スポンサーリンク

【MLBルール2019】ピッチ・クロックのシーズン導入は2022年までは見送りへ

MLB “The Pace-of-Play”

現地2019年2月27日、MLB機構側はMLBPA(選手会)に対して、今スプリングトレーニングから導入している投球間隔20秒のピッチクロックのレギュラーシーズンへの導入を少なくとも2022年までは見送ることを発表しました。

ピッチクロックは”The Pace-of-Play”、試合進行の時短策として導入を検討されたものですが、選手からはいろいろな声が上がりました。

特に投手からはクロックには異論

デービッド・プライス

例えば、デービッド・プライスからは「ピッチクロックでは有効な時短策とは言えない。むしろファウルボールの後だよ」といった論点を指摘する声がありました。

確かにファウルボールでの小さな分断は、それまでの20秒を無駄にしかねないほど一呼吸入るケースが多いと思います。

マックス・シャーザー

マックス・シャーザーは”Fundamentally against”、「基本的に、あるいは根本的に(ピッチクロックに)反対の立場を表明しています。

シャーザーが言うには、これを導入することで野球の構造を破壊しかねない、これはプレーヤーとして言えることなんだという趣旨のことを話しています。

Three-time Cy Young Award winner Max Scherzer said he is "fundamentally against" having a pitch clock in baseball, saying, "There's no clock in baseball for a r...
ジョン・レスター

もっと面白いのはジョン・レスターで、「導入しても野球は野球で、6-5のゲームなら3時間30分かかるし、2−1のゲームなら2時間50分で終わるよ。」

Count Cubs starter Jon Lester among those unimpressed by the use of a pitch clock, or openers, or bringing the DH to the National League.

そのほかにもスプリングトレーニングで「計測される中で」投げた選手の感想なども多数あります。

マインド・ゲームの魅力を破壊しかねない

選手たちの声を聞いていると時計というパラメーターでゲームを容赦なく区切ることで、野球の中の大きな魅力的な要素である「マインド・ゲーム」が破壊されることを危惧する声が多いように思います。

テンポアップしたり、スローダウンしたりすることが本来の野球のリズムで、時計を入れたところで時短にはつながらないという感じのようです。

その他のルールチェンジの導入状況

ピッチクロックの他にMLB側や選手会側から改善の提案がなされた事項の導入具合をまとめてみました。

MLBのルール・チェンジ提案2019 現地2019年2月6日、記者のケン・ローゼンタールさんの情報によりますと、MLB(...

現地2019年2月27日までの状況です。

現状提案内容2019導入施行/延期
クロックなし20秒ピッチクロックNO2022まで延期
1バッターでも可3バッターミニマムNO2020まで延期
現状25人枠ロスターを25人から26人へ
投手を13人に
NO2020まで延期
9回で6度まで
延長は1度/1回
マウンドビジット制限
5度/9イニングで
YES2020は4度に
ローカル:2:05
全米放送:2:35
(放送とも関連)
イニング間のインターバル
一律1:55に
STで試験未決
7/31Nonウェーバートレード期限
ASG休み前に
NO未決
無制限投手、野手、2-wayで登録
野手の登板は9回以降 or
7点差以上なら6回から可
NO未決
規定のサイズありマウンドを低くNO未決

おそらく3バッターミニマムは大きな反発

複数の選手からのピッチクロックの導入が野球を変えてしまうという発想からすれば、対左バッターのスペシャリスト登板を阻む3バッターミニマムの導入は相当反発をくらいそうですね。

現地2019年3月14日、MLBとMLBPA双方で合意した2019年施行の新ルールをまとめています。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク