スポンサーリンク

【WCS-2020】タティス・Jr.、マイヤーズが2HR!パドレス、打線が爆発し、Game3へ!

パドレス、リーグ勝率2位の力を発揮

 現地2020年10月1日のワイルドカード・シリーズ、カージナルス@パドレス戦は激しい戦いとなりましたね。選手は大変でしょうが、見る側にとってはこんな面白いゲームはなかったと言えるでしょう。

ザック・デイビーズがゲーム序盤に4失点

 パドレス先発のザック・デイビーズは、レギュラーシーズンでは7勝を上げ、ダルビッシュ投手に続いてハーラー2位の勝利数を誇ります。

 そして2019年まではブルワーズに所属。このオフにトレント・グリシャムとともにパドレスに移籍してきたわけですが、ナ・リーグ中地区出身だけにカージナルスにとっては勝手を知った相手でもあります。

 その立ち上がり、ザック・デイビーズはヒットと四球でスコアリング・ポジションにランナーを進められ、ヤディアー・モリーナにRFへうまく運ばれ、まず1失点。ヤディアー・モリーナはこのゲームでポストシーズン100試合に出場したことに。

 さらに2回表、ハリソン・ベイダーのタイムリーシングル、コルテン・ウォンの2ランHRなど3点を失い、序盤2回を終えて4失点とゲームメイクできませんでした(スコアは0−4)。

 結局、ザック・デイビーズは2回終了でマウンドを降り、被安打5、失点4、自責点4という内容でした。

若い投手が2試合連続でゲームメイク出来ず

 パドレスはGame1でも若いクリス・パダックが立ち上がりに失敗。3回途中、8失点とゲームメイク出来ませんでした。これでパドレスは2試合連続で若いスターターがつまづいたことになりました。これが解消されたなら、パドレスはもっと楽なゲーム展開に持ち込めるのですが、課題ですね。

パドレス、中盤に4点差を追いつく

 カージナルスの先発はベテランのアダム・ウェインライト。3回まではランナーを背負いながらも無得点で凌いでいたのですが、4回裏、先頭のエリック・ホズマー、つづくトミー・ファム、ミッチ・モアランドに3連続安打を浴び、満塁のピンチを背負います。

 ウィル・マイヤーズの内野ゴロの間にまずは1失点。つづくオースティン・ノラに四球を与えて再び、満塁となったところで、降板。

 2番手はレギュラーシーズンの最終戦に好投したオースティン・ゴンバー。ゴンバーは代わりばな、ジェイク・クロネンワースに四球を与え、押し出しで1失点(スコアは2−4)。その後は2者連続三振でピンチを切り抜けました。

 カージナルスは6回表に、デクスター・ファウラーのタイムリー二塁打などで4得点。6-2とパドレスに4点差をつけて、ゲームが決まったかに見えました。

 しかし、6回裏、カージナルスは豪腕左腕のジェネシス・カブレラがいきなりの2四球で1アウトを奪ったところで交代。

 ピッチャーはジオバニー・ガヤコスに代わったのですが、代わりばな、フェルナンド・タティス・ジュニアが、3ランHRで一気に5−6の1点差に。

 さらに続くマニー・マチャードにもBack to Back HRが飛び出し、パドレスはついに6−6のタイスコアに持ち込みました。

 7回裏、パドレスはウィル・マイヤーズとフェルナンド・タティス・ジュニアのHRでさらに3点を追加。スコアは9-6に。

カージナルスも追撃

 カージナルスは8回表に、2本の犠牲フライで2得点を奪い、スコア8-9 と1点差まで詰め寄ります。

 8回裏、パドレスはウィル・マイヤーズにこの日、2本目となるHRが飛び出し、2得点。スコアを11−8とし、リードを2点に拡げました。

ローゼンタール、古巣相手にセーブ

 9回表、パドレスのマウンドにはトレバー・ローゼンタールが上がりました。元はカージナルスのクローザーでしたね。

 ローゼンタールは先頭のポール・ゴールドシュミットにソロHRを許し、1点を奪われるも、復活した90mph後半のファストボールで追撃を交わし、逃げ切りに成功。

 パドレスが11-9のスコアで死闘を制しました。

  これで1勝1敗。決戦はGame3に持ち越しとなりました。

D・ラメット、M・クレビンジャーはPS出場せず

 Game3ですが、パドレス監督のジェイス・ティングラーは先発投手はNO Planであるとコメント。

 パドレスは本来なら、ディネルソン・ラメットかマイク・クレビンジャーを起用したいところでしたが、二人とも怪我でポストシーズンの出場はなくなりました。

 そうなるとブルペン総動員のオープナーになるかもしれませんね。

 カージナルスが、フェルナンド・タティス・ジュニアに対してどういう対策をとってくるのか、非常に楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました