スポンサーリンク

レッドソックス、再びヤンキースをスイープ!G・コールから3HR

レッドソックス

今季2度目のシリーズもスイープ

 現地2021年6月27日、ヤンキース@レッドソックスのGame3が行われ、レッドソックスが9-2で完勝。序盤3イニングで6点を奪い、早期に勝負を決めました。

 今季2度めのライバル対決もレッドソックスがスイープ。過去2年の埋め合わせをするような戦い方になっています。

【Gm3】キケ、デバース、JDがHR

 Game3はヤンキースがゲリット・コール。レッドソックスがエドゥアルド・ロドリゲスという顔合わせ。

 レッドソックスは初回から打線が活発。リードオフに入ったキケ・ヘルナンデスが、ゲリット・コールのこの日の最初の投球をLFへラインドライブのHR。

 さらに、シングルで出塁したアレックス・ベルドゥーゴ、四球で出塁したJ.D.マルチネスを塁に置いて、ラファエル・デバースが右中間へ3ランHR。レッドソックスが初回に一気に4点を奪いました。

 また3回裏にはイニング先頭のJ.D.マルチネスがCFへソロHRを放ち、5-0。1アウト後、クリスチャン・バスケスが犠牲フライを放ち、6-0。

 ゲリット・コールは5イニングまで投げましたが、この日は被安打8、失点6、自責点5、四球2、奪三振6 、被本塁打3というきびしい内容でした。

 ゲリット・コールは6月に入り、ERAが4.65。粘着剤のチェック開始から2回登板しましたが、いずれもチームは敗れております。ヤンキースが乗り切れない要因の一つになっています。

 この日、6イニングまで投げたエドゥアルド・ロドリゲスは6回表にアーロン・ジャッジに2ランHRを浴びるも、この日はこの2失点のみでした。レッドソックスは、ダーウィンゾン・ヘルナンデス、ギャレット・ウィットロックとつなぎ、ヤックセル・リオスとつなぎ、9-2で勝利しました。

 では少し、3連戦を振り返ってみます。

【Gm1】ペドロイアのセレモニー

 現地2021年6月25日に行われたGame1ではヤンキースがドミンゴ・ヘルマン、レッドソックスがマーティン・ペレスが先発。

 ゲームに先立って、ダスティン・ペドロイアの引退セレモニーが行われました。

ハンター・レンフローが攻守に活躍

 Game1は好ゲームでした。初回、リードオフに入ったマイケル・チャビスがシングルで出塁。チャビスはファイターなので、彼が活躍すると本当に頼もしいです。それをきっかけに、ザンダー・ボガーツと、ハンター・レンフローの2本の二塁打でレッドソックスが3点を先制。

 一方、ヤンキースも2回表、押出四球とD.J.ルメイヒューのタイムリーなどで3得点。序盤にゲームタイとなるスリリングな展開に。

 レッドソックスは3回裏、ハンター・レンフローの犠牲フライで1点を勝ち越し、4−3のスコアに。

 素晴らしかったのは4回表。ヤンキースは先頭のジオ・アーシェラが2塁打で出塁。つづく、ミゲル・アンドゥハーはRFへシングルを放ち、1点かと思われましたが、そこをRFのハンター・レンフローがホームへナイス送球。レッドソックスはこれで1点をセーブし、この回を無得点としました。

 レッドソックスは澤村投手が4回途中から登板。6回と7回の2イニングはギャレット・ウィットロックが、さらに8回からはアダム・オッタビーノ、9回はマット・バーンズ。それぞれが無失点でリレー。

 8回にも1点を追加したレッドソックスが5-3とまずはGame1をゲットしました。

【Gm2】イオバルディが8イニングまで登板

 Game1同様に見応えのあったのがGame2。ヤンキースがジョーダン・モンゴメリー、レッドソックスがネイサン・イオバルディが先発。

 ともに安打を打たれながらも要所を締めてきた両先発でしたが、レッドソックスは2回裏に2つの犠牲フライで2得点。

 3回裏にはハンター・レンフローのシングルで3点目。

 ネイサン・イオバルディは7イニングまで無失点。そしてそれに報いるかのように、7回裏にボガーツの犠牲フライが出て4-0のスコアに。

 そして8回もマウンドに上がったネイサン・イオバルディ。しかし、D.J.ルメイヒューに一発を浴び、惜しくもシャットアウトとはいきませんでした。

 なお、8回2アウトからイオバルディを救援した澤村投手でしたが、この日は最後の1球が決まらず、1アウトをとれずに3四球で降板。

 しかし、アダム・オッタビーノが澤村投手の3四球をキャンセルし、見事に火消ししました。

 9回表、アダム・オッタビーノが1点を奪われますが、最後はマット・バーンズを出すことなく、華麗なダブルプレーでゲームを締め、4-2のスコアでレッドソックスが勝利したのでした。

追記:レッドソックス4連勝 

 現地2021年6月28日、レッドソックスはロイヤルズとのシリーズ。レッドソックス先発のギャレット・リチャーズが序盤2イニングで5失点を喫するも、4回裏にはレッドソックスが5-5のタイスコアに。

 6回裏、ハンター・レンフローがHRを放ち、6-5と勝ち越しに成功。

 その後は澤村投手、ジョシュ・テイラー、マット・バーンズが無失点リレーを披露し、6-5で勝利。

 レッドソックスはこの勝利で48勝31敗とし、単独首位で2位レイズに1.0ゲームをつけています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました