【MLB移籍2017】マット・ウィータースがナショナルズと合意

こんにちは。

現地2017年2月21日、ナショナルズがオリオールズからFAとなっていたキャッチャーのマット・ウィータース(Matt Wieters)と合意に達した模様です。

まだ双方から正式なコメントが出ていませんが、報道では2年2100万ドルで合意した模様です。

2014年にTJ

マット・ウィータースは2014シーズン序盤に、肘の腱を断裂。そのままトミージョン手術を受けました。

しかし、2016シーズンには124試合に出場しましたから、フィジカルも通ると思われます。

マット・ウィータースは今年で31才のシーズンを迎えます。まだまだ若いですね。

ディフェンシブ・ハイライト

2011年、2012年の頃はメジャー最強のキャッチャーという称号を得ていました。

マット・ウィータースのキャリアスタッツ

打撃もさることながら、 凄いのが守備ですね。特にキャッチャーの見せ場でもある2Bへの送球は圧巻です。

ナショナルズは今オフに正捕手のウィルソン・ラモスをマーリンズレイズへ移籍させました。

キャッチャーが弱くなったところにマット・ウィータースの獲得ですから、これはいいご縁があったと考えてもいいのではないでしょうか?

また、あの剛球が見られそうです。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ラモスはマーリンズではなくレイズに移籍してます。

  2. Hirotee-1969 より:

    ご指摘ありがとうございます。自分で移籍記事を書いておきながら、ついついフロリダのくくりで確認せずに書いてしまいました。大変失礼致しました。記事内、訂正しております。懲りずにまたご訪問いただければ幸いです。