと並びたいところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
タイトルとURLをコピーしました