スポンサーリンク

【MLBルール2019】ピッチ・クロックのシーズン導入は2022年までは見送りへ

MLB “The Pace-of-Play”

現地2019年2月27日、MLB機構側はMLBPA(選手会)に対して、今スプリングトレーニングから導入している投球間隔20秒のピッチクロックのレギュラーシーズンへの導入を少なくとも2022年までは見送ることを発表しました。

ピッチクロックは”The Pace-of-Play”、試合進行の時短策として導入を検討されたものですが、選手からはいろいろな声が上がりました。

特に投手からはクロックには異論

デービッド・プライス

例えば、デービッド・プライスからは「ピッチクロックでは有効な時短策とは言えない。むしろファウルボールの後だよ」といった論点を指摘する声がありました。

確かにファウルボールでの小さな分断は、それまでの20秒を無駄にしかねないほど一呼吸入るケースが多いと思います。

マックス・シャーザー

マックス・シャーザーは”Fundamentally against”、「基本的に、あるいは根本的に(ピッチクロックに)反対の立場を表明しています。

シャーザーが言うには、これを導入することで野球の構造を破壊しかねない、これはプレーヤーとして言えることなんだという趣旨のことを話しています。

Nats' Scherzer: Pitch clock hurts 'fabric of game'
Three-time Cy Young Award winner Max Scherzer said he is "fundamentally against" having a pitch clock in baseball, saying, "There's no clock in baseball for a r...
ジョン・レスター

もっと面白いのはジョン・レスターで、「導入しても野球は野球で、6-5のゲームなら3時間30分かかるし、2−1のゲームなら2時間50分で終わるよ。」

Lester on pitch clock: You can't change baseball
Count Cubs starter Jon Lester among those unimpressed by the use of a pitch clock, or openers, or bringing the DH to the National League.

そのほかにもスプリングトレーニングで「計測される中で」投げた選手の感想なども多数あります。

マインド・ゲームの魅力を破壊しかねない

選手たちの声を聞いていると時計というパラメーターでゲームを容赦なく区切ることで、野球の中の大きな魅力的な要素である「マインド・ゲーム」が破壊されることを危惧する声が多いように思います。

テンポアップしたり、スローダウンしたりすることが本来の野球のリズムで、時計を入れたところで時短にはつながらないという感じのようです。

その他のルールチェンジの導入状況

ピッチクロックの他にMLB側や選手会側から改善の提案がなされた事項の導入具合をまとめてみました。

現地2019年2月27日までの状況です。

現状提案内容2019導入施行/延期
クロックなし20秒ピッチクロックNO2022まで延期
1バッターでも可3バッターミニマムNO2020まで延期
現状25人枠ロスターを25人から26人へ
投手を13人に
NO2020まで延期
9回で6度まで
延長は1度/1回
マウンドビジット制限
5度/9イニングで
YES2020は4度に
ローカル:2:05
全米放送:2:35
(放送とも関連)
イニング間のインターバル
一律1:55に
STで試験未決
7/31Nonウェーバートレード期限
ASG休み前に
NO未決
無制限投手、野手、2-wayで登録
野手の登板は9回以降 or
7点差以上なら6回から可
NO未決
規定のサイズありマウンドを低くNO未決

おそらく3バッターミニマムは大きな反発

複数の選手からのピッチクロックの導入が野球を変えてしまうという発想からすれば、対左バッターのスペシャリスト登板を阻む3バッターミニマムの導入は相当反発をくらいそうですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました