【MLB2017】カーショウが29才の若さで通算2,000Kを達成!

2017 06 03 CK

こんにちは。

Congratulations!

現地2017年6月2日、ブルワーズ戦に登板したドジャースのクレイトン・カーショウがキャリア通算2000奪三振を達成しました!

この日のカーショウは際立ってすごかったですね!7イニングを投げきり、被安打2、失点1、奪三振は14を数えました!

強打のブルワーズ打線が相手だったにもかかわらず、完全に手玉にとった形になりました。

さすがです。

極端に大きく曲がり、スピードを殺したカーブをウィニングショットとしてもっているのは強いですね。それだけでなく、日頃の鍛錬の賜物でしょうね。

本当に野球以外何も興味のない人のようです。

カーショウにもっとも三振を献上しているのは

ちなみにカーショウにもっとも三振を献上しているのは誰かといいますと(2017年6月2日現在)、対戦機会の多いジャイアンツのブランドン・ベルトです。27個も献上しています。やはり左バッターでした。

その次が同じく対戦機会の多いロッキーズのカルロス・ゴンザレス。三振は19個を数えます。やはり左バッターですね。

同じく19個で並んでいるのは現ツインズの右打者ドリュー・スタッブス。彼はゲームに出る限り三振が増えるタイプですので、あまり参考になりません。

もう少し名前を上げると、17個がハンター・ペンスとトロイ・トゥロウィツキー。バスター・ポージーが16個となります。

対戦機会の多いナ・リーグ西地区の選手、あるいはかつてそこに所属した選手が上位に名を連ねますが、1つ言えるのは対戦機会が増えようが、攻略のしようがない=ほぼ無敵状態というのが今のカーショウのMLB内での大きな存在感だと
言えるのではないでしょうか。

現役での2,000K達成者

ちなみに現役の投手で2,000K超えは、CCサバシア(2,779)、バートロ・コロン(2,401)、F・ヘルナンデス(2,286)、J・バーランダー(2,260)、J・ラッキー(2,205)、コール・ハメルズ(2,137)、ザック・グレインキ(2,113 )です。

そしてカーショウが続くのですが、この中で20代はカーショウだけ。2,000Kへいかに早い到達だったかがわかると思います。

MLB歴代奪三振数

MLB歴代1位の奪三振数はノーラン・ライアンの5,714です。ドジャース内では(複数の球団を経ていますが)、ドン・サットンの3,574。

まだ29才になったばかりのカーショウ。これからどれだけ記録を伸ばすのか、楽しみですね。

ゲームの方はドジャースが2-1で勝利しました。とてもいいゲームだったのです!

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク