スポンサーリンク

【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!

レッドソックス

延長までもつれる好ゲームに

 現地2021年6月6日(日)、レッドソックス@ヤンキースの今季初のライバル対決のGame3が行われました。ともに負けられない戦いは、延長までもつれる好ゲームに。

 ここ2年の両軍の戦いはいかにヤンキースが勝っているかという状況が続いていました。下記の記事ではその厳しい勝敗のログをつけております、そんな中、Game1でようやくその悪いサイクルを断ち切ったレッドソックス。

Game2はダルベックの一発で勝利

 Game2においては、E・ロッドとジェイムソン・タイヨンがナイス・ゲームメイクを披露。ヤンキースが2点を先制していたところを、6回表にようやくボガーツとマーウィンのタイムリーで勝ち越し、3-2としたレッドソックス。しかし、勝ち越した直後の6回裏に四球をきっかけにグレイバー・トーレスの犠牲フライで追いつかれ、3-3に。

 迎えた7回表、デバースのシングルをきっかけに、キケとバスケスの連続タイムリーでチャド・グリーンを捕まえ、5-3とリード。最後はボビー・ダルベックの今季6号2ランが飛び出し、7-3で勝利しました。

Game3は延長10回、6-5

 現地2021年6月6日の3ゲームシリーズ最終日では、ギャレット・リチャーズとドミンゴ・ヘルマンが先発。6回2アウトまで3ヒッターと相手打線を封じていたのは、ドミンゴ・ヘルマンで、ギャレット・リチャーズは5回で被安打8で失点3となんとか、こらえたいたという状況で、6回を終了し、3-1でヤンキースがリード。

ルーカス・リトキーを捕まえる 

 7回表、レッドソックスは前のイニングから登板していた左腕のルーカス・リトキー(Lucas Luetge)を捕まえました。

 ハンター・レンフローが四球で出た後、マーウィン・ゴンザレスがLFスタンドへ2ランHRを放ち、3-3の同点に。

8回、ボガーツの犠牲フライで勝ち越すも 

 8回表、レッドソックスは先頭のクリスチャン・アローヨがRFへ二塁打。アレックス・ベルドゥーゴの放った2Bゴロの間に、クリスチャン・アローヨが3塁へ進塁。2アウト後、ザンダー・ボガーツが犠牲フライを放ち、ようやく4-3と勝ち越し。

 レッドソックスは8回裏のマウンドにジョシュ・テイラーを送りました。これは同点まで覚悟だと思ったのですが、ジョシュ・テイラーは2アウト後に迎えたジャンカルロ・スタントンを空振り三振に仕留め、抑えきりました。

9回裏にNYYが追いつく

 9回裏、レッドソックスは守護神のマット・バーンズをマウンドに。バーンズは1アウト後にアーロン・ジャッジに四球を与え、何やらまずい流れに。その直後、グレイバー・トーレスが二塁打を放ち、これでアーロン・ジャッジがホームインし、ヤンキースが土壇場で4-4のタイスコアに。

 満塁策を取ったレッドソックス。つづくルーグネッド・オドーアを迎え、マット・バーンズはフルカウントまで粘りましたが三振に。

 最後の投球はボールに見えましたが、審判のジャッジはストライク。

タイブレークで2得点

 10回表、レッドソックスは先頭のダルベックが四球で出塁。オートマチックランナーを入れてランナーが2人いる状況。

 2アウト後、ザンダー・ボガーツがCF前にタイムリーを放ち、レッドソックスが2点を勝ち越して、6-4に。

 10回裏、レッドソックスはフィリップ・バルデスをマウンドに。ヤンキースに1点は奪われましたが、なんとか6-5で逃げ切り、レッドソックスが勝利。スイープしました。

ヤンキース、かなり底

 試合巧者ぶりを発揮するのがヤンキースですが、このシリーズはやはり元気がありませんでした。

 特に打線の破壊力が今ひとつという状況です。ちょっと根深そうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました