スポンサーリンク

【WCS-2020】タティス・Jr.、マイヤーズが2HR!パドレス、打線が爆発し、Game3へ!

パドレス、リーグ勝率2位の力を発揮

 現地2020年10月1日のワイルドカード・シリーズ、カージナルス@パドレス戦は激しい戦いとなりましたね。選手は大変でしょうが、見る側にとってはこんな面白いゲームはなかったと言えるでしょう。

ザック・デイビーズがゲーム序盤に4失点

 パドレス先発のザック・デイビーズは、レギュラーシーズンでは7勝を上げ、ダルビッシュ投手に続いてハーラー2位の勝利数を誇ります。

 そして2019年まではブルワーズに所属。このオフにトレント・グリシャムとともにパドレスに移籍してきたわけですが、ナ・リーグ中地区出身だけにカージナルスにとっては勝手を知った相手でもあります。

 その立ち上がり、ザック・デイビーズはヒットと四球でスコアリング・ポジションにランナーを進められ、ヤディアー・モリーナにRFへうまく運ばれ、まず1失点。ヤディアー・モリーナはこのゲームでポストシーズン100試合に出場したことに。

 さらに2回表、ハリソン・ベイダーのタイムリーシングル、コルテン・ウォンの2ランHRなど3点を失い、序盤2回を終えて4失点とゲームメイクできませんでした(スコアは0−4)。

 結局、ザック・デイビーズは2回終了でマウンドを降り、被安打5、失点4、自責点4という内容でした。

若い投手が2試合連続でゲームメイク出来ず

 パドレスはGame1でも若いクリス・パダックが立ち上がりに失敗。3回途中、8失点とゲームメイク出来ませんでした。これでパドレスは2試合連続で若いスターターがつまづいたことになりました。これが解消されたなら、パドレスはもっと楽なゲーム展開に持ち込めるのですが、課題ですね。

パドレス、中盤に4点差を追いつく

 カージナルスの先発はベテランのアダム・ウェインライト。3回まではランナーを背負いながらも無得点で凌いでいたのですが、4回裏、先頭のエリック・ホズマー、つづくトミー・ファム、ミッチ・モアランドに3連続安打を浴び、満塁のピンチを背負います。

 ウィル・マイヤーズの内野ゴロの間にまずは1失点。つづくオースティン・ノラに四球を与えて再び、満塁となったところで、降板。

 2番手はレギュラーシーズンの最終戦に好投したオースティン・ゴンバー。ゴンバーは代わりばな、ジェイク・クロネンワースに四球を与え、押し出しで1失点(スコアは2−4)。その後は2者連続三振でピンチを切り抜けました。

 カージナルスは6回表に、デクスター・ファウラーのタイムリー二塁打などで4得点。6-2とパドレスに4点差をつけて、ゲームが決まったかに見えました。

 しかし、6回裏、カージナルスは豪腕左腕のジェネシス・カブレラがいきなりの2四球で1アウトを奪ったところで交代。

 ピッチャーはジオバニー・ガヤコスに代わったのですが、代わりばな、フェルナンド・タティス・ジュニアが、3ランHRで一気に5−6の1点差に。

 さらに続くマニー・マチャードにもBack to Back HRが飛び出し、パドレスはついに6−6のタイスコアに持ち込みました。

 7回裏、パドレスはウィル・マイヤーズとフェルナンド・タティス・ジュニアのHRでさらに3点を追加。スコアは9-6に。

カージナルスも追撃

 カージナルスは8回表に、2本の犠牲フライで2得点を奪い、スコア8-9 と1点差まで詰め寄ります。

 8回裏、パドレスはウィル・マイヤーズにこの日、2本目となるHRが飛び出し、2得点。スコアを11−8とし、リードを2点に拡げました。

ローゼンタール、古巣相手にセーブ

 9回表、パドレスのマウンドにはトレバー・ローゼンタールが上がりました。元はカージナルスのクローザーでしたね。

 ローゼンタールは先頭のポール・ゴールドシュミットにソロHRを許し、1点を奪われるも、復活した90mph後半のファストボールで追撃を交わし、逃げ切りに成功。

 パドレスが11-9のスコアで死闘を制しました。

  これで1勝1敗。決戦はGame3に持ち越しとなりました。

D・ラメット、M・クレビンジャーはPS出場せず

 Game3ですが、パドレス監督のジェイス・ティングラーは先発投手はNO Planであるとコメント。

 パドレスは本来なら、ディネルソン・ラメットかマイク・クレビンジャーを起用したいところでしたが、二人とも怪我でポストシーズンの出場はなくなりました。

 そうなるとブルペン総動員のオープナーになるかもしれませんね。

 カージナルスが、フェルナンド・タティス・ジュニアに対してどういう対策をとってくるのか、非常に楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました