スポンサーリンク

【MLB2019】ブレーブス、ロナルド・アクーニャ・Jr.と8年100Mドルで延長合意!

ブレーブス

アクーニャはFA前にハッピー

現地2019年4月2日、すでにニュースが駆け巡りましたが、後々のために記載させておいてください。

アトランタ・ブレーブスが、チームの顔、ロナルド・アクーニャ・Jrと契約延長に合意しました!

延長前(2019年3月5日)の契約内容

ロナルド・アクーニャ・Jr.とブレーブスは2019年3月5日に1年56万ドルで合意していました。

2018年にデビューしたロナルド・アクーニャ・Jr.は今年1月の時点でのMLSタイムはまだ0.159年。調停3年、FA6年の資格を満たす前はほぼこのような金額です。

Ronald Acuna Jr. Stats | Baseball-Reference.com
2020: 14 HR, .250 BA, 29 RBI,Career: 81 HR, .281 BA, 194 RBI, OF, 2018 NL RoY, AllStar, Braves 2018-2020, b:R/t:R, 1x R Leader, born in Venezuela. 1997

サイ・ヤング賞を獲得したブレーク・スネルも最終的には契約延長で年俸はアップしましたが、延長前の今シーズンの年俸提示は同じような金額。

クラブ側が活躍した選手のためにというよりは、FA資格を得る6年後の年俸高騰に備えているのと、長期契約を結ぶことでピークから少し下り坂に入る年齢の時にクラブを出て行ってもというそのような計算が働いている点があるのも事実です。

現在21才で12月が誕生月のロナルド・アクーニャ・Jr.の8年後というと、30才のシーズンということですね。

延長の内容

今回の延長契約の内容は2019年2026年までの8年間。その間に$100M(1億ドル)ということになります。

クラブオプションがついており、8年が過ぎたあとの2027年と2028年にそれぞれ$17M。

そして最初のクラブオプションが行使されなければ、$10Mのバイアウトが成立します。

【アクーニャのサラリー】

これは公表されている実払いの金額です。

  • 2019: $1M
  • 2020: $1M
  • 2021: $5M
  • 2022: $15M
  • 2023: $17M
  • 2024: $17M
  • 2025: $17M
  • 2026: $17M
  • 2027: $17M (クラブオプション or $10Mバイアウト)
  • 2028: $17M (クラブオプション)

2026年までの合計は$90Mですが、かりに2027年のクラブオプションが行使されなければ$10Mのバイアウトが入ってくるので、$90M+$10M=$100M

2つのクラブオプションが実行されれば、バイアウトの$10Mはなくなるので、$90M+$34MなのでMaxで10年$124Mという大型契約です。

贅沢税上の計算は$100Mを8年で割った均等割の$12.5Mです。

ブレーブス、いい決断だったと思います。

ダンスビー・スワンソンも延長してもらいたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました