スポンサーリンク

【7連勝】メッツ、9回裏に3点差をひっくり返すサヨナラ勝利!ここ15戦14勝!(2019年8月)

T・フレイジャーが殊勲の同点3ランHR

優勝するチームがとんでもない勝ち運に恵まれる時期を過ごすことはよくあることだと思います。少し言い方を変えると、神がかった勝利をするチームは優勝することだってあるとも言えると思います。

つい先日、現地2019年8月5日の記事にて、メッツは「ここ12戦11勝」とお伝えしたばかりだったのですが、メッツはその後も連勝を継続中。現地2019年8月10日はまさに神がかったとも言える勝利を手にしました。

S・ストラスバーグ VS M・ストローマン

先発はナショナルズが今季すでに14勝(5敗)を上げているスティーブン・ストラスバーグ、メッツがシティ・フィールドデビューとなるマーカス・ストローマン

マーカス・ストローマンはとりわけ気合の入った立ち上がりを披露し、1回と3回に2奪三振ずつ、2回には三者連続三振で3回までに計7三振を奪いました。

ストラスバーグはむしろ打たせていく投球でリズムを整えていきました。

ピート・アロンソが38号HR

ゲームが動いたのは4回表、この回のストローマンは先頭のアダム・イートンにシングル、つづくアンソニー・レンドンにトリプルを打たれまず1失点。さらにフアン・ソトに右中間スタンドに飛び込む2ランHRも許し、この回計3失点。突如、崩れたという感じでした(WSH 3, NYM 0)。

ストラスバーグも付き合う形となり、先頭のジェフ・マクニールに四球を出した後、2アウトまでこぎつけたもののピート・アロンソに第38号となる2ランHRを浴び、2失点。

つづくJ.D.デービスにもBack to BackでHRを許し、この回計3失点。メッツが3−3のタイに持ち込みました。

J.D.デービスはこれで内野もピッチャーも出来るんですから、すごい才能ですね。今季はもう野手に専念しています。

アンソニー・レンドンが勝ち越し2ランHR

7回表、マーカス・ストローマンは先頭のトレイ・ターナーに四球を出したところで交代。6回108球、被安打9、失点4 、与四球3、奪三振9、被本塁打1。

メッツのマウンドにはジャスティン・ウィルソンが上がり、アダム・イートンを三振に打ち取り1アウトを取るも、つづくアンソニー・レンドンには手痛い2ランHRを浴び、ナショナルズが再び5-3と2点差をリードする展開に。

なお、ストラスバーグは7回を投げきったところで降板。被安打4、失点3、与四球2、奪三振6、被本塁打2でした。

ナショナルズは9回にもメッツのバッテリー・エラーで1点を奪い、9回表を終えて6-3とリードし、いよいよクローザーのショーン・ドゥーリトルが登板し、ゲームを締めるという段になりました。

メッツ、9回裏にラリー

最終回の攻撃に入ったメッツでしたが、気分が押せ押せなのか非常にアグレッシブでした。

先頭のJ.D.デービスが二塁打で出塁し、つづくウィルソン・ラモスもシングルを放ち、ノーアウトランナー1・3塁。

ここでバッターはトッド・フレイジャー。

トッド・フレイジャーは土壇場9回裏でゲームタイとなる3ランHR。シティ・フィールドが大いにわきましたね。

ジョー・パニックがヒット

その本塁打直後、メッツは移籍したばかりのジョー・パニックがシングルを放ち、サヨナラのランナーとして出塁。

その後2アウトまで奪われてしまいますが、アーメッド・ロザリオがシングルで出塁し、ツーアウトランナー1・2塁。

最後はマイケル・コンフォートがライト前シングルを放ち、7-6でサヨナラ勝利。9回裏に3点差をひっくり返しての劇的な幕切れでした。

BOX SCORE

7連勝-1敗-7連勝

メッツはこれで7連勝。ここ15戦で14勝です。ついにフィリーズと並びました。

  1. ブレーブス:69-49
  2. ナショナルズ:61-54
  3. メッツ:60-56
  4. フィリーズ:60-56
  5. マーリンズ:43-72

どこまで続くのか、ナショナルズも射程圏内です!!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. irolyn より:

    今日も勝ちましたねー
    というかトピック多すぎでしょう今日のMLB

    • hirotee より:

      irolyn様
      こんにちは。暑いですね!
      メッツまた勝ったので、ネタとしてアップすべきか考え中ですwww。
      今日はトピック多すぎます。
      コメントありがとうございました!
      またご訪問いただけるようがんばります。

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました