スポンサーリンク

【MLB2020FA】エリック・テームズはナショナルズに決定!

ナッツ、1Bにエリック・テームズを獲得

 現地2020年1月6日、ワシントン・ナショナルズはブルワーズからFAとなっていた1Bのエリック・テームズ(Eric Thames )と1年で合意しました。

契約内容

 契約は1年/$3M(2020)。加えて2021年はミューチュアル・オプションで金額は明らかとなっていませんが、2020年とほぼ同様の金額だと思われます。これに$1Mのバイアウトがついていますので、2020年は実質$4M保証ということになります。

 エリック・テームズは2019年11月にブルワーズから2020年の$7.5Mのクラブオプション行使を拒否されました。そして$1Mのバイアウトが発生。2019年のサラリーは2016年オフに結んだ3年$16M最後の$6Mにバイアウトの$1Mを加えた計$7Mでしたので、今回はダウンでのサインとなりました。

どうなる?ジマーマンとドナルドソン

 スターリン・カストロのディールの時に書きましたが、ジョシュ・ドナルドソンのディール次第でライアン・ジマーマンのディールも決まると書きましたが、その前に1Bのスポットをしっかりと埋めてしまいましたね。

 ライアン・ジマーマンとはこのディールの前にオファーを出してはいましたが、こうなるとジマーマンがナッツに残るにはわりと格安のディールに落ち着くかもしれません。

 ジョシュ・ドナルドソンとのディールは贅沢税残り枠との兼ね合いになってきますが、現時点で2020年の40manの総額は$187Mほどなりそうですから、ドナルドソン争奪戦からは事実上、後退したかもしれません。ジョシュ・ドナルドソンはますますブレーブスが濃厚になったのではないでしょうか?

1Bはケンドリックと

 エリック・テームズは外野も守れますが、基本は1Bですので今回、彼が加わったことで1Bをハウィー・ケンドリックと争う状況になりそうです。ただ、上記の通り、ジョシュ・ドナルドソンを諦めれば、3Bにスターリン・カストロ、2Bにハウィー・ケンドリック、1Bにエリック・テームズという布陣で臨むことが可能。そしてライアン・ジマーマンと再契約すれば、ジマーマンがバックアップということに。何やらそのようなことになりそうな気配になってきました。

MLB復帰後3年で72HR

 エリック・テームズは2011年にメジャーデビュー。2020シーズンは33才となります。2014年から2016年までKBOでプレー。2015年に打率.381、HR 47、盗塁40というすごい数字を残しました。KBOでの3年間は打率.349、OBP .459、SLG .721、HR 124、RBI 382、二塁打 102。

 2017年にMLBに復帰して以降の2019シーズンまでの3年間で、打率.241、OBP .343、SLG .504。RBI161、HR 72、二塁打 59、盗塁14、OPS+が118。

 サラリーの問題があったのでしょうが、ブルワーズはどうして手放した?というほどの数字を残しています。

 今回、ナショナルズにその活躍の場を得たことは本人にとっても、また新たな環境で良い機会になるかもしれませんね。

 それにしてもナショナルズはスターリン・カストロといい、いい選手をゲットしましたね。しかも市場より安く!

 ナッツ、かなり盤石ですね。できれば、ジョシュ・ドナルドソンは諦めて、投手獲得にその資金をつぎ込んでもらいたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました