【MLBポストシーズン2020】パドレスが9人のリレーでシャットアウト勝利!2006年以来のNLDS進出決定!

良いなと思ったらシェアお願いします

D・スタメンからローゼンタールへ計9人

 現地2020年10月2日、ナ・リーグのワイルドカード・シリーズで唯一、Game3まで進んだカージナルス@パドレス戦が行われ、パドレスが中盤に均衡を破って先制。追加点を上げ、そのまま逃げ切って見事にNLDS進出を決めました。

 パドレスがNLDSに進出するのは2006年に地区優勝をして以来、実に13年ぶり。5度目のNLDSとなります。

2006年のパドレス

 横道にそれますが、2006年に地区優勝した時のパドレスはブルース・ボーチーが指揮を執った最後の年。クローザーにトレバー・ホフマンがおり、ジェイク・ピービーがスターターの中心。そして打者ではエイドリアン・ゴンザレスがチームを引張り、マイク・ピアッツァがマスクをかぶっていました!懐かしいところではCFにマイク・キャメロンがいましたよ!

2006年はWBCで大塚投手がペトコで胴上げ

 横道ついでにもう一つ。2006年でパドレスの地元、ペトコ・パークと言えば、我が侍ジャパンが第1回WBCでキューバとの決勝を制し、優勝した年でもありました。クローザーを務めた大塚投手が最後にガッツポーズしたのがこのペトコ・パーク。死闘を演じたあの大会と同じ年に、パドレスが地区優勝を果たしていたのでした。

ジャック・フラハーティに対してオープナー

 Game3の先発はNO Planだと言うほど、ジェイス・ティングラー監督は、Game2にかなりのエネルギーを注ぎ込みました。先発がいない中、ジェイス・ティングラー監督が選択した手段はやはりオープナー。もうこれしかありませんからね。

パドレス、リーグ勝率2位の力を発揮  現地2020年10月1日のワイルドカード・シリーズ、カージナルス@パドレス戦は激しい戦いとなり...

 カージナルスはもはやエース級のジャック・フラハーティを起用。ストロングスタイルVS知恵の対決というところでしょうか。

タティス・ジュニアがからむ

 こちらはこの日のパドレスのスタートの面々。

 この打線の流れですが、なかなかすごいです。タティス・ジュニアは言うに及ばず、マチャード、ホズマーを凌いだとしてもトミー・ファムが当たっており、一息つきたいところにさらに当たっているミッチ・モアランド、ウィル・マイヤーズがいます。ようやくキャッチャーのオースティン・ノラで一息はつけるものの、BB 3と油断はなりません。やっと9番かと思ったら、ジェイク・クロネンワースが当たっているという、そのような流れです。非常に厄介な打線。要は、序盤・中盤・終盤とスキがないねというところです(将棋界のあの迷言か!?)。

  ジャック・フラハーティは2回裏に満塁のピンチをしのぎきったものの、4回裏にもランナーを二人背負う展開で、ちょっと厳しい内容が続いていました。

 中盤の5回裏、ついに均衡が破られます。きっかけはやはりフェルナンド・タティス・ジュニア。タティス・ジュニアは1アウトからLF線に二塁打。つづくマチャードが2Bポップフライでチャンスを潰したものの、4番のエリック・ホズマーがCFへタイムリー二塁打。パドレスが1点を先制。

またしてもタティス・ジュニアがからむ

 7回裏、カージナルスはアレックス・レイエスがマウンドに。レイエスはヒットとフィルダース・チョイス(2Bの悪送球)でノーアウト2・3塁の大ピンチを迎えます。ここでバッターはフェルナンド・タティス・ジュニア。ゲームを決めかねない場面でカージナルスベンチの選択は、タティス・ジュニアの敬遠。ノーアウト満塁に。

 バッターはマニー・マチャード。マチャードの当たりは3Bのトミー・エドマンがジャンプして掴むほどの大きくバウンドした打球。高いバウンドが幸いして3Bランナーのジェイク・クロネンワースが本塁へ突入。エドマンが懸命にスローイングするも、ジャンプで降りたタイミングと腕のスイングが合わず、ワンバウンド送球となり、クロネンワースがセーフ。パドレスが2点目を奪いました。

 つづくエリック・ホズマーは四球を選び、押出しで3点目。

クロネンワースがHR

 終盤8回裏、2アウトからジェイク・クロネンワースがCFへHRを放ち、パドレスは4点目をゲット。盤石な流れに。

 4−0としたパドレスがこのまま逃げ切り、NLDS進出を決めました。

パドレスの9人のリレー

 シャットアウト・リレーを完成させたパドレスの投手陣です。

  1. ドリュー・スタメン:1.2イニング、被安打1、BB 0、SO 0
  2. トレバー・ヒル(L):1.0イニング、パーフェクト、SO 1
  3. ピアース・ジョンソン:0.1イニング、被安打1、BB1、SO 1
  4. エイドリアン・モレホン(L):1.2イニング、被安打1、BB 0、SO 2
  5. オースティン・アダムス:0.1イニング、SO 1
  6. ルイス・パティーノ: 1.0 イニング、被安打1、BB 1、SO 0
  7. エミリオ・パガン: 1.0イニング、パーフェクト、SO 0
  8. ドリュー・ポメランツ(L):1.0イニング、パーフェクト、SO 0
  9. トレバー・ローゼンタール:1.0イニング、パーフェクト、SO 3

 なお9人の投手で9イニングをシャットアウト勝利したのは1901年以来、初めてのことです。

復調したパガンとポメランツ

 ディネルソン・ラメットとマイク・クレビンジャーを怪我で欠き、ローテーションが苦しいパドレスですが、開幕直後は調子を崩していたエミリオ・パガンとドリュー・ポメランツがここに来て復調。彼らが戻ってきたことは大きいですね。

 NLDSでパドレスはドジャースと対戦。今のパドレスの実力が見られる対戦になりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。