スポンサーリンク

【MLB2020FA】エリック・テームズはナショナルズに決定!

MLB移籍/FA情報

ナッツ、1Bにエリック・テームズを獲得

 現地2020年1月6日、ワシントン・ナショナルズはブルワーズからFAとなっていた1Bのエリック・テームズ(Eric Thames )と1年で合意しました。

契約内容

 契約は1年/$3M(2020)。加えて2021年はミューチュアル・オプションで金額は明らかとなっていませんが、2020年とほぼ同様の金額だと思われます。これに$1Mのバイアウトがついていますので、2020年は実質$4M保証ということになります。

 エリック・テームズは2019年11月にブルワーズから2020年の$7.5Mのクラブオプション行使を拒否されました。そして$1Mのバイアウトが発生。2019年のサラリーは2016年オフに結んだ3年$16M最後の$6Mにバイアウトの$1Mを加えた計$7Mでしたので、今回はダウンでのサインとなりました。

どうなる?ジマーマンとドナルドソン

 スターリン・カストロのディールの時に書きましたが、ジョシュ・ドナルドソンのディール次第でライアン・ジマーマンのディールも決まると書きましたが、その前に1Bのスポットをしっかりと埋めてしまいましたね。

 ライアン・ジマーマンとはこのディールの前にオファーを出してはいましたが、こうなるとジマーマンがナッツに残るにはわりと格安のディールに落ち着くかもしれません。

 ジョシュ・ドナルドソンとのディールは贅沢税残り枠との兼ね合いになってきますが、現時点で2020年の40manの総額は$187Mほどなりそうですから、ドナルドソン争奪戦からは事実上、後退したかもしれません。ジョシュ・ドナルドソンはますますブレーブスが濃厚になったのではないでしょうか?

1Bはケンドリックと

 エリック・テームズは外野も守れますが、基本は1Bですので今回、彼が加わったことで1Bをハウィー・ケンドリックと争う状況になりそうです。ただ、上記の通り、ジョシュ・ドナルドソンを諦めれば、3Bにスターリン・カストロ、2Bにハウィー・ケンドリック、1Bにエリック・テームズという布陣で臨むことが可能。そしてライアン・ジマーマンと再契約すれば、ジマーマンがバックアップということに。何やらそのようなことになりそうな気配になってきました。

MLB復帰後3年で72HR

 エリック・テームズは2011年にメジャーデビュー。2020シーズンは33才となります。2014年から2016年までKBOでプレー。2015年に打率.381、HR 47、盗塁40というすごい数字を残しました。KBOでの3年間は打率.349、OBP .459、SLG .721、HR 124、RBI 382、二塁打 102。

 2017年にMLBに復帰して以降の2019シーズンまでの3年間で、打率.241、OBP .343、SLG .504。RBI161、HR 72、二塁打 59、盗塁14、OPS+が118。

 サラリーの問題があったのでしょうが、ブルワーズはどうして手放した?というほどの数字を残しています。

 今回、ナショナルズにその活躍の場を得たことは本人にとっても、また新たな環境で良い機会になるかもしれませんね。

 それにしてもナショナルズはスターリン・カストロといい、いい選手をゲットしましたね。しかも市場より安く!

 ナッツ、かなり盤石ですね。できれば、ジョシュ・ドナルドソンは諦めて、投手獲得にその資金をつぎ込んでもらいたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】大谷選手、23号HR!プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれる!ナ・リーグはカイル・シュワーバー!
【MLB】エンゼルス、3連勝!大谷選手が22号HR! OPSは.998に
【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、HRダービー出場表明直後に1試合2発(20号、21号)
【MLB2021】大谷選手、6回1失点で3勝目!デビュー戦となったマット・マニングも好投
【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】強粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり2)
【MLBボール】投球時の強粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
タイトルとURLをコピーしました