スポンサーリンク

【WCS-2020】タティス・Jr.、マイヤーズが2HR!パドレス、打線が爆発し、Game3へ!

MLB移籍/FA情報

パドレス、リーグ勝率2位の力を発揮

 現地2020年10月1日のワイルドカード・シリーズ、カージナルス@パドレス戦は激しい戦いとなりましたね。選手は大変でしょうが、見る側にとってはこんな面白いゲームはなかったと言えるでしょう。

ザック・デイビーズがゲーム序盤に4失点

 パドレス先発のザック・デイビーズは、レギュラーシーズンでは7勝を上げ、ダルビッシュ投手に続いてハーラー2位の勝利数を誇ります。

 そして2019年まではブルワーズに所属。このオフにトレント・グリシャムとともにパドレスに移籍してきたわけですが、ナ・リーグ中地区出身だけにカージナルスにとっては勝手を知った相手でもあります。

 その立ち上がり、ザック・デイビーズはヒットと四球でスコアリング・ポジションにランナーを進められ、ヤディアー・モリーナにRFへうまく運ばれ、まず1失点。ヤディアー・モリーナはこのゲームでポストシーズン100試合に出場したことに。

 さらに2回表、ハリソン・ベイダーのタイムリーシングル、コルテン・ウォンの2ランHRなど3点を失い、序盤2回を終えて4失点とゲームメイクできませんでした(スコアは0−4)。

 結局、ザック・デイビーズは2回終了でマウンドを降り、被安打5、失点4、自責点4という内容でした。

若い投手が2試合連続でゲームメイク出来ず

 パドレスはGame1でも若いクリス・パダックが立ち上がりに失敗。3回途中、8失点とゲームメイク出来ませんでした。これでパドレスは2試合連続で若いスターターがつまづいたことになりました。これが解消されたなら、パドレスはもっと楽なゲーム展開に持ち込めるのですが、課題ですね。

パドレス、中盤に4点差を追いつく

 カージナルスの先発はベテランのアダム・ウェインライト。3回まではランナーを背負いながらも無得点で凌いでいたのですが、4回裏、先頭のエリック・ホズマー、つづくトミー・ファム、ミッチ・モアランドに3連続安打を浴び、満塁のピンチを背負います。

 ウィル・マイヤーズの内野ゴロの間にまずは1失点。つづくオースティン・ノラに四球を与えて再び、満塁となったところで、降板。

 2番手はレギュラーシーズンの最終戦に好投したオースティン・ゴンバー。ゴンバーは代わりばな、ジェイク・クロネンワースに四球を与え、押し出しで1失点(スコアは2−4)。その後は2者連続三振でピンチを切り抜けました。

 カージナルスは6回表に、デクスター・ファウラーのタイムリー二塁打などで4得点。6-2とパドレスに4点差をつけて、ゲームが決まったかに見えました。

 しかし、6回裏、カージナルスは豪腕左腕のジェネシス・カブレラがいきなりの2四球で1アウトを奪ったところで交代。

 ピッチャーはジオバニー・ガヤコスに代わったのですが、代わりばな、フェルナンド・タティス・ジュニアが、3ランHRで一気に5−6の1点差に。

 さらに続くマニー・マチャードにもBack to Back HRが飛び出し、パドレスはついに6−6のタイスコアに持ち込みました。

 7回裏、パドレスはウィル・マイヤーズとフェルナンド・タティス・ジュニアのHRでさらに3点を追加。スコアは9-6に。

カージナルスも追撃

 カージナルスは8回表に、2本の犠牲フライで2得点を奪い、スコア8-9 と1点差まで詰め寄ります。

 8回裏、パドレスはウィル・マイヤーズにこの日、2本目となるHRが飛び出し、2得点。スコアを11−8とし、リードを2点に拡げました。

ローゼンタール、古巣相手にセーブ

 9回表、パドレスのマウンドにはトレバー・ローゼンタールが上がりました。元はカージナルスのクローザーでしたね。

 ローゼンタールは先頭のポール・ゴールドシュミットにソロHRを許し、1点を奪われるも、復活した90mph後半のファストボールで追撃を交わし、逃げ切りに成功。

 パドレスが11-9のスコアで死闘を制しました。

Padres make HUGE comeback with HRs from Tatis, others | Cardinals-Padres Game 2 Highlights 10/1/20

  これで1勝1敗。決戦はGame3に持ち越しとなりました。

D・ラメット、M・クレビンジャーはPS出場せず

 Game3ですが、パドレス監督のジェイス・ティングラーは先発投手はNO Planであるとコメント。

 パドレスは本来なら、ディネルソン・ラメットかマイク・クレビンジャーを起用したいところでしたが、二人とも怪我でポストシーズンの出場はなくなりました。

 そうなるとブルペン総動員のオープナーになるかもしれませんね。

 カージナルスが、フェルナンド・タティス・ジュニアに対してどういう対策をとってくるのか、非常に楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ
【MLB2021】マーセル・オズーナ、DVで逮捕。警官の前でも妻に暴力
【MLB2021】大谷選手、7度目の登板はまさに”Solid Outing”!BART職員も納得!?
【TJ】リハビリ中のノア・シンダーガード、6週間の投球禁止
【MLB 2021】ブルージェイズの大きなルーキー、アレク・マノアが6回、2ヒッターで白星デビュー
タイトルとURLをコピーしました