スポンサーリンク

ブルワーズ、カージナルスとの今季最後のシリーズを勝ち越し!R・ブラウンのグランドスラムで逆転!【MLB2019年9月】

さすがのベテランの一振り

現地2019年9月15日のブルワーズ@カージナルス戦はすごいゲームでした。まさに負けられない戦い。

この両チームの対戦はこの日が今シーズン最後のゲーム。ブルワーズは上位のカージナルス、カブスとの対戦がもうないだけに直接叩いておく最後の機会でしたが、死闘となりました。

C・アンダーソン、M・ワカが好投

このゲームは両先発が好投。ブルワーズはチェイス・アンダーソンが4回を被安打2、失点1で降板。その後はトミージョン手術明けのブレント・スーターが2イニングを無失点に抑えました。一方のカージナルスのマイケル・ワカは5回を被安打5、無失点に抑え、ゲームメイクします。

カージナルスは3回裏にハリソン・ベイダーの今季9号ソロで先制。6回を終えて1-0とカージナルスがリードする投手戦でした。

スパンジェンバーグの2ランHRでMILが逆転

しかし、7回からゲームが激しく動きます。

7回表、ブルワーズは先頭のエリック・テームズがシングルで出塁。ロレンゾ・ケインがポップフライで倒れた後、バッターはコーリー・スパンジェンバーグ。

コーリー・スパンジェンバーグは2018年12月にパドレスからブルワーズに移籍(関連記事)。当初は2Bレギュラーでの起用を期待されていましたが、調子が上がらずずっとマイナーにおりました。しかし8月24日にようやく今シーズンのスタートを切ることが出来、以降はブルワーズの内野の穴を埋めています。

そのスパンジェンバーグがカージナルス3番手、ライン・ヘルスリーから2ランHRを放ち、ブルワーズが2−1と逆転に成功。

その語、ILから復帰したケストン・ヒウラのシングルなどが出ますが、2点どまりに。

MILのレイ・ブラックが2被弾

逆転を許したカージナルスですが、7回裏からマウンドに上がったレイ・ブラックがコントロールに苦しんでいるのを攻め、まずポール・デヨングが2ランHRを放ち、再逆転(STL 3-2 MIL)。

さらに2アウト後、ハリソン・ベイダーにこの日2本目となるソロHRが飛びだし、4-2とリードを広げます。

MILが8回表に1点差に

カージナルスの流れになるところでしたが、ブルワーズは8回表、マイク・ムスターカスがハリソン・ベイダーのエラーで出塁し、ノーアウト2塁のチャンスを迎えます。カージナルスのマウンドにはアンドリュー・ミラー。

2アウト後、ロレンゾ・ケインがLF前にシングルを放ち、2塁からムスターカスが生還し、3−4の1点差に迫ります。

8回裏、カージナルスは無得点。

STLジョン・ガントが大乱調

逃げ切りを図りたかったカージナルスでしたが、9回表のマウンドに上げたジョン・ガントが大誤算。

先頭から2者連続で四球を出し、スタンドがざわつきます。

トレント・グリシャムは捕手のヤディアー・モリーナのリードでなんとか三振に仕留め1アウトを取り、これで立ち直るかに思えたのですが、ジョン・ガントはつづくヤズマニ・グランダールにも四球。

1アウト満塁となったところでカージナルスベンチはタイラー・ウェブに交代。

タイラー・ウェブは代わりばな、強打者のマイク・ムスターカスを迎えましたが、ここはCFフライに打ち取り、2アウト。

後アウト1つとなったところで、カージナルスは再び動き、右腕のジュニオール・ヘルナンデスを起用。

ライアン・ブラウンを球威で抑えようとの意図があっての起用でしたが、結果的に誤算でした。

R・ブラウンがグランドスラム

一発のあるライアン・ブラウンを迎え、ヤディアー・モリーナは初球チェンジアップから入る慎重なリード。

2ストライクを奪ってからは、さらに慎重にチェンジアップとスライダーで裏をかいたリードでライアン・ブラウンを翻弄。しかしスライダーにも目が慣れてしまった7球目、ライアン・ブラウンが強振。これがCFへの大飛球となりスタンドイン。ブルワーズが2アウトを奪われながらもライアン・ブラウンのグランドスラムで一気に7-4と逆転に成功したのでした。

カージナルス、エドマンの一発で1点差に!

9回裏、ブルワーズは満を持してジョシュ・ヘイダーを起用。きっちりと締めたいところですが、さすがの首位カージナルスはそう簡単にはゲームを諦めませんでした。

ジョシュ・ヘイダーは先頭のポール・デヨングに粘られながらも1Bゴロに仕留め、1アウト。先頭を斬りました。

しかしつづくヤディアー・モリーナには四球。1アウトランナー1塁に。

つづくバッターはトミー・エドマン。2019年6月デビューのルーキーです。顔だけを見ると、日本人かと思えるような人です。

Tommy Edman Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

そのトミー・エドマンはヘイダーにファストボールでガンガンに圧され、2ストライクを奪われましたが、逆にファストボールに絞っていました。決めに行った96mphのファストボールをフルスイングし、これがライトスタンドに飛び込む2ランHRに。

カージナルスが粘りを見せ、6-7と1点差まで詰め寄りました。

危ういところでしたが、ジョシュ・ヘイダーのすごいところはここからさらにギアが上がるところです。

つづく、ハリソン・ベイダー、タイラー・オニールを連続三振に仕留め、ゲームセット。

ブルワーズがなんとか7-6で逃げ切ったのでした。

面白い試合でしたね。

BOX SCORE

5回表のカージナルスのリクエスト

このゲーム、このようなプレーがありました。

ヒットエンドランのサインが出ていた1塁ランナーのスパンジェンバーグは二塁に到達。しかし、打球はRFフライにより1塁へ帰ったのですが、判定はセーフ。

カージナルスがリクエストしたのは1塁への帰塁の判定ではなく、スパンジェンバーグが二塁ベースにタッチしたあと、リタッチして帰塁したかどうか。

見たところ、スライディングの勢いでベースを踏んで超えてしまったのですが、超えた時点でオーバーランとみなされリタッチして1塁へ帰塁しないといけません。しかし、VTRのようにスパンジェンバーグはリタッチせずに1塁へ帰ったため、アウトに。カージナルスベンチ、よく見ていましたね。

順位

現地2019年9月15日終了時点のナ・リーグ中地区の順位です。

  1. カージナルス:83-66
  2. カブス:81-68 (ゲーム差2.0)
  3. ブルワーズ: 80-69 (ゲーム差3.0)

ワイルドカードはこちら。

ナ・リーグ中地区は下記の記事でも触れている通り、19日からのカージナルスVSカブスの直接対決7試合を経ないと順位もワイルドカードもわからない大混戦。

まったく余談を許さない展開となっています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました