スポンサーリンク

【MLB2020】ポストシーズンにバブル案浮上!テキサス、南カリフォルニアに集結か。

MLB制度

ハブ&スポークの「ハブ案」でも可

 現地2020年8月27日、ポストシーズンを1ヶ月後に控え、MLBではCOVID-19の感染拡大予防策にバブル案(Bubbles)を実行することを視野に入れて検討することとなりました。

要は当初の集約案

 筆者などはバブルと聞くと、「バブル経済」の「バブル」をついつい想起してしまい、「実態のない泡のような経済」とスポーツの開催がどうもうまくリンクしなかったのですが、実はそれで正解でした。

 どこが正解かというと、「泡」を想起して正解という意味で、要は一箇所から湧き出てくるという意味で「バブル」。

 MLBの2020年のレギュラーシーズン開催に際し、数多くの案が出されました。その中で、アリゾナ1箇所に集結という案やフロリダとテキサスに集結という案があったのを覚えておいででしょうか。

 今回のポストシーズン案はそれと同じ発想で、場所がテキサスと南カリフォルニアになっているということです。

遠征でのリスク回避

 ポストシーズンに参加する全クラブをテキサスか南カリフォルニアのどちらかに集約させるというのは遠征による感染拡大のリスクを減らすことが目的です。

 バブル案イコール、選手・コーチ・関係者の隔離案と言った方が実態を表しているとは思います。

 もっとピンと来る言葉を使うとするなら、「ハブ&スポーク」の「ハブ案」とでも言った方が良いように思います。

レギュラーシーズンのバブル案回避への非難

 マーリンズやカージナルスのクラブ内クラスター感染により、MLBはレギュラーシーズンをどうして1箇所に集約して行わなかったのかという批判もありました。

 MLBではこれをポストシーズンに適用することを視野に入れているというお話です。ポストシーズンは最後まで勝ち残るクラブは1ヶ月かかる訳ですから、期間が長いこともあり、今回はそれを適用する方向で話が進んでいます。

他の競技がバブル案を採用

 プロスポーツで言えば、NBAはフロリダに集結。WNBA(女性プロバスケ)、MLS(サッカー)も1ロケーションに集約してレギュラーシーズンを行っています。

 一箇所に集まれば、さらにクラスターとなるのではないか?とも思いますが、集約することでむしろ隔離された形となり、管理はできます。これは選手の精神的なストレスも増えるとも思いますが、少なくとも街に出かけて感染し、クラブ内にクラスターを巻き起こすというリスクは防げます。

構想ではグローブライフでWS

 これはケン・ローゼンタールさん情報でもあります。

 アメリカン・リーグは南カリフォルニアに、ナショナル・リーグはテキサスに集結。ワールドシリーズをレンジャーズのニューホームであるグローブ・ライフ・フィールドで行うというシナリオ。

 通常の10月の東海岸のナイターは寒くて選手が気の毒になりますが、コンディションも配慮して温かい2つの地域が対象となっています。

 南カリフォルニアはドジャー・スタジアムを使うのか、エンゼル・スタジアムを使うのか、はたまたペトコ・パークを使うのかはまだ決まっていません。

拡大ポストシーズンも視野

 MLBはMLBPA(選手会)とポストシーズン枠の拡大についても検討中です。

 シーズン前の交渉ではMLBPAがポストシーズン枠の拡大案が入っていたMLB側の提案を選手会が蹴る形になった訳ですが、今回はポストシーズンの拡大枠にフォーカスして話し合っていますから、実現するかもしれません。

 通常であれば、両リーグ3地区のタイトルチーム+ワイルドカード対戦の2チームずつを加えた計10チームですが、これが14チーム、あるいは16チームに拡大するかもしれません。

 もし実現した場合、まったく同じではないと思いますが、下記のポストシーズンのニューフォマットに似た形で開催されるでしょう。

  9月に入れば、正式発表がなされると思います。

  お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました