スポンサーリンク

【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)

J・デュランの先頭打者HRから始まり、24安打

 トレバー・ストーリーと吉田選手の離脱で打撃プランが大きく変わってしまった今季のレッドソックス。昨年までは投手力が課題でしたが、今季は逆に投手陣におんぶに抱っこで、投手陣がゲームを作るも、打線が援護できない状況が続いていました。中心打者ラファエル・デバースの調子が上がってくるも、彼に相手投手陣の注意が集中。なかなか打線として機能しない試合が続いていて、ここまで勝率5割近辺を上下しているという状況です。しかし、現地2024年6月7日、その打線が容赦なくホワイトソックス投手陣に襲いかかりました。

 その口火を切ったのは、先頭打者のジャレン・デュランで、ホワイトソックス先発のジェイク・ウッドフォードから2球目のカットボールをRFスタンドに叩き込み、まずは1点。その後は中盤、終盤に関係なく、ホワイトソックス投手陣に安打を浴びせ続け、終わってみれば24安打、14得点と大勝しました。

24安打は今季MLB最多安打

 レッドソックス打線は途中出場のボビー・ダルベック、ジェイミー・ウェストブルックを含め全員安打を達成。ジャレン・デュランは5打数4安打、ロブ・レフスナイダーは6打数3安打、ドミニク・スミスは5打数3安打、セダン・ラファエラは6打数4安打を記録。6回で11点を奪う猛攻でした。

 シングル・ゲームで24安打は今季MLB最多。そしてレッドソックスが20安打以上を放ったのは今季2度目(しかし、打線が苦戦するゲームは多いのです)。

DateClubOppoScoreHits
6/7BOSCWS14-224
5/31MILCWS12-523
4/19ARI@SFG17-122
5/4OAKMIA20-421
4/27BOSCHC17-021
2024年のシングル・ゲームの安打数上位(現地2024年6月6日時点)

タナー・ハウクが5回までノーヒッター

 レッドソックス先発のタナー・ハウクは打線の援護がない登板が続いていましたが、この日は上述のように序盤から援護点をもらい、いい意味で力の抜けた投球を披露。スライダーもよく切れ、気づけば5回まで死球1のノーヒッター・ピッチング。6回表、先頭のレニン・ソーサにシングルを浴びて大記録達成はなりませんでした。

 それでもハウクは7イニングを93球でカバーし、被安打3、失点2、BB 0、HBP 1、SO 9、HR 1と素晴らしい投球を披露。シーズンERAは1.91となり、ALのERAランク2位です。

J・ウェストブルックがMLB初HR

 あとは打線のトピックとしては、ジェイミー・ウェストブルックが7回にMLB初HRを放ちました。ウェストブルックはマイナーリーグで10シーズン以上プレーした後、現地2024年6月2日に28才でメジャー・デビュー。誕生日が6月18日なのですぐに29才になります。デビュー後、6月5日のブレーブス戦でキャリア初安打を記録していました。

 ジェレミー・ウェストブルックは2013年のアマチュア・ドラフトのDバックスの5巡目指名でプロ入り。Dバックスには2019年まで在籍するも、AAA止まり。その後、独立リーグ、ブルワーズ、タイガース、ヤンキースのマイナーを経て、今季はレッドソックスとマイナー契約でサイン。メジャー傘下のマイナー・リーグでは1159試合に出場していました。苦労した選手が報われるのは嬉しいことですね。

MLB Gameday: Red Sox 14, White Sox 2 Final Score (06/06/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 今日はホワイトソックス先発のジェイク・ウッドフォードがカット中心で80mph後半の球速が多く、しかも甘いボールも多かっただけに捉えやすかったと思います。90mph後半のファストボールでもガンガン弾き返せるようになれば良いのですが。

ホワイトソックスは14連敗

 さて、ダメージが大きいのはホワイトソックスです。この敗戦で14連敗を喫し、フランチャイズ・ワーストの連敗記録に。そしてホーム8連敗、直近19試合で1勝18敗となりました。

 得失点差-152はダントツでワーストで、2位のロッキーズの-96を大きく離しています。

 シーズン成績は15勝48敗でMLBワースト。もうトレードデッドラインで主力の売りが噂されております。

ダニー・メンディック、イーファスで9回表を無失点

 ホワイトソックスでこの日、唯一の良いトピックというか、和んだトピックは大量リードで9回表に3Bのダニー・メンディックが登板。36mph(57km/h) のイーファスを駆使し、2安打を打たれながらも無失点に抑えました。

 これにはスタンドのファンも拍手喝采でした。

 ホワイトソックスはちょっと出口が見えづらい状況ですが、サイクルから言えば連敗ももうそろそろ終わるかもしれません。

追記:CWS、連敗は14でストップ

 翌現地2024年6月7日、ホワイトソックスはギャレット・クロシェが先発し、レッドソックス打線を抑え込みました。レッドソックスは先発のクーパー・クリスウェルが中盤に集中打を浴びて4回で3失点。この日はここから跳ね返すことが出来ず、7-2でホワイトソックスが勝利。連敗は14で止まりました。

MLB Gameday: Red Sox 2, White Sox 7 Final Score (06/07/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました