スポンサーリンク

レッドソックス、再びヤンキースをスイープ!G・コールから3HR

今季2度目のシリーズもスイープ

 現地2021年6月27日、ヤンキース@レッドソックスのGame3が行われ、レッドソックスが9-2で完勝。序盤3イニングで6点を奪い、早期に勝負を決めました。

 今季2度めのライバル対決もレッドソックスがスイープ。過去2年の埋め合わせをするような戦い方になっています。

【Gm3】キケ、デバース、JDがHR

 Game3はヤンキースがゲリット・コール。レッドソックスがエドゥアルド・ロドリゲスという顔合わせ。

 レッドソックスは初回から打線が活発。リードオフに入ったキケ・ヘルナンデスが、ゲリット・コールのこの日の最初の投球をLFへラインドライブのHR。

 さらに、シングルで出塁したアレックス・ベルドゥーゴ、四球で出塁したJ.D.マルチネスを塁に置いて、ラファエル・デバースが右中間へ3ランHR。レッドソックスが初回に一気に4点を奪いました。

 また3回裏にはイニング先頭のJ.D.マルチネスがCFへソロHRを放ち、5-0。1アウト後、クリスチャン・バスケスが犠牲フライを放ち、6-0。

 ゲリット・コールは5イニングまで投げましたが、この日は被安打8、失点6、自責点5、四球2、奪三振6 、被本塁打3というきびしい内容でした。

 ゲリット・コールは6月に入り、ERAが4.65。粘着剤のチェック開始から2回登板しましたが、いずれもチームは敗れております。ヤンキースが乗り切れない要因の一つになっています。

 この日、6イニングまで投げたエドゥアルド・ロドリゲスは6回表にアーロン・ジャッジに2ランHRを浴びるも、この日はこの2失点のみでした。レッドソックスは、ダーウィンゾン・ヘルナンデス、ギャレット・ウィットロックとつなぎ、ヤックセル・リオスとつなぎ、9-2で勝利しました。

 では少し、3連戦を振り返ってみます。

【Gm1】ペドロイアのセレモニー

 現地2021年6月25日に行われたGame1ではヤンキースがドミンゴ・ヘルマン、レッドソックスがマーティン・ペレスが先発。

 ゲームに先立って、ダスティン・ペドロイアの引退セレモニーが行われました。

ハンター・レンフローが攻守に活躍

 Game1は好ゲームでした。初回、リードオフに入ったマイケル・チャビスがシングルで出塁。チャビスはファイターなので、彼が活躍すると本当に頼もしいです。それをきっかけに、ザンダー・ボガーツと、ハンター・レンフローの2本の二塁打でレッドソックスが3点を先制。

 一方、ヤンキースも2回表、押出四球とD.J.ルメイヒューのタイムリーなどで3得点。序盤にゲームタイとなるスリリングな展開に。

 レッドソックスは3回裏、ハンター・レンフローの犠牲フライで1点を勝ち越し、4−3のスコアに。

 素晴らしかったのは4回表。ヤンキースは先頭のジオ・アーシェラが2塁打で出塁。つづく、ミゲル・アンドゥハーはRFへシングルを放ち、1点かと思われましたが、そこをRFのハンター・レンフローがホームへナイス送球。レッドソックスはこれで1点をセーブし、この回を無得点としました。

 レッドソックスは澤村投手が4回途中から登板。6回と7回の2イニングはギャレット・ウィットロックが、さらに8回からはアダム・オッタビーノ、9回はマット・バーンズ。それぞれが無失点でリレー。

 8回にも1点を追加したレッドソックスが5-3とまずはGame1をゲットしました。

【Gm2】イオバルディが8イニングまで登板

 Game1同様に見応えのあったのがGame2。ヤンキースがジョーダン・モンゴメリー、レッドソックスがネイサン・イオバルディが先発。

 ともに安打を打たれながらも要所を締めてきた両先発でしたが、レッドソックスは2回裏に2つの犠牲フライで2得点。

 3回裏にはハンター・レンフローのシングルで3点目。

 ネイサン・イオバルディは7イニングまで無失点。そしてそれに報いるかのように、7回裏にボガーツの犠牲フライが出て4-0のスコアに。

 そして8回もマウンドに上がったネイサン・イオバルディ。しかし、D.J.ルメイヒューに一発を浴び、惜しくもシャットアウトとはいきませんでした。

 なお、8回2アウトからイオバルディを救援した澤村投手でしたが、この日は最後の1球が決まらず、1アウトをとれずに3四球で降板。

 しかし、アダム・オッタビーノが澤村投手の3四球をキャンセルし、見事に火消ししました。

 9回表、アダム・オッタビーノが1点を奪われますが、最後はマット・バーンズを出すことなく、華麗なダブルプレーでゲームを締め、4-2のスコアでレッドソックスが勝利したのでした。

追記:レッドソックス4連勝 

 現地2021年6月28日、レッドソックスはロイヤルズとのシリーズ。レッドソックス先発のギャレット・リチャーズが序盤2イニングで5失点を喫するも、4回裏にはレッドソックスが5-5のタイスコアに。

 6回裏、ハンター・レンフローがHRを放ち、6-5と勝ち越しに成功。

 その後は澤村投手、ジョシュ・テイラー、マット・バーンズが無失点リレーを披露し、6-5で勝利。

 レッドソックスはこの勝利で48勝31敗とし、単独首位で2位レイズに1.0ゲームをつけています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました