スポンサーリンク

【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加

元BOS GMがオーナー企業に参加

 現地2024年2月2日、レッドソックスの元GMで、2020年11月にカブスのPOBO(President of Baseball Operations)を辞任したセオ・エプスタイン(Theo Epstein)がレッドソックスのオーナー企業であるフェンウェイ・スポーツ・グループ(Fenway Sports Group /以下FSG)に参加することが決まりました。

ポジション

 セオ・エプスタインが務めるのは、FSGの共同オーナー兼アドバイザーという立場。グループの少数株主となり、パートタイム(非常勤)の上級顧問としてFSGに入ることに。やることは運営と投資戦略についてのアドバイスの予定。

 大きく見た場合、レッドソックスの組織に復帰することになります。

FSGとは

 その前にレッドソックスの親会社であるフェンウェイ・スポーツ・グループ(Fenway Sports Group)について触れておきます。

 レッドソックス自体は1901年の創業ですが、経営母体であるFSGがが誕生したのは2001年のこと。

 そのFSGがレッドソックスのオーナー企業となったのは2002年。67年ケアしてきたヨーキー・トラスト(Yawkey Trust)から$700Mで買い取りました。この売却の時に、市からの予算もついて新球場のプロジェクトが動きそうになりました。

 ちなみに先日、オリオールズがデービッド・ルーベンシュタイン率いる新オーナーグループに買収された額は$1.725 Billion。約25年が経過し、従来型の放映権だけでなく、ストリーミング配信によるサブスクリプションが発生する権利などでMLBのクラブの価値がいかに上がったかを物語る数字でもあります。

傘下の組織

 そしてFSGはニューイングランド州のプロ・スポーツを筆頭に以下の組織のオーナーでもあります。

  • クラブ/スポーツ団体
    • ボストン・レッドソックス(MLB)
    • リバプールF.C.(英国プレミア・リーグ)
    • ピッツバーグ・ペンギンズ(NHL)
    • TGL ボストン(ゴルフ)
    • RFK Racing (50%)
    • ウースター・レッドソックス(AAA/ 10%)
    • セーラム・レッドソックス(クラスA)
  • 施設
    • フェンウェイ・パーク(レッドソックス・ホームスタジアム)
    • アンフィールド(Anfield/ リパプールのフットボール場)
    • フェンウェイ・サウス(フロリダのジェット・ブルー・パークなどレッドソックスのスプリング・トレーニング施設)
  • その他
    • NESN(New England Sports Network):メディア(80%)
    • フェンウェイ・スポーツ・マネジメント
    • MGMミュージック・ホール・フェンウェイ(フェンウェイでのコンサート)
    • リアル・エステート(不動産)
    • ミュージック

 このようにFSGはレッドソックスとフェンウェイ・パークを中心にプロスポーツを運営しています。2023年の年初には、このFSGがレッドソックスを売りに出すのではないか?との噂が立ちましたが、FSGは否定。このようなことがあるので、ファンはオーナーのジョン・ヘンリーを心から信じている訳ではありません。

セオ・エプスタインとは

 セオ・エプスタインについてはカブスのPOBOを辞任した時に詳しいキャリア・ログを記載しています。ご参照ください。

 簡単に記載すると、FSGがレッドソックスのオーナー企業になった2002年にMLB史上最年少GMとして28歳でGMロールに就任。

 2004年には86年ぶりにレッドソックスでWS制覇。「バンビーノの呪い」を解くことに貢献しました。その後、一度はGMロールから降りましたが、2006年に復帰。2007年の再びレッドソックスをWSチャンプに。レッドソックスでは2度WSを制覇したことになります。

 2012年からカブスのGMロールに就き、2016年にはカブスでWSを制覇。108年ぶりのことで、「ビリー・ゴートの呪い」を解いたとも言われました。

 2020年11月にカブスを退団後、MLBオフィスのコンサルタントに就き、試合をより興奮させるためのルール変更に取り組んできたと言われています。今回のレッドソックス組織への復帰でそれを辞任しています。

 なお、エプスタインはもともとFSGに出資するプライベート・エクイティ・グループであるArctos Partnersの運営パートナーでありましたが、それは引き続き継続するとのことです。

 なお、一旦MLBのフロントにいたこともあるので、今回のFSGへの参加はMLBの承認が必要です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました